祇園祭2017/7/1~31

祇園祭

祇園祭2017(宵山・山鉾巡行・・・)は7月1日から31日まで行われます。宵山・山鉾巡行は2014年(平成26年)に後祭が復活したことから2回楽しめるようになりました。宵山は前祭が14日~16日、後祭が21日~23日になります。山鉾巡行は前祭が17日、後祭が24日になります。ちなみに宵山の内、15日・16日には烏丸通・室町通・新町通などに屋台露店が立ち並びます。(要確認)

祇園祭2018(山鉾巡行・宵山・ルート・・・)
祇園祭2018日程(山鉾巡行・・・)
祇園祭2018日程一覧(山鉾巡行・・・)

【祇園祭2017 日程時間(要確認)】
祇園祭2017は2017年(平成29年)7月1日(土曜日)~31日(月曜日)まで行われます。
●宵山(前祭)・・・・・14日(金曜日)~16日(日曜日)
●山鉾巡行(前祭)・・・17日(月曜日)
●宵山(後祭)・・・・・21日(金曜日)~23日(日曜日)
●山鉾巡行(後祭)・・・24日(月曜日)

【祇園祭2017 山鉾巡行ルート】

●山鉾巡行では四条通・河原町通・御池通を巡行します。ただ前祭と後祭では逆回りになります。

スポンサーリンク


【祇園祭2017 14日~16日・宵山(前祭)】
祇園祭宵山(宵々山・宵々々山)では山鉾町の会所に宝物が飾られ、粽などが販売されたり、御朱印(スタンプ)が設置されたりします。宵山では夕方から山鉾の駒形提灯が灯され、囃子方がある山鉾では祇園囃子が奏でられます。また宵山の内15日・16日には室町通などに屋台露店が立ち並び、夕方から四条通などが交通規制されて歩行者天国になります。なお昨年7月16日の宵山には32万人の人出があったそうです。
宵山(前祭)・祇園祭
屋台露店(宵山)・祇園祭

【祇園祭2017 17日・山鉾巡行(前祭)】
祇園祭山鉾巡行(前祭)は宵山の翌日、神幸祭(しんこうさい)に先立って行われ、長刀鉾(なぎなたほこ)を先頭に23基の山鉾が四条通・河原町・御池通の順に巡行します。なお昨年は沿道を約19万人が埋め尽くしたそうです。
山鉾巡行(前祭)・祇園祭

【祇園祭2017 21日~23日・宵山(後祭)】
祇園祭宵山(宵々山・宵々々山)では山鉾町の会所に宝物が飾られ、粽などが販売されたり、御朱印(スタンプ)が設置されたりします。宵山では夕方から山鉾の駒形提灯が灯され、囃子方がある山鉾では祇園囃子が奏でられます。ちなみに宵山では屋台露店はなく、エコ屋台村が行われます。(要確認)なお昨年3日間の宵山に4万人弱の人出があったそうです。
宵山(後祭)・祇園祭
エコ屋台村(宵山)・祇園祭

【祇園祭2017 24日・山鉾巡行(後祭)】
祇園祭山鉾巡行(後祭)は宵山の翌日、還幸祭(かんこうさい)に先立って行われ、橋弁慶山(はしべんけいやま)を先頭に10基の山鉾が御池通・河原町・四条通の順に巡行します。なお昨年は沿道を約10万人が埋め尽くしたそうです。
山鉾巡行(後祭)・祇園祭

【祇園祭2017 日程(概略)】
祇園祭(7月)は下記のように行われます。
1日~・・・吉符入(祇園祭の始り)
10日~14日・・・山鉾建て(前祭)
14日~16日・・・宵山(前祭)
17日・・・山鉾巡行(前祭)・神幸祭
18日~21日・・・山鉾建て(後祭)
21日~23日・・・宵山(後祭)
24日・・・山鉾巡行(後祭)・花傘巡行・還幸祭
31日・・・疫神社夏越祭(祇園祭の終わり)

【祇園祭 祇園囃子】
祇園祭宵山・山鉾巡行などで奏でられる祇園囃子は「コンチキチン」とも言われています。祇園囃子は室町時代末期に能楽(能・狂言)をヒントに奏でられるようになり、江戸時代に現在のような様式に整えられたと言われています。祇園囃子は鉦(かね・摺り鉦)・笛(能菅)・太鼓(締め太鼓)で編成されています。祇園囃子には山鉾に共通している部分もあるが、その多くは各山鉾町独自のものだそうです。なお山鉾巡行では四条烏丸から四条河原町までは緩テンポの渡り囃子、四条河原町以後は急テンポの戻り囃子が奏でられます。

【祇園祭 歴史・簡単概要】
祇園祭(ぎおんまつり)は平安時代前期の869年(貞観11年)に京都をはじめ全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が禁苑(宮中の庭)である神泉苑に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来の化身とされる牛頭天王(素戔嗚尊)を祀り、更に牛頭天王(素戔嗚尊)を主祭神とする八坂神社に3基の神輿を送り、病魔退散を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。その後970年(天禄元年)から毎年旧暦6月14日に行われるようになりました。
*参考・・・八坂神社・祇園祭ホームページ祇園祭wikipedia

【八坂神社 歴史・簡単概要】
八坂神社(やさかじんじゃ)は起源が明確ではありません。八坂神社は656年(斉明天皇2年)高麗から来日した調進副使・伊利之使主(いりしおみ)が新羅・牛頭山に座した素戔嗚尊(すさのおのみこと)=牛頭天王(ごずてんのう)を山城八坂郷に奉斎したのが起源とも、876年(貞観18年)南都の僧・円如が堂(観慶寺)を建立し、薬師千手等の像を奉安したのが起源とも言われています。
八坂神社歴史年表
*参考・・・八坂神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ八坂神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【祇園祭2017 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
祇園祭2017では宵山が前祭・後祭ともに週末にあたることから例年よりも人出が多くなるかもしれません。
祇園祭宵山2017

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 鈴虫寺大根焚き

    2017年12月のイベント

    京都市内などで2017年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 嵐山花灯路

    嵐山花灯路2017/12/8~17

    嵐山花灯路2017は京都の晩秋の風物詩です。嵐山花灯路は毎年12月に行われています。嵐山花灯路は嵐山…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山紅葉
    京都紅葉見ごろ2017(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…
  2. 伏見稲荷大社
    京都初詣ランキングは初詣の人出などからランキングしたものです。初詣ランキングの中には日本人だけでなく…
  3. 祇園祭
    祇園祭2018日程を紹介しています。祇園祭は毎年7月1日から31日までの1か月間に渡り、神事・行事・…
  4. 葵祭
    葵祭2018日程を紹介しています。葵祭は毎年5月15日に行われています。ただ葵祭の前儀(関連行事)は…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る