笠置山もみじ公園ライトアップ2016/11/1~30

ライトアップ2016は京都の秋の風物詩です。ライトアップは毎年紅葉が見ごろを迎える時期に行われています。ライトアップでは笠置寺(かさぎでら)近くのもみじ公園などがライトアップされます。ちなみにライトアップ期間中には笠置もみじまつりも行われます。(要確認)

【ライトアップ2016 日程時間(要確認)】
ライトアップ2016は2016年(平成28年)11月1日~30日 17:30~21:00まで行われます。
京都紅葉ライトアップ2017

【ライトアップ・笠置山もみじ公園(笠置山自然公園) アクセス・地図】
場所・・・京都府相楽郡笠置町笠置
最寄り駅・バス停・・・笠置駅(徒歩約45分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR関西本線

スポンサーリンク


【ライトアップ 歴史・簡単概要】
笠置山もみじ公園ライトアップは紅葉が見ごろを迎える時期に行われています。ライトアップでは笠置寺(かさぎでら)近くのもみじ公園などがライトアップされます。ちなみにライトアップ期間中には笠置もみじまつりも行われます。(要確認)なお紅葉は例年11月上旬頃から11月下旬頃に見ごろを迎えます。
笠置寺は起源が明確ではありません。笠置山はかつて山中に点在する巨石を神として崇拝する磐座(いわくら)信仰の場所でした。奈良時代には巨石に磨崖仏(まがいぶつ)が刻まれ、礼拝堂や寺院が建立されたと言われています。また「笠置寺縁起」によると笠置寺は682年(白鳳11年)に大海人皇子(第40代・天武天皇)が創建したとも言われています。(諸説あり)
紅葉は緑色の色素・クロロフィル(葉緑素)が分解され、赤色の色素・アントシアンが生成されることで起こります。黄葉は気温の低下により、緑色の色素・クロロフィルが分解され、黄色の色素・カロチノイドだけが残ることで起こります。なおアントシアニンは植物において広く存在する色素、カロテノイドは黄・橙・赤色などを示す天然色素です。

【笠置山もみじ公園・笠置山自然公園 歴史・簡単概要】
笠置山自然公園(かさぎやましぜんこうえん)は淀川水系の支流で一級河川・木津川(きづがわ)の南岸にそびえる標高289メートルの笠置山と木津川の峡谷を中心とした面積約19.96ヘクタールの公園です。ちなみに笠置山は古くから信仰の山・修験道の道場とされ、奈良時代に創建された笠置寺や南朝の初代天皇で、第96代・後醍醐天皇(1318年(文保2年~1339年(暦応2年))の仮の御所・行在所(あんざいしょ)跡、そして弥勒石・虚空蔵石・薬師石などの石仏や名切石・太鼓石などの名石・巨石・奇岩・怪石が点在しています。また笠置山にはアラカシ・クヌギ・アオキなどの広葉樹が自生し、木津川河川敷沿いには染井吉野などの桜が植えられています。笠置山自然公園は1932年(昭和7年)に史跡・名勝に指定され、1964年(昭和39年)には京都府立自然公園になりました。なお笠置山自然公園にはもみじ公園があり、毎年11月にはライトアップが行われます。(要確認)
*参考・・・笠置山もみじ公園・笠置山自然公園(アクセス・歴史・・・)笠置山もみじ公園・笠置山自然公園(アクセス・歴史・・・)

【ライトアップ2016 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
笠置山もみじ公園・笠置山自然公園(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 護王神社夏越大祓

    2017年6月のイベント

    京都市内などで2017年6月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…
  2. 祇園祭

    祇園祭2017日程

    祇園祭日程を紹介しています。祇園祭は毎年7月1日から31日までの1か月間に渡り、神事・行事・イベント…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る