桜祭り・桜関連イベント2016

桜花祭

桜祭り・桜関連イベントは京都の春の風物詩です。桜祭り・桜関連イベントは桜が見頃を迎える4月上旬頃に桜の名所とされている寺院・神社などで行われます。ただ寺院・神社などにより、名称や日程などは異なります。なお主催者のサイトなどで日程・場所などを必ず確認して下さい。

【桜祭り マップ・地図】

【桜祭り 基礎知識】
現在花見といえば、一般的に桜を連想しますが、奈良時代には花見と言えば、中国から伝わった梅だったそうです。しかし平安時代になると梅から桜に少しずつ変わって行ったそうです。それは貴族などが詠んだ歌にも現れ、「万葉集」では梅を詠んだ歌が118首、桜を詠んだ歌が44種だったが、「古今和歌集」では逆転します。

スポンサーリンク


【桜祭り 平安神宮・観桜茶会】
観桜茶会は紅枝垂桜が見頃を迎える時期に西神苑内の茶室・澄心亭(ちょうしんてい)で行われます。紅枝垂桜は作家・谷崎潤一郎が小説・細雪の中で、「紅の雲のよう」と讃えています。なお平安神宮には紅枝垂桜・染井吉野など約300本の桜の木があります。
日程・・・2016年4月1日(金曜日)~15日(金曜日)9:00~16:00
平安神宮・観桜茶会

【桜祭り 毘沙門堂・観桜会】
観桜会では境内に植えられている枝垂桜・染井吉野など約50本の桜を愛でます。宸殿(しんでん)近くの枝垂桜は般若桜(はんにゃざくら)とも言われ、樹齢150年以上です。般若桜は高さ約10メートル・枝張り約30メートルで、現在5代目と言われています。なお観桜会では茶席が設けられ、琴などが演奏されます。
日程・・・2016年4月3日(日曜日)10:00~15:00
毘沙門堂・観桜会

【桜祭り 大石神社・さくら祭】
さくら祭は本殿前に植えられている御神木・大石桜(枝垂桜)が満開を迎える頃に行われます。大石桜は1935年(昭和10年)に大石神社が造営された際に植えられ、樹齢80年以上で、高さ約10メートルです。さくら祭では琴が演奏される中、武者小路千家の奉仕による献茶式が行われ、茶席(有料)が設けられます。またさくら祭では大石神社巴会奉仕によるそば席が設けられたり、露店も並んだりするそうです。
日程・・・2016年4月3日(日曜日)10:00~17:00
大石神社・さくら祭

【桜祭り 平安神宮・紅しだれコンサート】
紅しだれコンサートは神苑の内、東神苑と南神苑に植えられている紅枝垂桜をライトアップし、東神苑の貴賓館をステージに音楽を楽しむコンサートです。紅しだれコンサートでは客席を設置せず、神苑を散策しながらライトアップされた紅枝垂桜と奏でられる音楽の両方を楽しみます。なお平安神宮には紅枝垂桜・染井吉野など約300本の桜の木があります。東神苑は紅枝垂桜、南神苑は八重桜の名所として知られています。
日程・・・2016年4月7日(木曜日)~10日(日曜日)18:15~21:00
平安神宮・紅しだれコンサート

【桜祭り 二条城・観桜茶会】
観桜茶会では清流園内の茶室・和楽庵(わらくあん)や晴れた日には桜の木の下の野点席で、薄茶などを楽しむことができます。なお二条城には染井吉野・山桜など約380本の桜の木があります。
日程・・・2016年4月9日(土曜日)10:00~15:00
二条城・観桜茶会

【桜祭り 地主神社・えんむすび祈願さくら祭り】
えんむすび祈願さくら祭りでは満開を迎える地主桜の美しさを祝い、神の力を讚え、良縁を授かることを祈願します。えんむすび祈願さくら祭りでは白川女による桜の献花や謡曲・田村と熊野(ゆや)の奉納されます。なお地主桜は一重と八重の花が同時に咲く珍しい桜の品種です。地主桜は811年(弘仁2年)嵯峨天皇が行幸した際、桜のあまりの美しさに3度も車を戻して眺めたとされ、御車返し(みくるまがえし)の桜とも言われています。
日程・・・2016年4月9日(土曜日)10:00~15:00
地主神社・えんむすび祈願さくら祭り

【桜祭り 平野神社・桜花祭】
桜花祭の神幸祭(しんこうさい)では鳳輦(ほうれん・神輿)・天平の織り姫・鎧騎馬武者などの時代行列が氏子地域を巡行します。なお平野神社は平安時代後期から桜の名所とされ、江戸時代には「平野の夜桜」と謳われました。平野神社には魁・桃桜・染井吉野・紅しだれ・平野妹背・虎の尾・寝覚・一葉、旭日・胡蝶・衣笠・大内山・白雲・御車返・大島・芝山・白妙・麒麟・楊貴妃・嵐山・普賢象・おけさ・瓢箪・松月・手毬・撫子・有明・御衣黄・突羽根など約60種、約400本の桜の木があります。
日程・・・2016年4月10日(日曜日)10:00~
4月10日 10:00~ 平野神社・桜花祭

【桜祭り 醍醐寺・豊太閤花見行列】
豊太閤花見行列では桃山時代の装束を身に着け、豊臣秀吉・福島正則・京極高次・義演僧正・北政所・淀殿などに扮した約200人が境内を練り歩きます。また豊太閤花見行列では特設舞台が設置され、雅楽・今様・狂言・花見踊りなども奉納されます。なお醍醐寺は平安時代から「花の醍醐」と言われる桜の名所です。醍醐寺には枝垂桜・山桜・染井吉野など1,000本の桜が植えられています。
日程・・・2016年4月10日(日曜日)13:00~15:00
醍醐寺・豊太閤花見行列

【桜祭り 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
京都桜名所・見頃
京都桜名所
桜名所100選

京都観光 イベント・行事

  1. 聖護院節分会

    2017年2月のイベント

    京都市内などで2017年2月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭2017は京都の秋の風物詩です。時代祭は毎年10月15日の参役宣状祭がら始まり、23日の後日祭…
  2. 祇園祭
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  3. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われます。ただ関連行事(前儀・…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
  3. 天橋立

    天橋立

    天橋立にある磯清水(いそしみず)は周囲に宮津湾・阿蘇海があるにも関わらず、塩味を感じない不思議な名水…
ページ上部へ戻る