粟田神社粟田祭2017/10/7~15

粟田祭

粟田祭2017(粟田神社大祭)は京都の秋の風物詩です。粟田祭は毎年体育の日の前々日の土曜日から数日間行われます。なお粟田祭では粟田神社の神職による祝詞奏上・知恩院の僧侶による読経という神仏習合で行われたり、神輿渡御の際には青蓮院の門主から御加持を受けたりします。(詳細下記参照)

【粟田祭2017 日程時間(要確認)】
粟田祭2017は2017年(平成29年)10月7日(土曜日)~15日(日曜日)まで行われます。

【粟田祭2017・粟田神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区粟田口鍛冶町1番地
最寄り駅・バス停・・・神宮道(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは5系統(A1乗り場)、100系統(D1乗り場)
*四条河原町からは5系統、46系統
*四条大宮・四条烏丸・四条京阪からは46系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は東山駅(徒歩約7分)、蹴上駅(徒歩約7分)

【粟田祭2017 イベント(要確認)】
●7日18:30から石見神楽奉納、19:30から奉献酒抽選会・福引、22:00頃から御出祭が行われます。
●8日18:00から夜渡り神事行列出発、18:35かられいけん祭が行われます。
●9日11:45から神幸祭、12:50から神輿渡御列出発、18:15から還幸祭が行われます。
●15日11:00から例大祭が行われます。

スポンサーリンク


【粟田祭 歴史・簡単概要】
粟田神社粟田祭(あわたまつり)・大祭(たいさい)は1001年(長保3年)旧暦9月9日の夜、一人の神童が八坂神社に現れ、「今日より7日後に八坂神社の東北の地に瑞祥が現れる。そこに神幸すべし。」と神人に告げ、7日後の9月15日にお告げの通りに瑞光が現れたことから神幸が始まったのが起源と言われています。粟田祭では1832年(天保3年)以来途絶えていた風流灯籠(ふうりゅうどうろう)・粟田大燈呂(あわただいとうろ)が2008年(平成20年)から復活しました。なお粟田祭は室町時代に比叡山延暦寺の影響力により、八坂神社の祭礼・祇園祭が行われなかった際、粟田祭が代わりに行われたとも言われています。
粟田祭は1千年以上の歴史を持つ10月最大の祭礼です。粟田祭は体育の日の前々日の御出祭(おいでまつり)、体育の日の前日の夜渡り神事(よわたりしんじ)・れいけん祭、体育の日の神幸祭(しんこうさい)・還幸祭(かんこうさい)、15日の例大祭(れいたいさい)に分かれています。
御出祭では神輿に本殿に分霊を移します。御出祭の前には石見神楽など伝統芸能を奉納する神賑行事(しんしんぎょうじ)などのイベントが行われます。(要確認)
夜渡り神事・けいれん祭では神職・松明・高張提灯・阿古陀鉾・地蔵鉾・粟田大燈呂(あわただいとうろ)などが氏子地区を巡行します。知恩院の黒門近くにの瓜生石(うりゅうせき)前では祭壇を設け、粟田神社の神職による祝詞奏上・知恩院の僧侶による読経という神仏習合で行われます。祭礼の内では瓜生石の回りを神職・僧侶などが3回巡拝するれいけんが行われます。
神幸祭では剣鉾・神輿・子供神輿などが氏子地区を巡行します。巡行途中の青蓮院では普段閉まっている四脚門が開かれ、神輿が青蓮院の中に入り、青蓮院の門主から加持を受けます。なお巡行が終了すると粟田神社に戻り、神輿から分霊を本殿に移す還幸祭が行われます。
例大祭では粟田神社にゆかりがある八坂神社からの幣帛供進(お供え)の為に神職が訪れます。なお例大祭では舞楽(神楽・雅楽)が奉納されます。
瓜生石は知恩院の七不思議に数えられ、誰も植えた覚えがないのに瓜が花を咲かせて青々と実ったとも、八坂神社の祭神・牛頭天王(ごずてんのう)が瓜生山に降臨し、その後瓜生石に来現して一夜の内に瓜が実ったとも言われています。また約400年前の旧暦9月14日の夜、石の上に瓜が覆い、光り輝いていた御金札(金のおふだ)に粟田神社(感神院新宮)の銘があり、神の降臨とされ、御金札は粟田神社に納められ、石は瓜生石と名付けられたとも言われています。

【粟田神社 歴史・簡単概要】
粟田神社(あわたじんじゃ)は起源が明確ではありません。粟田神社は古代の豪族・粟田氏が氏神として祀ったのが起源とも言われています。また粟田神社は876年(貞観18年)に第56代・清和天皇が兵火や疫病に対する勅を発し、全国の諸神にお供えをして、国家と民の安全を祈願させた際、大己貴命(おおなむちのみこと)からの神告により、八坂神社の祭神・素戔鳴尊(牛頭天王)に縁があるに現在の場所に造営されたとも言われています。勅使・藤原興世が7日7晩八坂神社で祈願した際、満願の夜に老翁が枕物に立ち、「我を祀れば、必ず国家と民は安全なり」と告げられたことから朝廷に奏上し、勅命によって社殿を造営して、大己貴命・素戔鳴尊を祀ったとも言われています。粟田神社は以前感神院新宮(かんじんいんしんぐう)・粟田天王宮(あわたてんのうぐう)と言われていたが、明治時代に粟田神社に名称を改めました。なお粟田神社は主座に素戔嗚尊・大己貴命、左座に八大王子命、右座に櫛稲田姫命・神大市比賣命・佐須良比賣命を祀っています。
*参考・・・粟田神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ粟田神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【粟田祭2017 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
粟田祭2017では御幣守り・身代わり札が巡行中に販売されます。(要確認)
粟田神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 時代祭
    時代祭2017日程は10月15日の参役宣状祭から10月23日の後日祭まで行われます。その内、10月2…
  3. 晴明神社
    京都パワースポット情報を紹介しています。京都にはたくさんの観光スポットがあるが、その中にはご利益やパ…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る