高台寺燈明会2016/8/1~

高台寺

燈明会2016は京都の夏の風物詩です。燈明会は毎年8月1日から18日まで行われています。燈明会は関白・豊臣秀吉を偲び、命日である8月18日(新暦の9月18日)まで参道などに数百張の弔いの提灯が灯されます。なお燈明会では開山堂・庭園などがライトアップされ、夜間の特別拝観も行われます。

【燈明会2016 日程(要確認)】
燈明会2016は2016年(平成28年)8月1日(月曜日)~18日(木曜日)17:00~21:30まで行われます。

【燈明会2016・高台寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市東山区高台寺下河原町526
最寄り駅・バス停・・・東山安井(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から高台寺は206系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は清水五条駅(徒歩約12分)・祇園四条駅(徒歩約12分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は河原町駅(徒歩約15分)

スポンサーリンク


【燈明会 歴史・簡単概要】
高台寺燈明会(とうみょうえ)は関白・豊臣秀吉を偲び、8月1日から命日である8月18日(新暦の9月18日)まで参道などに数百張の弔いの提灯が灯されます。燈明会では開山堂・庭園などがライトアップされ、3Dプロジェクションマッピングを行われ、夜間の特別拝観も行われます。なお燈明会では8月5日から14日までの金・土・日曜日に夕涼み浴衣の茶会も行われます。(要予約)
豊臣秀吉は1537年(天文6年)3月17日(旧暦の2月6日)に織田信長の足軽(百姓)・木下弥右衛門と百姓の娘・なか(天瑞院)との間に生まれ、1554年(天文23年)に織田信長に仕え、1561年(天正9年)には浅野長勝の養女・北政所(ねね)と恋愛結婚しました。その後戦功を重ねて頭角を現し、1582年(天正10年)に明智光秀が信長に謀反を起こした本能寺の変後、山崎の戦いで光秀を破り、四国・九州・関東・奥羽を平定し、1590年(天正18年)に天下を統一を成し遂げ、1598年(慶長3年)9月18日(旧暦の8月18日)に62歳で伏見城内で亡くなりました。ちなみに1585年(天正13年)に関白、翌1586年(天正14年)には豊臣姓を賜って、太政大臣になりました。なお辞世は「露と落ち 露と消えにし わが身かな なにはの事も 夢のまた夢」です。
開山堂(重要文化財)は1605年(慶長10年)に建立されました。開山堂の天井には秀吉の御座舟の天井と北政所の御所車の天井が使われています。天井には絵師・狩野山楽が描いたと言われている「龍図」があります。なお開山堂の中央には三江紹益の像、右には北政所の兄・木下家定(きのしたいえさだ)と妻・雲照院の像、左に普請に尽力した堀直政の像を安置しています。
庭園は(名勝・史跡)は東山を借景にし、臥龍池(がりょういけ)・偃月池(えんげつち)がある池泉回遊式庭園です。石組みの見事さから桃山時代を代表する庭園とも言われています。なお庭園は小堀遠州が作庭したと言われています。

【高台寺 歴史・簡単概要】
高台寺(こうだいじ)は1606年(慶長11年)関白・豊臣秀吉の正室・北政所(ねね)が1598年(慶長3年)に亡くなった秀吉の菩提を弔う為、弓箴善彊(きゅうしんぜんきょう)を開山として創建しました。北政所は当初実母・朝日局(吉子)が弔われている菩提寺・康徳寺に弔うとしたが、手狭だったことから岩栖院(がんせいいん)と敷地交換して、現在の場所に創建しました。高台寺の名称は北政所の落飾(仏門に入る)後の1603年(慶長8年)に後陽成天皇から賜った院号・高台院湖月尼に由来しています。その後1624年(寛永元年)臨済宗・建仁寺から三江紹益(さんこうじょうえき)を招聘し、曹洞宗から臨済宗に改めました。
高台寺は臨済宗建仁寺派の寺院です。
*参考・・・高台寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ高台寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【燈明会2016 備考】*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
高台寺(アクセス・見どころ・・・)情報
高台寺歴史年表
高台寺見どころ

京都観光 イベント・行事

  1. 葵祭

    2017年5月のイベント

    京都市内などで2017年5月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 祇園祭
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  2. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われています。ただ前儀・後儀(…
  3. 三船祭
    三船祭2017は京都の春の風物詩です。三船祭は毎年5月の第3日曜日に行われています。三船祭では御座船…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る