円山公園祇園小唄祭2017/11/23

祇園小唄祭2017は京都の秋の風物詩です。祇園小唄祭は毎年11月23日に行われています。祇園小唄祭では祇園小唄を讃え、1961年(昭和36年)に建てられた歌碑の前で舞妓さんが朗読し、献花します。ちなみに祇園小唄は1930年(昭和5年)に公開された映画・祇園小唄絵日傘の主題歌として発表されました。(詳細下記参照)

【祇園小唄祭2017 日程時間(要確認)】
祇園小唄祭2017は2017年(平成29年)11月23日(水曜日)11:00から行われます。(現在確認中)

【祇園小唄祭2017・円山公園 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区円山町
最寄り駅・バス停・・・祇園(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から円山公園は100系統(D1乗り場)、110系統(D1乗り場)、206系統(D2乗り場)
*四条河原町・四条烏丸・四条堀川・四条大宮からは46系統、201系統、203系統、207系統
*河原町丸太町・烏丸丸太町・堀川丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は祇園四条駅(徒歩約12分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は河原町駅(徒歩約15分)
*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は東山駅(徒歩約10分)

スポンサーリンク


【祇園小唄祭 歴史・簡単概要】
祇園小唄祭(ぎおおんこうたさい)は2003年(平成15年)から京都伝統伎芸振興財団などが主催して行われています。祇園小唄祭では祇園小唄を讃え、1961年(昭和36年)に建てられた歌碑の前で舞妓さんが朗読し、献花します。ちなみに祇園小唄は1930年(昭和5年)に公開された映画・祇園小唄絵日傘(ぎおんこうたえひがさ・監督:金森萬象(かなもりばんしょう))の主題歌(作詞:長田幹彦(ながたみきひこ)・作曲:佐々紅華(さっさこうか))として発表され、現在では舞妓さんが修行期間の仕込みの頃から習い、毎日のように舞う舞踊曲になっています。また歌碑はお茶屋・吉うたの2代目女将・お龍さんらの尽力によって建てられたそうです。
祇園小唄の1番目の歌詞は次の通りです。ちなみに歌詞は1番から4番まであります。
「月はおぼろに 東山 霞む夜毎の かがり火に 夢もいざよう 紅ざくら しのぶ思いを 振袖に 祇園恋しや だらりの帯よ」
祇園甲部・祇園東は江戸時代初期に八坂神社の門前で営業していた水茶屋とそこで働く茶点て女が起源と言われています。京都所司代・板倉重宗から茶点て女を置くことが許可され、八坂神社(祇園社)の門前町を祇園町と言うようになりました。なお祇園東は明治時代に祇園甲部から分離独立しました。
先斗町は江戸時代初期に鴨川の州を埋め立て、茶屋や旅籠が置かれたのが始まりと言われています。先斗町の先斗という地名はポルトガル語のponto(先)が語源とも言われています。
宮川町は江戸時代に人気になった出雲・阿国(おくに)の歌舞伎踊りの頃から始まりました。当初は遊女などが接待していたが、江戸時代の三大改革によって打撃を受けました。
上七軒は室町時代に北野天満宮が再建された際、残った資材を使って7軒の茶店が建てられたのが起源です。桃山時代には豊臣秀吉が北野天満宮で北野大茶会を開いた際、茶店が団子を献上しました。

【円山公園 歴史・簡単概要】
円山公園(まるやまこうえん)・圓山公園はかつて八坂神社(やさかじんじゃ)の社地・安養寺(あんようじ)の寺地の一部でした。しかし1871年(明治4年)の上知令(じょうちれい・あげちれい)により、社地・寺地が政府に没収され、1886年(明治19年)に公園になりました。その後1887年(明治20年)に政府から京都市へ移管され、京都市初の都市公園になり、音楽堂・料亭・茶店などが整備されました。なお円山公園には幕末に京都などで活躍した坂本龍馬(さかもとりょうま)・中岡慎太郎(なかおかしんたろう)の銅像もあります。また雙林寺(そうりんじ)・西行庵(さいぎょうあん)・芭蕉庵(ばしょうあん)などの旧跡もあります。
*参考・・・円山公園(アクセス・歴史・・・)ホームページ円山公園(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【祇園小唄祭2017 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
円山公園(アクセス・見どころ・・・)

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る