渉成園桜見ごろ

渉成園桜

渉成園桜(見ごろ・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。渉成園は染井吉野・枝垂桜・修善寺寒桜・山桜・牡丹桜など約50本が植えられ、楼門様式の傍花閣(ぼうかかく)が桜に包まれる光景などが素晴らしいと言われています。なお渉成園では桜が見ごろを迎える時期に春の渉成園と粥膳が行われます。(要確認)(詳細下記参照)

【渉成園桜見ごろ 2018年(要確認)】
渉成園桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2018年3月28日、京都地方気象台が桜の満開を観測しました。2018年3月22日、京都地方気象台は京都市(二条城標準木)で桜(ソメイヨシノ)が開花したと発表しました。2018年3月19日、ウェザーマップは京都(二条城標準木)の桜が3月23日に開花、3月30日に満開、3月29日から4月5日に見ごろになるとの予想を発表しました。
京都桜見ごろ2018

【渉成園桜・渉成園 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市下京区下数珠屋町通間之町東入東玉水町
最寄り駅・バス停・・・烏丸七条(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から渉成園は5系統(A1乗り場)、26系統(D3乗り場)、205系統(B3乗り場)、206系統(D2乗り場)、208系統 (C1乗り場)
*四条河原町からは5系統
*四条烏丸からは5系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JRの場合、最寄り駅は京都駅(徒歩約15分)
*地下鉄烏丸線の場合、最寄り駅は五条駅(徒歩約7分)
*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は七条駅(徒歩約10分)

スポンサーリンク


【渉成園桜見ごろ・見どころ】
渉成園は桜の名所です。桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。渉成園は染井吉野・枝垂桜・修善寺寒桜・山桜・牡丹桜など約50本が植えられ、楼門様式の傍花閣(ぼうかかく)が桜に包まれる光景などが素晴らしいと言われています。なお渉成園では桜が見ごろを迎える時期に春の渉成園と粥膳が行われます。(要確認)
傍花閣は1892年(明治25年)に再建されました。傍花閣は楼門造で、左右両側に山廊があり、持仏堂である園林堂(おんりんどう)の三門(山門)としての意味があるとも言われています。傍花閣は階上に四畳半の部屋があり、天井中央には磁石板に十二支を配した図案が描かれています。なお園林堂は1957年(昭和32年)に再建されました。
春の渉成園と粥膳では春の法要期間中に東本願寺にお供えしたお仏供(お仏飯)のおさがりを使って調理された粥膳(お斎)をろう風亭で桜や庭園を見ながら食べることができます。なおろう風亭は1865年(慶応元年)に再建されました。おろう風亭は大書院で、大広間がある寄棟造の桟瓦葺・銅板葺です。ちなみに明治天皇が来園した際には休息所に使われたと言われています。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【渉成園 歴史・簡単概要】
渉成園(しょうせいえん)・枳殻邸(きこくてい)は東西南北約200メートル・面積約3.4ヘクタールで、池泉回遊式庭園がある東本願寺の別邸です。渉成園は平安時代に光源氏のモデルと言われている第52代・嵯峨天皇の皇子・源融(みなもとのとおる)が奥州・塩竃の風景を模した別荘・六条河原院(塩竃第)があった場所とも言われています。渉成園は1641年(寛永18年)に江戸幕府3代将軍・徳川家光が東本願寺に寄進し、1653年(承応2年)に東本願寺第13代・宣如(せんにょ)の願いにより、煎茶の祖とも言われる石川丈山(いしかわじょうざん)が書院式回遊庭園に作庭しました。その後門首の隠退所や外賓の接遇所として使用されたり、1678年(延宝6年)から1754年(宝暦4年)までは東本願寺の学寮が置かれたりしたが、1858年(安政5年)の安政の大火・1864年(元治元年)の元治の大火によって焼失しました。1865年(慶応元年)から明治時代初期までに建物が再建されました。なお渉成園には敷地の6分の1を占める印月池や園林堂・縮遠亭・傍花閣・臨池亭・滴翠軒・回悼廊・ろう風亭などがあります。
渉成園は東本願寺の飛地境内地です。
*参考・・・渉成園(アクセス・歴史・・・)ホームページ渉成園(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【渉成園桜 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
渉成園(アクセス・見どころ・・・)情報
京都桜ライトアップ2018
京都桜名所

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 祇園祭山鉾巡行(後祭)

    2018年7月のイベント

    京都市内などで2018年7月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  2. 祇園祭

    祇園祭2018人気イベント

    祇園祭2018人気イベントを紹介しています。祇園祭2018は7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 本宮祭
    本宮祭2018は京都の夏の風物詩です。本宮祭は毎年土用入りした直後の日曜日、または祝日に行われていま…
  2. 御手洗祭
    御手洗祭(みたらし祭)・足つけ神事は京都の夏の風物詩です。御手洗祭は毎年土用の丑の日の前後に行われて…
  3. 祇園祭後祭宵山
    祇園祭宵山(後祭)2018は京都の夏の風物詩です。宵山(後祭)は7月21日から23日です。宵山では夕…
  4. 大船鉾曳き初め
    祇園祭山鉾曳き初め(後祭)2018は京都の夏の風物詩です。祇園祭山鉾曳き初め(後祭)は毎年7月20日…
  5. 後祭山建て・鉾建て
    祇園祭山鉾建て(後祭)2018(鉾建て・山建て)は京都の夏の風物詩です。祇園祭山鉾建て(後祭)は毎年…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
ページ上部へ戻る