白峯神宮見どころ

白峯神宮

白峯神宮見どころを簡単に分かりやすくまとめて紹介しています。(修学旅行から一人旅まで)白峯神宮見どころ・蹴鞠の碑は地主社の横にあります。蹴鞠の碑は地主社を参拝した後、蹴鞠の碑の「撫で鞠」を手で一周回すとスポーツ上達のご利益があると言われています。なお白峯神宮は蹴鞠・和歌の宗家であった飛鳥井邸があった場所です。

【白峯神宮見どころ以外の情報】
白峯神宮基本情報

【白峯神宮見どころ 歴史・簡単概要】
白峯神宮(しらみねじんぐう)は蹴鞠・和歌の宗家であった飛鳥井(あすかい)邸があった場所です。白峯神宮は1868年(明治元年)明治天皇が父・孝明天皇の遺志を継承し、讃岐の白峯陵から第75代・崇徳天皇の霊を移して造営しました。その後1874年(明治6年)に淡路島の淡路陵から第47代・淳仁天皇(廃帝・淡路廃帝)の霊を移して合祀しました。なお崇徳天皇は1156年(保元元年)の保元の乱で讃岐に配流されて亡くなりました。また淳仁天皇は764年(天平宝字8年)の藤原仲麻呂の乱で淡路に配流されて亡くなりました。

スポンサーリンク


【白峯神宮見どころ 本殿】
本殿は1868年(明治元年)に下鴨神社(しもがもじんじゃ)の摂社・河合神社(かわいじんじゃ)を模して造営されました。本殿には764年(天平宝字8年)の藤原仲麻呂(ふじわらのなかまろ)の乱で淡路に流されて亡くなった第47代・淳仁天皇と1156年(保元元年)の保元の乱(ほうげんのらん)で讃岐に流されて亡くなった第75代・崇徳天皇を祀っています。なお本殿は流造の銅板葺です。
(白峯神宮見どころ 本殿豆知識)
●淳仁天皇(じゅんにんてんのう)は廃帝(はいたい)となって淡路に流されたことから淡路廃帝(あわじはいたい)とも言われています。
●崇徳天皇(すとくてんのう)は9年間讃岐の配所で過ごし、最期は舌を噛み切り、血で災いが起こるように呪詛(じゅそ・しゅそ)の誓文を書いたと言われています。その後1177年(安元3年)に安元の大火や鹿ケ谷の陰謀などが起こり、怨霊として恐れられました。
●河合神社は858年(天安2年)に下鴨川合神は従五位上を授けられたと記され、それ以前から祀られていたと言われています。
河合神社・白峯神宮見どころ

【白峯神宮見どころ 地主社】
境内社・地主社(じしゅしゃ)は球技・スポーツ芸能上達の神である精大明神(せいだいみょうじん)、厄除延命長寿の神である柊大明神(ひいらぎだいみょうじん)、無病息災の神である今宮大神(いまみやおおかみ)、学業成就の神である白峯天神(しらみねてんじん)、織物繁栄・和装の神である糸元大明神(いともとだいみょうじん)を祀っています。
(白峯神宮見どころ 地主社豆知識)
●精大明神はまり精大明神とも言われています。また精大明神は七夕の神ともされ、7月7日に例祭が行われています。
●地主社はかつて蹴鞠の宗家・飛鳥井家の邸跡にあり、創建時に移されたそうです。

【白峯神宮見どころ 伴緒社】
境内社・伴緒社(とものおしゃ)は父子ともに弓の名手だった河内源氏の棟梁・源為義(みなもとのためよし)と子・為朝(ためとも)を武道・弓道上達の神として祀っています。ただ1156年(保元元年)の保元の乱では源為義は崇徳上皇(第75代・崇徳天皇)、源為朝は第77代・後白河天皇に付いて敵対しました。
(白峯神宮見どころ 伴緒社豆知識)
●伴緒社では11月15日に伴緒社祭(とものおしゃさい)が行われます。伴緒社祭では弓馬術礼法・小笠原流による御弓神事が行われます。
●源為義と源為朝は源義経(牛若丸)の祖父と叔父になります。
伴緒社祭・白峯神宮見どころ

【白峯神宮見どころ 潜龍社】
境内社・潜龍社(せんりゅうしゃ)は潜龍大神(龍神)を祀っています。潜龍大神は1955年(昭和30年)11月23日に行われた御火焚祭(おひたきさい)中に出現した龍神と言われています。なお潜龍社では11月23日に潜龍講大祭が行われています。
(白峯神宮見どころ 潜龍社豆知識)
●潜龍社の脇にある潜龍井(せんりゅうい)には悪縁を断ち・災難除け・病気平癒・事業隆昌などのご利益があると言われています。

