水火天満宮神幸祭2015/10/4

神幸祭水火天満宮

神幸祭2015は京都の秋の風物詩です。神幸祭は毎年10月の第1日曜日に行われます。神幸祭では神事が行われた後に堀川通などの氏子地域を神輿・太鼓などが巡行します。なお神幸祭が行われる前日の土曜日には宵宮祭が行われ、神事の後に太鼓が奉納されます。

【神幸祭2015 日程時間(要確認)】
神幸祭2015は2015年(平成27年)10月4日(日曜日)14:00から行われます。なお宵宮祭は10月3日(土曜日)17:00から行われます。

【神幸祭2015・水火天満宮 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市上京区堀川通上御霊前上ル扇町722-10
最寄り駅・バス停・・・天神公園前(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から水火天満宮は9系統(B1乗り場)
*四条河原町からは12系統
*四条烏丸からは12系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【神幸祭 歴史・簡単概要】
水火天満宮神幸祭(しんこうさい)では祭神である菅原道真の神霊を神輿に移し、氏子地域の安全や繁栄を祈願します。宵宮祭では雅楽の調に合わせて、神事が行われ、太鼓も奉納されます。
神幸祭・宵宮祭ともに氏子さん中心の祭礼で、観光客や見物人は少ないかもしれません。なお堀川通を挟んで水火天満宮の向かいにある興聖寺(こうしょうじ)でも法要などが行われることがあります。興聖寺は原則一般人は入れないと言われています。

【水火天満宮 歴史・簡単概要】
水火天満宮(すいかてんまんぐう)・水火の天神さん・水火天神社(すいかてんじんしゃ)は923年(延長元年)に天台宗13世座主・法性坊尊意僧正(そんいそうじょう)が第60代・醍醐天皇の勅願により、都の水害・火災を鎮める為に菅原道真(すがわらのみちざね)の神霊を勧請して上天神町(西陣下り松)に造営したのが起源と言われています。醍醐天皇からは神号・水火の社天満自在天神宮を賜りました。ちなみに尊意僧正は道真の師で、西陣下り松には尊意僧正の別邸があり、二人は会見していたそうです。1472年(文明4年)の雨乞大賽の当日、第104代・後土御門天皇が行幸し、天神名号御震筆を賜りました。その後1788年(天明8年)の天明の大火によって焼失し、1952年(昭和27年)の堀川通の拡張に伴って、現在の場所に移りました。なお菅原道真は899年(昌泰2年)に右大臣になるが、901年(延喜元年)に左大臣・藤原時平の讒言(告げ口)によって太宰府に左遷され、903年(延喜3年)に大宰府で亡くなりました。その後都では悪疫が続き、道真の怨霊の仕業と恐れられ、道真の死後20年目に朝廷は道真の左遷を撤回して官位を復し、正二位を贈りました。
*参考・・・水火天満宮(アクセス・歴史・・・)ホームページ水火天満宮(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【神幸祭2015 備考】*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
水火天満宮神幸祭2015では水火天満宮周辺にある宝鏡寺・今日庵(裏千家)・不審庵(表千家)・興聖寺・玄武神社周辺の氏子地区を神輿などが巡行します。
水火天満宮(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 祇園社観月祭

    2018年9月のイベント

    京都市内などで2018年9月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 中秋の名月
    お月見は京都の秋の風物詩です。お月見は毎年中秋の名月の日(9月・10月)を中心に行われています。ただ…
  2. 祇園社観月祭
    祇園社観月祭2018は京都の秋の風物詩です。祇園社観月祭は毎年中秋の名月の日に行われます。祇園社観月…
  3. 青龍会
    青龍会は京都の秋の風物詩です。青龍会は毎年9月14日・15日に行われています。青龍会では清水寺・奥の…
  4. 八朔祭
    八朔祭は京都の晩夏の風物詩です。八朔祭は毎年9月の第1日曜日に行われています。八朔祭では台風や病害虫…
  5. 上賀茂紅葉音頭大踊り
    上賀茂紅葉音頭大踊りは京都の初秋の風物詩です。上賀茂紅葉音頭大踊りは毎年9月9日の重陽の節句前後の土…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る