安井金比羅宮秋季金比羅大祭2017/10/1~10

秋季金比羅大祭

秋季金比羅大祭2017は京都の秋の風物詩です。秋季金比羅大祭は毎年10月1日から体育の日まで行われています。秋季金比羅大祭では本殿に祀っている神霊を鳳輦(ほうれん)に移して、鳳輦を本殿前の拝殿に置くことから1年に唯一神霊に近付け、神徳を頂ける機会とされています。(詳細下記参照)

【秋季金比羅大祭2017 日程時間(要確認)】
秋季金比羅大祭2017は2017年(平成29年)10月1日(日曜日)~10日(火曜日)まで行われます。

【秋季金比羅大祭2017・安井金比羅宮 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区東大路松原上ル下弁天町70
最寄り駅・バス停・・・東山安井(徒歩約1分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から安井金比羅宮は206系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は祇園四条駅(徒歩約10分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は河原町駅(徒歩約15分)

【秋季金比羅大祭2017 イベント(要確認)】
●1日9:00から御斎竹神事が行われます。
●6日8:30から出御祭、20:00から遷御が行われます。
●7日19:00から宵宮祭が行われます。
●8日11:00から神幸祭、14:30から渡御が行われます。
●9日9:00から納輦祭が行われます。
●10日11:00から例祭が行われます。

スポンサーリンク


【秋季金比羅大祭 歴史・簡単概要】
安井金比羅宮秋季金比羅大祭(しゅうきこんぴらたいさい)・例祭(れいさい)は年中祭事の内で最も重要な祭礼です。秋季金比羅大祭では本殿に祀っている神霊を鳳輦(ほうれん)に移し、鳳輦を本殿前の拝殿に置くことから1年に唯一神霊に近付け、神徳を頂ける機会とされています。なお秋季金比羅大祭では次のような行事が行われます。
御斎竹神事・・・3カ所の鳥居に斎竹(いみたけ)を建てて注連縄を張り、不浄の進入を防ぎ、秋季金比羅大祭が無事に行われるように祈願します。
例祭・・・年中祭事の内で最も重要な祭儀です。例祭では神前に海川山野の神饌(しんせん)を供えます。
出御祭・・・鳳輦・宝船の花車・子供神輿などを蔵から出し、飾り付けします。
遷御・・・境内の明かりを消した浄暗の中、本殿の神霊を鳳輦・子供神輿に移します。
宵宮祭・・・餅つきで鏡餅を作り、鳳輦・子供神輿に供えます。
神幸祭・・・本殿の扉を開き、宮司が祝詞を奏上し、神幸渡御(氏子地区の巡行)の無事・皇室の弥栄・国家の安寧・世界の平和・参拝者のご多幸などを祈願します。
渡御・・・鳳輦・宝船の花車・子供神輿・獅子舞などが氏子地区を巡行します。
納輦祭・・・鳳輦などを片付け、秋季金比羅大祭の終了を奉告します。
例祭は神社が毎年行う祭礼の内、最も重要な祭礼とされています。例祭は1年に1回行われることが多いが、神社によっては春・秋など1年に2回行われこともあります。なお例祭は例大祭(れいたいさい)とも言われるが、例大祭は俗称で、正式には大祭式例祭(たいさいしきれいさい)と言うそうです。

【安井金比羅宮 歴史・簡単概要】
安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)は藤原鎌足(ふじわらのかまたり)が藤原氏の繁栄を祈願する一堂を建立し、藤を植えた藤寺が起源と言われています。崇徳天皇は藤を愛でる為に度々行幸したと言われています。その後1177年(治承元年)大円法師が藤寺・観音堂を参拝した際に崇徳天皇の霊が現れ、建治年間に後白河法皇の詔により、光明院観勝寺が建立されました。しかし応仁の乱の兵火によって荒廃し、1695年(元禄8年)太秦安井の蓮華光院跡に移され、鎮守に崇徳天皇に加えて、讃岐・金刀比羅宮から勧請した大物主神(おおものぬし)と源頼政(みなもとのよりまさ)を祀りました。なお明治維新後の廃仏毀釈により、光明院観勝寺は廃寺になり、安井神社に名称を改め、第二次大戦後には更に安井金比羅宮に改めました。
*参考・・・安井金比羅宮(アクセス・歴史・・・)ホームページ安井金比羅宮(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【秋季金比羅大祭2017 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
安井金比羅宮(アクセス・見どころ・・・)情報安井金比羅宮見どころ

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 源光庵
    源光庵アクセスでは京都駅前(A3乗り場)から鷹峯源光庵前まで行く市バス6系統(所要時間約42分)がお…
  2. 永観堂
    永観堂アクセスでは京都駅から地下鉄烏丸線に乗って烏丸御池駅に向かい、烏丸御池駅で地下鉄東西線に乗り換…
  3. 東福寺
    東福寺アクセスでは京都駅から奈良駅を結ぶJR奈良線がおすすめです。東福寺の最寄り駅である東福寺駅は京…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る