【白峯神宮見どころ 飛鳥井】
飛鳥井(あすかい)は潜龍井とともに古くから名水として知られています。清少納言(せいしょうなごん)が平安時代中期に記した枕草子(まくらのそうし)に9つの名水が上げられ、「飛鳥井は、ほりかねの井。走り井は逢坂なるがをかしき。・・・」などと記されているそうです。
(白峯神宮見どころ 飛鳥井豆知識)
●清少納言が上げた9つの名水の内、明確に現存するのは飛鳥井だけだそうです。

【白峯神宮見どころ 蹴鞠の碑】
蹴鞠の碑(けまりのひ)は地主社(まり精大明神)の横にあります。蹴鞠の碑は地主社を参拝した後、蹴鞠の碑の「撫で鞠(なでまり)」を手で一周回すとスポーツ上達のご利益があると言われています。蹴鞠の碑は蹴鞠保存会100周年を記念して建てられました。

【白峯神宮見どころ 鞠庭】
鞠庭(まりにわ)は拝殿横にあります。鞠庭では蹴鞠が奉納されたり、御弓神事・御火焚祭などの神事が行われたりします。なお蹴鞠保存会が月に数回練習しているそうです。

【白峯神宮見どころ 小賀玉の木】
小賀玉の木(おがたまのき)はかつて飛鳥井邸にあり、樹齢約800年とも言われています。小賀玉の木は高さ約13メートルで、京都市内最大とも言われています。なお小賀玉の木は京都市の指定天然記念物です。
(白峯神宮見どころ 小賀玉の木豆知識)
●小賀玉の木の名称は霊を招く招霊(おぎたま・おきだま)が転訛したとも言われています。

【白峯神宮見どころ 三葉の松】
三葉の松(さんようのまつ)は普通の松の葉が二葉か、五葉に対して、葉が三葉です。三葉の松はその姿から夫婦和楽・家内安全の象徴とされているそうです。なお松には古くから豊饒や平安をもたらす神霊が降臨するとも言われているそうです。
(白峯神宮見どころ 三葉の松豆知識)
●三葉の松は落葉すると黄金色に変色することから金運のご利益がある金銭松とも言われているそうです。
●三葉の松は先が三つ叉になった法具の一種である三鈷杵(さんこしょ)から三鈷の松(さんこのまつ)とも言われています。

【白峯神宮見どころ 蹴鞠】
毎年4月14日の淳仁天皇祭・7月7日の精大明神例祭で蹴鞠が奉納しています。白峯神宮がある場所は蹴鞠の宗家・飛鳥井家の邸跡であることから蹴鞠保存会によって蹴鞠が奉納されています。なお白峯神宮では崇徳天皇祭・観月献燈祭などの神事も行われます。
(白峯神宮見どころ 蹴鞠豆知識)
●蹴鞠は中国・戦国時代の蹴鞠(しゅうきく)が起源とされ、飛鳥時代に仏教とともに日本に伝来したと言われているそうです。
●淳仁天皇祭(春季例大祭)では氏子の安全や健康を祈願し、蹴鞠だけでなく、舞楽も奉納されます。
淳仁天皇祭・白峯神宮見どころ
●精大明神例祭(七夕祭)では蹴鞠だけでなく、小町をどりも奉納されます。
精大明神例祭・白峯神宮見どころ

【白峯神宮見どころ 上京薪能】
毎年9月24日に上京薪能(かみぎょうたきぎのう)が行われています。上京薪能では上京区内在住の能楽関係者や古典芸能に親しんでいる区民が能・狂言などを披露します。上京薪能は1965年(昭和40年)から伝統文化の継承と更なる発展を目指して行われています。
上京薪能・白峯神宮見どころ

【白峯神宮見どころ 観月祭】
毎年中秋の前後に観月祭(かんげつさい)が行われています。観月祭ではススキが飾られ、月見団子などが供えられます。また観月祭では舞楽・各種芸能などが奉納されます。観月祭は1980年(昭和55年)に始まったとも言われています。
観月祭・白峯神宮見どころ

【白峯神宮見どころ 御火焚祭】
毎年11月23日に御火焚祭(おひたきさい)が行われています。御火焚祭は秋の収穫・五穀豊穣に感謝し、氏子などの願いが込められた護摩木(火焚串)を護摩壇で焚き上げ、祈願成就を願います。御火焚祭では神職などが大祓詞(おおはらえのことば)を唱え、罪障消滅(ざいしょうしょうめつ)・万福招来(ばんぷくしょうらい)を祈ります。
御火焚祭・白峯神宮見どころ

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 時代祭

    2018年10月のイベント

    京都市内などで2018年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 時代祭

    時代祭2018/10/22

    時代祭2018は京都の秋の風物詩です。時代祭2018・時代行列進発は10月22日に行われます。時代祭…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る