東林院沙羅の花を愛でる会2017/6/15~30

東林院

沙羅の花を愛でる会は京都の初夏の風物詩です。沙羅の花を愛でる会は毎年6月15日から30日まで行われています。沙羅の花を愛でる会では普段非公開の東林院で抹茶と精進料理を楽しみながら沙羅双樹の花が青苔に落花する風情を楽しむことができます。なお東林院には十数本の沙羅双樹の木が植えられています。

【沙羅の花を愛でる会2017 日程時間(要確認)】
沙羅の花を愛でる会2016は2017年(平成29年)6月15日(木曜日)~30日(金曜日)9:30~16:00まで行われます。

【沙羅の花を愛でる会・東林院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市右京区花園妙心寺町59
最寄り駅・バス停・・・妙心寺前(徒歩約6分)、妙心寺北門前(徒歩約10分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から東林院は26系統(D3乗り場)北
*四条烏丸からは26系統北、91系統前
*四条河原町からは10系統北
*河原町丸太町からは10系統北、93系統前
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【沙羅の花を愛でる会 歴史・簡単概要】
東林院沙羅の花を愛でる会(さらのはなをめでるかい)は本堂前庭に植えられている沙羅双樹が見頃を迎える6月15日から30日まで行われます。沙羅の花を愛でる会では普段非公開の東林院で抹茶と精進料理を楽しみながら沙羅双樹の花が青苔に落花する風情を楽しむことができます。なお東林院には方丈前庭に十数本の沙羅双樹の木が植えられています。方丈前庭にはかつて樹齢約300年の沙羅双樹が植えられていたが、2004年(平成16年)に枯れたそうです。
沙羅双樹はツバキ科ナツツバキ属の落葉高木です。沙羅双樹は6月に白い花をつけ、ジャスミンに似た香りを漂わせます。沙羅双樹は朝に咲き、夕方には散る一日花です。沙羅双樹はお釈迦様が亡くなった場所にあり、お釈迦様が悟りを開いた場所にあった菩提樹・お釈迦様が生まれた場所にあった無憂樹とともに仏教三大聖木に数えられています。なお沙羅双樹は「平家物語」に「祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。」とも記されています。
本堂前庭は白砂・石組・苔地からなる枯山水庭園で、沙羅双樹水が植えられ、水琴窟(一壺天)が置かれています。
精進料理の「精進」は美食を戒めて粗食をし、精神修養をすることだが、一般的に肉類を使わない料理として用いられています。

【東林院 歴史・簡単概要】
東林院(とうりんいん)・沙羅双樹の寺(さらそうじゅのてら)は1531年(享禄4年)に室町幕府の最後の管領・細川氏綱(ほそかわうじつな)が養父・細川高国(ほそかわたかくに・三友院殿)の菩提を弔う為、清蔵口(せいぞうぐち)の細川家邸宅内に創建した三友院(さんゆういん)が起源と言われています。その後1556年(弘治2年)に高国の孫・山名豊国(やまなとよくに)が高国の猶子で、妙心寺第51世・直指宗諤(じきしそうがく)を開山に妙心寺(みょうしんじ)山内に移して再興し、東林院に名称を改めました。1626年(寛永3年)に豊国が亡くなり、山名家菩提所塔頭になりました。なお1832年(天保3年)に伽藍が大破したが、その後山名義蕃(やまなよしあきら)が本堂・庫裏を再建しました。
東林院は臨済宗妙心寺派大本山・妙心寺の塔頭です。
*参考・・・東林院(アクセス・歴史・・・)ホームページ東林院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【沙羅の花を愛でる会 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
東林院(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る