粟田神社新嘗祭・火焚祭2015/11/23

粟田神社

新嘗祭・火焚祭2015は京都の秋の風物詩です。新嘗祭・火焚祭は毎年11月23日に行われます。新嘗祭・火焚祭では神事の後に氏子などの願いが込められた火焚串(護摩木)を護摩壇で焚き上げ、祈願成就を願います。

【新嘗祭・火焚祭2015 日程時間(要確認)】
新嘗祭・火焚祭2015は2015年(平成27年)11月23日(月曜日)14:00から行われます。

【新嘗祭・火焚祭2015 粟田神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区粟田口鍛冶町1番地
最寄り駅・バス停・・・神宮道(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは5系統(A1乗り場)、100系統(D1乗り場)
*四条河原町からは5系統、46系統
*四条大宮・四条烏丸・四条京阪からは46系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【新嘗祭・火焚祭 歴史・簡単概要】
粟田神社新嘗祭・火焚祭(にいなめさい・ひたきさい)は秋の収穫・五穀豊穣に感謝し、氏子などの願いが込められた火焚串(護摩木)をかまど型に組まれた護摩壇で焚き上げ、祈願成就を願います。火焚祭では本殿で神事を行った後に護摩壇に点火し、氏子などの参列者が火焚串を投入します。なお最後にみかんが焼きみかんにされます。焼きみかんには風邪除けのご利益があると言われています。
新嘗祭(にいなめさい・しんじょうさい)は古くから宮中で行われていた祭祀(祭儀)のひとつです。新嘗祭では天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)に供え、自らも食して収穫に感謝し、翌年の豊穣を祈願しました。なお新嘗祭は火焚祭の起源になったとも言われ、火焚祭は新嘗祭と言われることもあります。

【粟田神社 歴史・簡単概要】
粟田神社(あわたじんじゃ)は起源が明確ではありません。粟田神社は古代の豪族・粟田氏が氏神として祀ったのが起源とも言われています。また粟田神社は876年(貞観18年)に第56代・清和天皇が兵火や疫病に対する勅を発し、全国の諸神にお供えをして、国家と民の安全を祈願させた際、大己貴命(おおなむちのみこと)からの神告により、八坂神社の祭神・素戔鳴尊(牛頭天王)に縁があるに現在の場所に造営されたとも言われています。勅使・藤原興世が7日7晩八坂神社で祈願した際、満願の夜に老翁が枕物に立ち、「我を祀れば、必ず国家と民は安全なり」と告げられたことから朝廷に奏上し、勅命によって社殿を造営して、大己貴命・素戔鳴尊を祀ったとも言われています。粟田神社は以前感神院新宮(かんじんいんしんぐう)・粟田天王宮(あわたてんのうぐう)と言われていたが、明治時代に粟田神社に名称を改めました。なお粟田神社は主座に素戔嗚尊・大己貴命、左座に八大王子命、右座に櫛稲田姫命・神大市比賣命・佐須良比賣命を祀っています。
*参考・・・粟田神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ粟田神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【新嘗祭・火焚祭2015 備考】*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
粟田神社新嘗祭・火焚祭2015ではみかん・おこし・お火焚き饅頭などのお下がりがあります。
粟田神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂

    2017年11月のイベント

    京都市内などで2017年11月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 源光庵
    源光庵アクセスでは京都駅前(A3乗り場)から鷹峯源光庵前まで行く市バス6系統(所要時間約42分)がお…
  2. 永観堂
    永観堂アクセスでは京都駅から地下鉄烏丸線に乗って烏丸御池駅に向かい、烏丸御池駅で地下鉄東西線に乗り換…
  3. 東福寺
    東福寺アクセスでは京都駅から奈良駅を結ぶJR奈良線がおすすめです。東福寺の最寄り駅である東福寺駅は京…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る