相国寺歴史

相国寺

相国寺歴史(相国寺の歴史)を紹介しています。(簡単歴史)相国寺は1382年(永徳2年)足利義満が室町第・花の御所の東に一大禅宗伽藍を建立することを発願したのが起源です。その後春屋妙葩は2世住職になり、名称を万年山承天相国寺と名付けたと言われています。

【相国寺歴史以外の情報】
相国寺歴史以外の基本情報
相国寺歴史以外の情報(見どころ)

【相国寺歴史 年表】
(相国寺歴史 創建)
相国寺(しょうこくじ)は1382年(永徳2年)に室町幕府3代将軍・足利義満が室町第(むろまちだい)・花の御所の東に一大禅宗伽藍を建立することを発願したのが起源です。義満は禅の師・春屋妙葩(しゅんおくみょうは)に開山を要請したが、春屋妙葩が固辞したことから春屋妙葩の師・夢窓国師(むそうこくし)・夢窓疎石(むそうそせき)が開山になりました。なお春屋妙葩は2世住職になり、名称を万年山承天相国寺と名付けたと言われています。

(相国寺歴史 室町時代)
1383年(弘和3年)僧・義堂周信(ぎどうしゅうしん)の勧めにより、名称を万年山承天相国寺から相国承天禅寺に改めたと言われています。なお1384年(元中元年)には更に万年山相国承天に改められたとも言われています。
1386年(元中3年)足利義満は京都五山(天龍寺・相国寺・建仁寺・東福寺・万寿寺)を制定し、第2位に列しました。
1392年(元中9年)伽藍が完成したが、1394年(応永元年)史上最も高かったと言われている七重大塔(360尺・100メートル以上)を含めて全焼しました。その後伽藍は再建されたが、1425年(応永32年)にも全焼したと言われています。
1401年(応永8年)足利義満が京都五山の第1位に列しました。なお1410年(応永17年)に京都五山の第2位に戻されたとも言われています。
応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))では東軍の細川勝元軍が相国寺に陣を敷いたこともあって焼失しました。その後も兵火などによって度々焼失しました。

スポンサーリンク


(相国寺歴史 その後)
1584年(天正12年)相国寺の中興の祖と言われる西笑承兌(さいしょうじょうたい)が入寺して再建しました。しかしその後も火災に見舞われ、1788年(天明8年)の天明の大火では1605年(慶長10年)に再建された日本最古の法堂(本堂)以外の伽藍は焼失しました。なお現存の伽藍の多くは文化年間(1804年~1817年)以降に再建されました。

【相国寺歴史 文化財】
●法堂(本堂・無畏堂)は1605年(慶長10年)関白・豊臣秀吉の子・豊臣秀頼の寄進によって再建されました。
●開山塔(開山堂)は1788年(天明8年)の天明の大火で焼失し、1807年(文化文化4年)に桃園天皇の皇后・恭礼門院の女院御所の御殿を賜って再建されました。
●方丈は1807年(文化文化4年)に再建され、2013年(平成25年)に大修復されました。
●浴室(宣明)は1596年(慶長4年)に再建され、2002年(平成14年)に復元修復されました。
●庫裏(くり)は1807年(文化文化4年)に再建されました。
●鐘楼(洪音楼)は1844年(天保15年)に再建されたとも言われています。
●勅使門は1797年(寛政9年)相国寺第113世・梅荘が再建しました。
●弁天社はかつて京都御苑内にあった久邇宮邸の守護神だったと言われています。
●経蔵は1860年(安政7年)相国寺120世・盈沖周整(えいちゅうしゅうせい)の寄進によって建立されました。
●八幡宮はかつて足利義満が造営した花の御所にあったが、その後相国寺の境内に移されました。
●承天閣美術館(じょうてんかくびじゅつかん)は相国寺創建600年記念事業の一環として、1984年(昭和59年)に開館しました。
●茶室・夢中庵(むちゅうあん)は相国寺創建600年を記念して建てられました。

【相国寺歴史 金閣寺】
金閣寺は1397年(応永4年)室町幕府3代将軍・足利義満が山荘・北山殿を譲り受けて改築・新築し、北山第(北山殿)と名付けたのが起源です。
相国寺歴史・金閣寺

【相国寺歴史 銀閣寺】
銀閣寺は1473年(文明5年)室町幕府8代将軍・足利義政が浄土寺跡に東山山荘・東山殿の造営したのが起源です。
相国寺歴史・銀閣寺

【相国寺歴史 塔頭】
大光明寺(だいこうみょうじ)は1339年(暦応2年)後伏見天皇の女御・広義門院(西園寺寧子)が後伏見天皇の菩提を弔う為に夢窓国師(むそうこくし)・夢窓疎石(むそうそせき)を開山として、創建しました。
相国寺歴史・大光明寺

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂

    2017年11月のイベント

    京都市内などで2017年11月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 源光庵
    源光庵アクセスでは京都駅前(A3乗り場)から鷹峯源光庵前まで行く市バス6系統(所要時間約42分)がお…
  2. 永観堂
    永観堂アクセスでは京都駅から地下鉄烏丸線に乗って烏丸御池駅に向かい、烏丸御池駅で地下鉄東西線に乗り換…
  3. 東福寺
    東福寺アクセスでは京都駅から奈良駅を結ぶJR奈良線がおすすめです。東福寺の最寄り駅である東福寺駅は京…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る