紫陽花名所

三室戸寺

紫陽花名所(あじさい名所)情報を紹介しています。京都には紫陽花の名所とされる寺院・神社などが結構あり、その内紫陽花の種類や株数が多い寺院・神社を紹介します。ちなみに紫陽花が見頃を迎える6月から7月に掛けて、イベントが行われる寺院・神社もあります。

【紫陽花名所・あじさい名所 マップ・地図】

【紫陽花名所・あじさい名所 基礎知識】
紫陽花はアジサイ科アジサイ属の落葉低木で、日本原産とも言われています。紫陽花は土壌のペーハーにより、色が変わることから七変化・八仙花とも言われています。ちなみに土壌が酸性の場合には青色、土壌が中性・アルカリ性の場合には赤色になります。なお紫陽花の名称は藍色が集まったものを意味する集真藍(あづさい)が転訛したものとも言われています。

スポンサーリンク


【紫陽花名所・あじさい名所 松尾大社】
松尾大社はあじさい苑などに約30種・約1,000株の紫陽花が植えられ、例年6月下旬頃から7月中旬頃に見頃を迎えます。なお松尾大社は太古の昔、松尾山の山霊を頂上に近い大杉谷の上部の磐座(いわくら)に祀ったのが起源と言われています。その後秦の始皇帝の子孫と称する渡来系氏族・秦氏(はたうじ)が松尾山の神を秦氏の総氏神として、平安京遷都以前から奉斎してきました。
梅宮大社・紫陽花名所

【紫陽花名所・あじさい名所 梅宮大社】
梅宮大社は神苑に額あじさい・玉あじさい・柏葉あじさい・山あじさいなど約60種・約500本の紫陽花が植えられ、例年6月上旬頃から7月上旬頃に見頃を迎えます。なお梅宮大社は奈良時代前期に橘諸兄の母・県犬養三千代)が橘氏の氏神として祀ったのが起源です。その後平安時代前期に嵯峨天皇の檀林皇后(橘嘉智子)が現在の場所に移しました。
梅宮大社・紫陽花名所

【紫陽花名所・あじさい名所 三室戸寺】
三室戸寺はあじさい園などに西洋アジサイ・額アジサイ・柏葉アジサイ・七段花など50種・10,000株の紫陽花が植えられ、例年6月中旬頃から7月上旬頃に見頃を迎えます。6月中旬頃から6月下旬頃の土曜日・日曜日(19:00~21:00)にはライトアップも行われるそうです。(要確認)なお三室戸寺は寺伝によると770年(宝亀元年)光仁天皇の勅願により、南都大安寺の僧・行表(ぎょうひょう)が岩淵から出現した千手観音菩薩を本尊として創建したと言われています。三室戸寺は当初御室戸寺と称したと言われています。
三室戸寺・紫陽花名所

【紫陽花名所・あじさい名所 藤森神社】
藤森神社は境内2ヶ所の紫陽花苑などに西洋アジサイ・額アジサイ・柏葉アジサイ・桑葉アジサイ・おたふくアジサイ・アナベルなど約40種・約3,500株の紫陽花が植えられ、例年6月上旬頃から7月上旬頃に見頃を迎えます。なお藤森神社は社伝によると203年(神功皇后摂政3年)神功皇后(じんぐうこうごう)が三韓征伐(さんかんせいばつ)から凱旋した際、軍旗や武具を埋めて塚を造ったのが起源と言われています。その後816年(弘仁7年)に伏見稲荷大社の社殿が稲荷山から現在の場所に造営されたことから現在の場所に移ったとも言われています。
藤森神社・紫陽花名所

【紫陽花名所・あじさい名所 京都府立植物園】
京都府立植物園はアジサイ園などに品種改良前の日本原産の額アジサイ・日本原産でヨーロッパで品種改良され西洋アジサイ・山アジサイなど約200種・約2,500株の紫陽花が植えられ、例年6月上旬頃から7月上旬頃に見頃を迎えます。なお京都府立植物園は1924年(大正13年)に日本最初の公立植物園として開園しました。ちなみに京都府立植物園の敷地は明治時代までは上賀茂神社の境外末社・半木神社とその鎮守の森が広がっていたそうです。
京都府立植物園・紫陽花名所

