濡髪大明神大祭2015/11/25

濡髪大明神大祭

大祭2015は京都の秋の風物詩です。大祭は毎年11月25日に行われます。大祭では仏事の後に信者などの願いが込められた護摩木を鳥居前に設けられた護摩壇で焚き上げ、祈願成就を願います。なお濡髪大明神は知恩院境内の少し奥まった場所にあります。

【大祭2015 日程時間(要確認)】
大祭2015は2015年(平成27年)11月25日(水曜日)14:00から行われます。

【大祭2015・濡髪大明神(知恩院) アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市東山区林下町400 知恩院内
最寄り駅・バス停・・・知恩院前(徒歩約15分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは206系統(D2乗り場)
*四条河原町からは12系統、46系統、201系統、203号系統
*四条烏丸からは46系統、201系統、203号系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【大祭 歴史・簡単概要】
濡髪大明神大祭(ぬれがみだいみょうじんたいさい)・護摩焚きの大祭では信者などのご多幸を祈念します。また濡髪大明神大祭では仏事の後に信者などの願いが込められた護摩木を僧侶・信者・観光客などが鳥居前に設けられた護摩壇に投げ入れて焚き上げ、祈願成就を願います。なお仏事では般若心経が唱えられます。

【濡髪大明神 歴史・簡単概要】
濡髪大明神(ぬれがみだいみょうじん)は1633年(寛永10年)江戸幕府3代将軍・德川家光が焼失した知恩院(ちおんいん)を再建した際に造営されたと言われています。濡髪大明神の祭神・白狐は知恩院を火災から守る濡髪大明神(濡髪童子)で、知恩院の守護神とも言われています。知恩院は浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)が東山・吉水(よしみず)、現在の知恩院勢至堂付近に営んでいた草庵が起源です。なお濡髪大明神は祇園の芸舞妓の間で縁結びのご利益があると言われています。

【知恩院 歴史・簡単概要】
知恩院(ちおんいん)は浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)が東山・吉水(よしみず)に草庵を結んだのが起源です。当初吉水御坊・大谷禅坊などと称されていました。その後1227年(嘉禄3年)延暦寺の衆徒によって破壊されたが、1234年(文暦元年)法然の弟子・勢観房源智が再興し、四条天皇から寺号「華頂山知恩教院大谷寺」を賜りました。しかし火災や応仁の乱の兵火などによって焼失しました。1608年(慶長13年)徳川家康が諸堂を建立し、江戸幕府2代将軍・徳川秀忠、3代将軍・徳川家光が引き継ぎました。なお1175年(承安5年)法然上人は唐の高僧・善導の著作「観経疏」を読み、「南無阿弥陀仏」と一心に声高くた称えることにより、人々が極楽往生できるという専修念仏(せんじゅねんぶつ)の思想に開眼しました。
知恩院は浄土宗の総本山です。
*参考・・・知恩院(アクセス・歴史・・・)ホームページ知恩院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【濡髪大明神大祭2015 備考】*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
濡髪大明神大祭2015ではボランティアの方がたくさん奉仕されていました。
濡髪大明神(アクセス・見どころ・・・)情報
知恩院(アクセス・見どころ・・・)情報
知恩院見どころ
知恩院七不思議

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 晴明祭

    2017年9月のイベント

    京都市内などで2017年9月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭2017日程は10月15日の参役宣状祭から10月23日の後日祭まで行われます。その内、10月2…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る