藤森神社紫陽花祭2018/6/15

藤森神社紫陽花

紫陽花祭は京都の初夏の風物詩です。紫陽花祭は毎年6月15日に行われています。紫陽花祭では神前に紫陽花の咲き具合などを報告します。紫陽花祭では紫陽花の献花・献茶・祝詞奏上などの神事が行われます。なお藤森神社では6月上旬頃から紫陽花苑の公開が行われ、開苑期間中には様々なイベントが行われます。(要確認)(詳細下記参照)

【紫陽花祭2018 日程時間(要確認)】
紫陽花祭2018は2018年(平成30年)6月15日(金曜日)10:00から行われます。なお紫陽花苑は6月2日(9:00~17:00)から公開されています。
藤森神社紫陽花苑公開

【紫陽花祭・藤森神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市伏見区深草鳥居崎町609
最寄り駅・バス停・・・藤森駅(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からはJR奈良線

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は墨染駅(徒歩約4分)、藤森駅(徒歩約5分)

スポンサーリンク


【紫陽花祭 歴史・簡単概要】
藤森神社紫陽花祭(あじさいまつり)は1989年(平成元年)から行われている祭礼です。紫陽花祭では神前に紫陽花の咲き具合などを報告します。紫陽花祭では紫陽花の献花・献茶・祝詞奏上などの神事が行われます。なお藤森神社では6月上旬頃から紫陽花苑の公開が行われ、開苑期間中には様々なイベントが行われます。(要確認)
紫陽花は境内2か所の紫陽花苑(合計約1500坪)に西洋紫陽花・額紫陽花・柏葉紫陽花・おたふく紫陽花・アナベルなど約40品種・約3500株が植えられています。紫陽花は6月上旬頃から見ごろを向かえ、紫陽花苑が約1か月間一般公開されます。なお紫陽花はアジサイ科アジサイ属の落葉低木で、日本原産とも言われています。紫陽花は土壌のペーハーにより、色が変わることから七変化・八仙花とも言われています。ちなみに土壌が酸性の場合には青色、土壌が中性・アルカリ性の場合には赤色になります。なお紫陽花の名称は藍色が集まったものを意味する集真藍(あづさい)が転訛したものとも言われています。

【藤森神社 歴史・簡単概要】
藤森神社(ふじのもりじんじゃ)は起源が明確ではありません。藤森神社は社伝によると203年(神功皇后摂政3年)神功皇后(じんぐうこうごう)が三韓征伐(さんかんせいばつ)から凱旋した際、軍旗や武具を埋めて塚を造ったのが起源と言われています。その後816年(弘仁7年)に伏見稲荷大社の社殿が稲荷山から現在の場所に造営されたことから現在の場所に移ったとも言われています。なお東殿は759年(天平宝字3年)崇道尽敬皇帝(舎人親王)を祀る神社として、藤尾の地に創建されたが、1438年(永享10年)に合祀されました。また西殿は800年(延暦19年)早良親王を祀る神社として、塚本の地に創建されたが、1470年(文明2年)に合祀されました。
*参考・・・藤森神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ藤森神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【紫陽花祭 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
藤森神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 時代祭

    2018年10月のイベント

    京都市内などで2018年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 時代祭

    時代祭2018/10/22

    時代祭2018は京都の秋の風物詩です。時代祭2018・時代行列進発は10月22日に行われます。時代祭…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 船岡大祭
    船岡大祭は京都の秋の風物詩です。船岡大祭は毎年10月19日に行われています。船岡大祭では織田信長が好…
  2. 斎宮行列
    斎宮行列2018は京都の秋の風物詩です。斎宮行列は毎年10月の第3日曜日に行われています。斎宮行列は…
  3. 笠懸神事
    笠懸神事2018は京都の秋の風物詩です。笠懸神事は毎年10月の第3日曜に行われています。笠懸では約5…
  4. 春日祭
    春日祭2018は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  5. 清水寺ピンクイルミネーション
    ピンクイルミネーションは京都の秋の風物詩です。ピンクイルミネーションは毎年10月上旬頃から下旬頃まで…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る