葵祭ルートコース

葵祭

葵祭ルートコースを紹介しています。葵祭・路頭の儀では人約500名・馬約40頭・牛4頭・牛車2台・輿(こし)1丁などの長さ約1キロの行列が先ず京都御所(京都御苑)から下鴨神社に向かいます。下鴨神社での神事終了後、次に下鴨神社から上賀茂神社に向かいます。ちなみに上賀茂神社でも神事が行われます。葵祭ルートコースは約8キロになります。

【葵祭ルートコース 葵祭2017日程】
葵祭・路頭の儀(行列巡行)は2017年(平成29年)5月15日10:30から行われます。ただ悪天候の場合、翌16日に順延されます。
葵祭2017(斎王代・ルート・行事・・・)
葵祭2017日程

【葵祭ルートコース マップ・地図】

●葵祭ルートコースは午前中の京都御所から下鴨神社、午後からの下鴨神社から上賀茂神社に分かれます。

【葵祭ルートコース 葵祭2017タイムテーブル】
●京都御所から下鴨神社までのタイムテーブル
京都御所出発(10:30)→堺町御門→丸太町通(11:00頃)→河原町通→下鴨神社到着(11:40頃)

●下鴨神社から上賀茂神社までのタイムテーブル
下鴨神社出発(14:20)→下鴨本通→洛北高校前(14:40頃)→北大路通→北大路橋(14:55頃)→賀茂川堤→上賀茂神社到着(15:30頃)

スポンサーリンク


【葵祭ルートコース 10:30京都御所出発】
葵祭の行列は京都御所の建礼門前から京都御苑の堺町御門まで南下します。
(葵祭ルートコース 京都御所豆知識)
●京都御所は794年(延暦13年)の平安京遷都の際、内裏に代わる臨時の里内裏・土御門東洞院殿があった場所です。南北朝時代に内裏に使用されるようになり、1392年(明徳3年)の南北朝の合一以後に正式な御所になりました。なお建礼門は京都御所の南面正門で、最も格式の高い門とされています。
京都御所・葵祭ルートコース
(葵祭ルートコース 京都御苑豆知識)
●京都御苑は江戸時代に200もの宮家・公家の邸宅が立ち並んでいた場所です。しかし明治維新後に荒廃し、1877年(明治10年)に岩倉具視が旧慣保存の為、御所の保存を建議し、京都府が整備しました。なお堺町御門は京都御苑九門のひとつで丸太町通に面しています。ちなみに堺町門番所は正門の門番所に位置付けられています。
京都御苑・葵祭ルートコース

【葵祭ルートコース 丸太町通】
葵祭の行列は堺町御門から河原町丸太町交差点まで丸太町通を東に進みます。
(葵祭ルートコース 丸太町通豆知識)
●丸太町通は京都御苑の南側を東端の鹿ヶ谷通から西端の嵯峨釈迦堂大門町まで東西に走っています。丸太町通の名称はかつて西堀川に材木商が多かったことに由来しています。

【葵祭ルートコース 11:00頃河原町丸太町交差点到着】
葵祭の行列は河原町丸太町交差点から出町橋付近まで河原町通を北上します。
(葵祭ルートコース 河原町通豆知識)
●河原町通は京都御苑の東側を北端の葵橋西詰から南端の十条通まで南北に走っています。河原町通は安土桃山時代の関白・豊臣秀吉による京都改造後に開かれ、名称は鴨川の河原だったことに由来しています。

【葵祭ルートコース 11:40頃下鴨神社到着】
葵祭の行列は賀茂川(鴨川)に架かる出町橋・糺の森(ただすのもり)を通って下鴨神社に到着します。下鴨神社では社頭の儀などの神事が行われます。
(葵祭ルートコース 下鴨神社豆知識)
●下鴨神社は社伝によると神武天皇の御代に比叡山西麓の御蔭山(みかげやま)に賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)が降臨したのが起源と言われています。なお糺の森は国の史跡で、山背原野の原生樹林と同じ植生を現在も残していると言われています。
下鴨神社・葵祭ルートコース
(葵祭ルートコース 社頭の儀豆知識)
●勅使が下鴨神社の祭神に祭文(さいもん)・宣命(せんみょう)を奏上し、幣物(へいもつ)を奉納します。
社頭の儀(下鴨神社)・葵祭ルートコース

【葵祭ルートコース 14:20下鴨神社出発】
葵祭の行列は下鴨神社での神事終了後、下鴨神社から下鴨本通を北上します。
(葵祭ルートコース 下鴨本通豆知識)
●下鴨本通は下鴨神社の西側を南北に走り、賀茂川(鴨川)に架かる葵橋を介して河原町通と繋がっています。

【葵祭ルートコース 14:40頃下鴨本通北大路交差点到着】
葵祭の行列は下鴨本通北大路交差点(洛北高校前)から北大路通を西に進みます。
(葵祭ルートコース 北大路通豆知識)
●北大路通は東端の白川通から西端の西大路通まで東西に走っています。北大路通は1925年(昭和元年)に市街地の外郭線として整備されました。

【葵祭ルートコース 14:55頃北大路橋到着】
葵祭の行列は賀茂川(鴨川)に架かる北大路橋を渡り、賀茂川西側の賀茂川堤を北上します。
(葵祭ルートコース 賀茂川豆知識)
●賀茂川(加茂川)は京都市を北から南に流れる淀川水系の一級河川・鴨川の上流部の名称です。鴨川は京都市北区にある標高約896メートルの桟敷ヶ岳(さじきがだけ)を源とし、上賀茂付近で京都盆地に出て、出町付近で高野川と合流します。なお葵祭の禊もかつては賀茂川(鴨川)で行われていました。
賀茂川・葵祭ルートコース

【葵祭ルートコース 15:30頃上賀茂神社到着】
葵祭の行列は賀茂川堤から賀茂川(鴨川)に架かる御薗橋(みそのばし)・一の鳥居を通って上賀茂神社に到着します。上賀茂神社では社頭の儀などの神事が行われます。
(葵祭ルートコース 上賀茂神社豆知識)
●上賀茂神社は社伝によると神代の昔に賀茂別雷命(かもわけいかづちのかみ)が現社殿の北北西にある秀峰・神山(こうやま)に降臨したのが起源とも言われています。
上賀茂神社・葵祭ルートコース
(葵祭ルートコース 社頭の儀豆知識)
●勅使が上賀茂神社の祭神に祭文(さいもん)・宣命(せんみょう)を奏上し、幣物(へいもつ)を奉納します。
社頭の儀(上賀茂神社)・葵祭ルートコース

【葵祭ルートコース 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。
葵祭見どころ

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 護王神社夏越大祓

    2017年6月のイベント

    京都市内などで2017年6月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…
  2. 祇園祭

    祇園祭2017日程

    祇園祭日程を紹介しています。祇園祭は毎年7月1日から31日までの1か月間に渡り、神事・行事・イベント…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 祇園祭
    祇園祭人気イベントを紹介しています。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1ヶ…
  2. 左大文字
    五山送り火2017(五山の送り火・大文字焼き)は京都の夏の風物詩です。五山送り火は毎年8月16日に行…
  3. 祇園祭
    祇園祭2017日程一覧を紹介しています。祇園祭は毎年7月1日から31日までの1か月間に渡り、神事・行…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る