カテゴリー:織田信長

  • 義照稲荷社御火焚祭

    義照稲荷社御火焚祭2017/11/23

    御火焚祭2017は京都の秋の風物詩です。御火焚祭は毎年11月23日に行われます。御火焚祭では先ず神職による祝詞奏上・玉串奉奠などの神事が行われます。その後義照稲荷社の忌火(いみび)によって護摩壇に点火し、氏子などの願いが込められた火焚串(護摩木)を焚き上げ、無病息災・火難除けなどの祈願成就を願います。
  • 船岡大祭

    建勲神社船岡大祭2017/10/19

    船岡大祭2017は京都の秋の風物詩です。船岡大祭は毎年10月19日に行われています。船岡大祭では織田信長が好んだと言われている敦盛(あつもり)が必ず奉納されます。織田信長は「人間50年、下天のうちをくらぶれば夢幻の如くなり ひとたび生を得て滅せぬもののあるべきか(現代語訳)」という一節を好んだと言われています。
  • 義照稲荷社御火焚祭

    義照稲荷社御火焚祭2015/11/23

    御火焚祭2015は京都の秋の風物詩です。御火焚祭は毎年11月23日に行われます。御火焚祭では氏子などの願いが込められた護摩木(火焚串)を義照稲荷社に通じる階段下に設けられた護摩壇で焚き上げ、祈願成就を願います。
  • 総見院

    総見院

    総見院の境内にある胡蝶佗助(侘助椿)は豊臣秀吉が千利休から譲り受けて植えたと言われ、「豊公遺愛のわびすけ」の碑が立っています。なお胡蝶佗助は樹齢400年の日本最古の侘助椿で、市指定の天然記念物になっています。
  • 建勲神社

    建勲神社

    建勲神社がある土地は豊臣秀吉が織田信長を慰霊する為、正親町天皇から「天正寺」の寺号を賜り、信長像を安置しようとした場所です。ただ「天正寺」の竣工は中途に終わり、その後織田信長の霊地として保護されていたそうです。
  • 本能寺跡

    本能寺跡

    本能寺跡は1582年(天正10年)6月21日(旧暦の6月2日)に織田信長が家臣・明智光秀の謀反により、寺に火を放って自害した本能寺があった場所です。なお本能寺は1591年(天正19年)関白・豊臣秀吉が中京区寺町通御池下ル下本能寺前町522に移して再建しました。
  • 船岡大祭

    建勲神社船岡大祭2015/10/19

    船岡大祭2015は京都の秋の風物詩です。船岡大祭は毎年10月19日に行われています。船岡大祭では織田信長が好んだと言われている仕舞「敦盛(あつもり)」や舞楽が舞殿で奉納されます。なお船岡大祭では宝物展示や火縄銃の演武などが行われる場合もあります。
  • 阿弥陀寺

    阿弥陀寺

    阿弥陀寺は信長公本廟所と言われています。1917年(大正6年)織田信長に正一位を追贈する位階追陞(いかいついしょう)の為、宮内庁の調査により、阿弥陀寺の信長公墓が廟所であると確認され、勅使の来訪があったと言われています。
  • 本能寺

    本能寺

    本能寺は織田信長が明智光秀の謀反よって討たれた「本能寺の変」で知られています。ただ「本能寺の変」が起こった当時の本能寺は現在とは別の場所にあり、その場所の堀跡の屁泥の中からは焼けたと思われる瓦が見つかっています。

京都観光 イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 時代祭
    時代祭2017日程は10月15日の参役宣状祭から10月23日の後日祭まで行われます。その内、10月2…
  3. 晴明神社
    京都パワースポット情報を紹介しています。京都にはたくさんの観光スポットがあるが、その中にはご利益やパ…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る