熊野神社神幸祭2016/4/29

熊野神社

神幸祭2016は京都の春の風物詩です。神幸祭は毎年4月29日に行われます。神幸祭では氏子地域の繁栄を祈願します。神幸祭では熊野少年勤皇隊・神輿などが氏子地域を巡行します。なお巡行中には聖護院で法要が行われ、熊野少年勤皇隊が演奏を奉納します。

【神幸祭2016 日程時間(要確認)】
神幸祭2016は2016年(平成28年)4月29日(金曜日)10:30から行われます。

【神幸祭2016・熊野神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区聖護院山王町
最寄り駅・バス停・・・熊野神社前(徒歩約1分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から熊野神社は206系統(D2乗り場)
*四条河原町からは31系統、201系統、203系統
*四条烏丸からは31系統、201系統、203系統
*河原町丸太町からは204系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄鴨東線の場合、最寄り駅は神宮丸太町駅(徒歩約5分)

スポンサーリンク


【神幸祭 歴史・簡単概要】
熊野神社神幸祭(しんこうさい)・氏子大祭(うじこたいさい)では氏子地域の繁栄を祈願します。神幸祭では熊野少年勤皇隊・神輿などが氏子地域を巡行します。なお熊野少年勤皇隊は1928年(昭和3年)から参加しているそうです。
神幸祭では先ず本殿前で神事が行われ、次に熊野少年勤皇隊が演奏を奉納します。その後熊野少年勤皇隊・神輿などが氏子地域を巡行します。巡行に参加する人は熊野神社のご神木である梛(なぎ)の葉を付けます。なお巡行中には聖護院で法要が行われ、熊野少年勤皇隊が演奏を奉納します。
熊野少年勤皇隊は1868年(明治元年)の王政復古の大号令に呼応し、西園寺公望からの募兵により、丹波山国郷に結成された農兵隊・維新勤皇山国隊をモチーフにしています。維新勤皇山国隊は出迎えが見守る中、鼓笛を奏でながら京都から山国に凱旋したそうです。なお山国郷は平安時代以来の皇室との関係が深かったそうです。
梛は熊野の御神木で、梛の葉は阿弥陀如来の化身とされる金剛童子の変化身とされ、熊野詣での参詣者は帰路の安全を願い、梛の葉を護符として身に付けて帰ったそうです。
聖護院は熊野神社を守護神としています。なお聖護院は1090年(寛治4年)白河上皇が熊野三山を参詣する熊野御幸の際、先達を務めた増誉大僧正(ぞうよだいそうじょう)が常光寺を賜り、聖体護持の二字から聖護院としたのが起源です。

【熊野神社 歴史・簡単概要】
熊野神社(くまのじんじゃ)・権現さん(ごんげんさん)は起源が明確ではありません。熊野神社は811年(弘仁2年)日円上人(にちえんしょうにん)が紀州・熊野権現を勧請したのが起源とも、1103年(康和5年)園城寺(三井寺)の僧・増譽(ぞうよ)が白河上皇の意により、熊野新宮御霊を勧請したのが起源とも言われています。その後1396年(応永3年)室町幕府3代将軍・足利義満から広大な社地を寄進されました。ただ応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって社殿は焼失し、その後再建されました。1666年(昭和41年)聖護院宮道寛法親王(しょうごいんのみやどうかんほうしんのう)が再興しました。なお熊野神社は聖護院の守護神と言われています。
*参考・・・熊野神社

【神幸祭2016 備考】*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
熊野神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂

    2017年11月のイベント

    京都市内などで2017年11月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺ライトアップ

    紅葉ライトアップ2017

    京都紅葉ライトアップ2017(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは紅葉が見ごろを迎える…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 源光庵
    源光庵アクセスでは京都駅前(A3乗り場)から鷹峯源光庵前まで行く市バス6系統(所要時間約42分)がお…
  2. 永観堂
    永観堂アクセスでは京都駅から地下鉄烏丸線に乗って烏丸御池駅に向かい、烏丸御池駅で地下鉄東西線に乗り換…
  3. 東福寺
    東福寺アクセスでは京都駅から奈良駅を結ぶJR奈良線がおすすめです。東福寺の最寄り駅である東福寺駅は京…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る