【紫陽花名所・あじさい名所 岩船寺】
岩船寺には在来種のアジサイ・外来種のアジサイなど35種・約5,000株の紫陽花が植えられ、例年6月上旬頃から7月上旬頃に見頃を迎えます。なお岩船寺は行基(ぎょうき・ぎょうぎ)が聖武天皇の発願により、鳴川に阿弥陀堂を建立したが起源と言われています。その後空海が鳴川に善根寺(鳴河寺)を創建し、空海の甥である智泉が善根寺の東禅院灌頂堂に報恩院を建立し、1279年(弘安2年)に報恩院が現在の場所に移され、1285年(弘安8年)には岩船寺になったと言われています。
岩船寺・紫陽花名所

【紫陽花名所・あじさい名所 三千院】
三千院は奥の院あじさい苑に小アジサイ・星アジサイ・山アジサイ・額アジサイ・蔓アジサイなど1,000株以上の紫陽花が植えられ、例年6月中旬頃から7月まで見頃を迎えます。なお三千院は788年(延暦7年)に伝教大師・最澄が比叡山に延暦寺を創建した際、東塔南谷に自作の薬師如来像を本尊とする円融房(えんにゅうぼう)を建立したのが起源です。その後第3代天台座主の慈覚大師・円仁が引き継ぎ、平安時代後期以降は皇室や摂関家の子弟が入寺する宮門跡になりました。
三千院・紫陽花名所

【紫陽花名所・あじさい名所 善峯寺】
善峯寺は約3,000坪の白山あじさい苑に西洋アジサイ・額アジサイ・山アジサイなど約10,000株の紫陽花が植えられ、例年6月中旬頃から7月上旬頃に見頃を迎えます。なお善峯寺は1029年(長元2年)恵心僧都・源信の弟子・源算上人が自作の千手観音を小堂に安置したのが起源です。1034年(長元7年)に第68代・後一条天皇が鎮護国家の勅願所に定めて寺号・良峯寺のを賜り、1042年(長久3年)に第69代・後朱雀天皇勅命により、洛東鷲尾寺の千手観音が本尊として移されました。1192年(建久3年)に後鳥羽上皇(第82代・後鳥羽天皇)直筆の寺額・善峯寺を賜ったことから名称を改めました。
善峯寺・紫陽花名所

【紫陽花名所・あじさい名所 柳谷観音・楊谷寺】
柳谷観音はあじさいのみちや奥之院へ続くあじあさ回廊に城ケ崎・クロヒメ・シビラなど27種・4500株の紫陽花が植えられ、例年6月中旬頃から7月上旬頃に見頃を迎えます。なお柳谷観音は寺伝によると806年(大同元年)に清水寺を創建した延鎮上人・賢心が創建したとも言われています。延鎮上人は「西山にて生身の観音様に出会うことができる」という夢告により、清水寺から西山の柳(楊)が生い茂る渓谷に入り、岩上に古来から眼病に霊験あらたかな生身の十一面千手千眼観世音菩薩を見つけ、 その場所に堂宇を建立して祀ったそうです。
柳谷観音・紫陽花名所

【紫陽花名所・あじさい名所 観音寺・丹波あじさい寺】
観音寺には100種・1万株の紫陽花が植えられ、例年6月上旬頃から7月上旬頃に見頃を迎え、最盛期は6月18日頃から6月30日頃になるそうです。なお観音寺は寺伝によると720年(養老4年)にインドの帰化僧・法道仙人が本尊・十一面千手観音菩薩を刻んで草堂に安置したのが起源と言われています。その後961年(応和元年)に市聖(いちひじり)と言われた空也上人がが七堂伽藍を建立し、丹波地方の観音信仰の中心となったと言われています。
観音寺・紫陽花名所

【紫陽花名所・あじさい名所 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 大文字

    2017年8月のイベント

    京都市内などで2017年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭は毎年10月22日に行われます。ただ時代祭の関連行事は毎年10月15日から行われ、時代祭終了後…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る