京都府立植物園菊花展2017/10/20~11/15

京都府立植物園

菊花展2017は京都の秋の風物詩です。菊花展は毎年菊が見ごろを迎える時期に行われています。菊花展(きっかてん)は大芝生地特設展示場で行われ、大菊・小菊(懸崖作り・盆栽作り)・古典菊(嵯峨菊)・洋菊など数百鉢が展示されます。なお菊花展では即売会も行われます。(詳細下記参照)

【菊花展2017 日程時間(要確認)】
菊花展2017は2017年(平成29年)10月20日(金曜日)~11月15日(水曜日)9:00~17:00まで行われます。

【菊花展2017・京都府立植物園 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区下鴨半木町
最寄り駅・バス停・・・北山駅(徒歩約8分)、北大路駅(徒歩約12分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から京都府立植物園は地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ

スポンサーリンク


【菊花展 歴史・簡単概要】
京都府立植物園菊花展(きっかてん)は大芝生地特設展示場で行われます。菊花展では大菊・小菊(懸崖作り・盆栽作り)・古典菊(嵯峨菊)・洋菊など数百鉢が展示されます。ちなみに菊は愛好家や府立農芸高校の学生などが丹精込めて育てたものだそうです。なお菊花展では即売会も行われます。
菊はキク科キク属の多年草です。日本には古来中国から伝わったと言われ、現在約350種が自生しています。ちなみに日本最古の和歌集・万葉集には157種の植物が詠まれているが、菊を詠んだ和歌は一首もなく、飛鳥時代・奈良時代に菊がなかったことを推測させるそうです。なお菊は花の大きさで大菊・中菊・小菊、花の花びらで一重・八重に分けられます。花の色は多様で、白・黄・赤などがあります。
嵯峨菊は江戸菊・肥後菊と合わせて、日本三大名菊に数えられています。また嵯峨菊は江戸菊・肥後菊・嵯峨菊・伊勢菊・美濃菊などと古代菊とも言われています。なお嵯峨菊は嵯峨・大覚寺で栽培され、かつては門外不出とされていました。嵯峨菊は花弁が平弁で、五十四弁です。花の色は白(御所の雪)・黄(御所の秋)・赤(御所の綿)・ピンク(御所の春)などの単色が中心です。

【京都府立植物園 歴史・簡単概要】
京都府立植物園(きょうとふりつしょくぶつえん)は1924年(大正13年)に日本最初の公立植物園として開園しました。ただ太平洋戦争後の1946年(昭和21年)に連合国軍に接収され、1957年(昭和32年)に返還され、1961年(昭和36年)から再開しました。その後再開園30年の際、大規模な改修工事が行われ、1992年(平成4年)に日本最大級の温室が建設されました。なお京都府立植物園の敷地は明治時代までは上賀茂神社の境外末社・半木神社とその鎮守の森が広がっていたそうです。半木神社は上賀茂神社と下鴨神社の間にあることから半木神社と言われるようになったと言われています。
*参考・・・京都府立植物園(アクセス・歴史・・・)ホームページ京都府立植物園wikipedia

【菊花展2017 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
京都府立植物園(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂

    2017年11月のイベント

    京都市内などで2017年11月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 源光庵
    源光庵アクセスでは京都駅前(A3乗り場)から鷹峯源光庵前まで行く市バス6系統(所要時間約42分)がお…
  2. 永観堂
    永観堂アクセスでは京都駅から地下鉄烏丸線に乗って烏丸御池駅に向かい、烏丸御池駅で地下鉄東西線に乗り換…
  3. 東福寺
    東福寺アクセスでは京都駅から奈良駅を結ぶJR奈良線がおすすめです。東福寺の最寄り駅である東福寺駅は京…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る