梅祭り2017/2/25~

北野天満宮梅苑

梅祭り2017(梅関連イベント)は京都の春の風物詩です。梅祭り(梅関連イベント)は梅が見頃を迎える2月から3月に掛けて行われます。ただ梅祭りの日程や名称などは寺社によって異なります。なお梅祭りが行われる神社・寺院は梅の名所でもある為、梅苑・神苑・梅園などが公開されます。

【梅祭り2017 日程時間(要確認)】
●北野天満宮・梅花祭と梅花祭野点大茶湯・・・2017年(平成29年)2月25日(土曜日)
●梅宮大社・梅産祭・・・2017年(平成29年)3月5日(日曜日)
●随心院・はねず踊り・・・2017年(平成29年)3月26日(日曜日)

【梅祭り2017 マップ・地図】

【梅祭り2017 基礎知識】
現在花見といえば、一般的に桜を連想しますが、奈良時代には花見と言えば、中国から伝わった梅だったそうです。しかし平安時代になると梅から桜に少しずつ変わって行ったそうです。それは貴族などが詠んだ歌にも現れ、「万葉集」では梅を詠んだ歌が118首、桜を詠んだ歌が44種だったが、「古今和歌集」では逆転します。

スポンサーリンク


【北野天満宮 梅花祭・梅花祭野点大茶湯】
北野天満宮梅花祭(ばいかさい)と梅花祭野点大茶湯(ばいかさいのだておおちゃのゆ)は北野天満宮の祭神・菅原道真が亡くなった903年(延喜3年)2月25日の祥月命日に行われます。梅花祭ではお米を蒸し、大小2つの台に盛った大飯・小飯や白梅・紅梅の小枝を挿した紙立(こうだて)という特別な神饌が神前に供えられ、菅原道真の遺徳を偲びます。梅花祭野点大茶湯は1587年(天正15年)に関白・豊臣秀吉が北野大茶湯(北野大茶会)を行ったことに因み、花街・上七軒の舞妓さん・芸妓さんの奉仕によって行われます。なお梅苑には50種、約1,500本の梅が植えられています。
期間・・・2017年(平成29年)2月25日(土曜日)
時間・・・梅花祭(本殿)10:00、梅花祭野点大茶湯(三光門前広場)10:00~15:00
料金(梅花祭野点大茶湯)・・・野点拝服券1,500円(拝服券・宝物殿拝観券・撒饌引換券で綴る連券)
料金(梅苑)・・・大人700円、子ども350円(茶菓子付き)
北野天満宮・梅花祭
北野天満宮・梅花祭野点大茶湯

【梅宮大社 梅産祭】
梅宮大社梅産祭(うめうめまつり)では梅が見ごろを迎える3月の第1日曜に子授け・産業(酒造)繁栄などを祈願します。梅宮大社の祭神・酒解神(さかとけのかみ)は酒造の守護神とされ、同じく祭神・酒解子神(さかとけこのかみ)は酒解神の子で、大若子神と結婚するとすぐに小若子神を産んで、天甜酒(あめのうまざけ)を造ったとされていることから梅宮大社は古来から「産宮」とも言われ、子宝・安産、そして産業(酒造)・農業などにご利益があるとされ、梅産祭が行われるようになりました。なお酒解子神は木花咲耶姫(このはなのさくやひめのみこと)とも言われ、木花は梅花の雅称であることから梅花が梅宮大社の神花とされています。なお神苑には35種、約550本の梅が植えられています。
期間・・・2017年(平成29年)3月5日(日曜日)
時間・・・神事9:00、神酒・梅ジュースの無料接待9:30~16:30
料金(神苑)・・・大人550円、小人350円
梅宮大社・梅産祭

【随心院 はねず踊り】
随心院はねず踊り(はねずおどり)は遅咲きの梅・唐様(はねず)が見頃を迎える3月の最終日曜日に行われます。はねず踊りは一時途絶えていたが、1973年(昭和48)に復興されました。はねず踊りは絶世の美女で、六歌仙・三十六歌仙に数えられる小野小町(おののこまち)と深草少将(ふかくさのしょうしょう)との恋物語「百夜通い(ももよがよい)」を題材にした踊りです。深草少将は猿楽師・世阿弥(ぜあみ)などの創作した能「百夜通い」に登場し、小野小町の元に九十九夜通ったが、思いが叶わずに亡くなりました。なお随心院の小野梅園には約230本の梅が植えられています。
期間・・・2017年(平成29年)3月26日(日曜日)
時間・・・9:00~16:30、ねず踊り11:00・12:30・13:30・15:00
料金・・・大人1,000円、中学生800円、小学生以下無料(本堂拝観・梅園入園料)
随心院・はねず踊り

【長岡天満宮 梅花祭】
長岡天満宮梅花祭は梅をこよなく愛し、左遷される際に紅梅殿で「東風(こち)吹かば 匂ひやこせよ 梅の花 主なしとて 春を忘るな」と詠んだ菅原道真を祀っている天満宮の御縁から行われています。長岡天満宮では神職も冠に梅の枝を挿してご奉仕し、御神霊をお慰めしています。
期間・・・3月中旬
時間・・・神事11:00~、お茶席10:00~15:00
料金・・・お抹茶席・おそば席2,000円
長岡天満宮(アクセス・見どころ・・・)

【梅祭り2017 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
京都梅名所・見頃

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 大文字

    2017年8月のイベント

    京都市内などで2017年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭は毎年10月22日に行われます。ただ時代祭の関連行事は毎年10月15日から行われ、時代祭終了後…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る