泉涌寺歴史

泉涌寺

泉涌寺歴史(泉涌寺の歴史)を紹介しています。(簡単歴史)泉涌寺は起源が明確ではありません。天長年間に弘法大師・空海が草庵を結んだのが起源とも、856年(斉衡3年)左大臣・藤原緒嗣が神修上人を開山として山荘を改めたのが起源とも言われています。

【泉涌寺歴史以外の情報】
泉涌寺歴史以外の基本情報
泉涌寺歴史以外の情報(見どころ)

【泉涌寺歴史 年表】
(泉涌寺歴史 創建)
泉涌寺(せんにゅうじ)は起源が明確ではありません。泉涌寺は平安時代の天長年間(824年~833年)に真言宗の開祖である弘法大師・空海が草庵を結び、法輪寺(ほうりんじ)と名付けたのが起源とも言われています。その後855年(斉衡2年)左大臣・藤原緒嗣(ふじわらのおつぐ)が再興し、名称を仙遊寺(せんゆうじ)に改めたとも言われています。なお泉涌寺は856年(斉衡3年)左大臣・藤原緒嗣(ふじわらのおつぐ)が神修上人(じんしゅうしょうにん)を開山として、自らの山荘を寺院に改め、法輪寺と称したのが起源とも言われています。その後名称を仙遊寺に改めたとも言われています。

スポンサーリンク


(泉涌寺歴史 鎌倉時代)
1218年(建保6年)月輪大師(がちりんだいし)・俊じょう(しゅんじょう)が鎌倉幕府初代将軍・源頼朝の家臣・宇都宮信房(うつのみやのぶふさ)から荒廃した仙遊寺を寄進され、1226年(嘉禄2年)宋法式を取り入れた伽藍を造営し、名称を泉涌寺に改めました。名称は寺地の一角から清水が涌き出したことに由来しています。なお泉涌寺は律(北京律)を中心に天台・東密(真言)・禅・浄土の五宗兼学でした。
1224年(貞応3年)後堀河天皇が皇室の祈願寺にし、1234年(文暦元年)後堀河天皇が亡くなって陵墓が築かれました。
1230年(寛喜2年)湛海(たんかい)が宋(中国)から楊貴妃観音像などを請来したと言われています。
1242年(仁治3年)四条天皇が12歳で亡くなり、陵墓が築かれ、泉涌寺で葬儀が行われました。以後天皇や皇族の葬儀が泉涌寺で行われることが恒例となり、皇室の香華所(菩提所)になりました。

(泉涌寺歴史 その後)
南北朝時代の1336年(建武3年)足利尊氏軍が陣を敷き、 放火や略奪に見舞われました。
1374年(文中3年)後光厳天皇が亡くなり、火葬分骨・埋葬が行われました。以後泉涌寺は天皇の火葬・山陵の地になりました。
その後応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって全山焼失したと言われています。
1664年(寛文4年)江戸幕府4代将軍・徳川家綱が後水尾天皇や霊元天皇の勅により、再建に着手しました。
江戸時代には後水尾天皇から孝明天皇までが山内に葬られ、「御寺(みてら)」と尊称されるようになりました。

【泉涌寺歴史 建物】
●仏殿は1668年(寛文8年)江戸幕府4代将軍・徳川家綱が再建しました。
●開山堂は寛文年間(1661年~1672年)に建立されました。
●大門は慶長年間(1596年~1614年)に造営された御所の南門を移しました。
●石造無縫塔は室町時代初期以前に造られたと言われています。
●楊貴妃観音堂は寛文年間(1661年~1672年)に建立されました。
●舎利殿は慶長年間(1596年~1614年)に京都御所の建物を移して改めたました。その後現在の場所に移されたと言われています。
●霊明殿は1882年(明治15年)に焼失し、1884年(明治17年)明治天皇が再建しました。
●御座所は1818(文化15年)に建てられた御所・御里御殿を1884年(明治17年)に移しました。
●海会堂(かいえどう)は京都御所内の仏殿である御黒戸(おくろど)を明治維新後の神仏分離令を機に移しました。
●心照殿(しんしょうでん)は2004年(平成16年)に建設されました。
●鎮守社の本殿は1668年(寛文8年)に建立されました。
●泉涌水屋形(せんにゅうすいやかた)は1668年(寛文8年)に再建されました。
●浴室は寛永年間(1624年~1643年)に再建され、1897年(明治30年)に現在の場所に移されました。

【泉涌寺歴史 その他】
●御座所庭園は1882年(明治15年)に焼失し、1884年(明治17年)に作庭されたと言われています。

【泉涌寺歴史 塔頭】
●即成院(そくじょういん)は992年(正暦3年)恵心僧都(えしんそうず)・源信(げんしん)が伏見に建立した光明院が起源とも言われています。
泉涌寺歴史・即成院
●観音寺(かんのんじ)は807年(大同2年)真言宗の開祖である弘法大師・空海が熊野権現の霊示を受け、自ら観音像を刻んで草堂に安置したのが起源と言われています。
泉涌寺歴史・観音寺

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 晴明祭

    2017年9月のイベント

    京都市内などで2017年9月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭2017日程は10月15日の参役宣状祭から10月23日の後日祭まで行われます。その内、10月2…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る