西方寺六斎念仏2017/8/16

六斎念仏2017は京都の夏の風物詩です。六斎念仏は毎年8月16日に行われています。六斎念仏・念仏六斎は送り火法要(おくりびほうよう)で西方寺六斎念仏保存会によって奉納されます。なお西方寺は五山送り火のひとつである船形(船形万燈籠)を担当しています。(詳細下記参照)

【六斎念仏2017 日程時間(要確認)】
六斎念仏2017は2017年(平成29年)8月16日(水曜日)21:00頃から行われます。

【六斎念仏2017・西方寺 アクセス・地図(要確認)】
場所・・・京都府京都市北区西賀茂鎮守菴町50
最寄り駅・バス停・・・神光院前(徒歩約10分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から西方寺は9系統(B1乗り場)
*四条河原町からは37系統
*河原町丸太町からは37系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【六斎念仏 歴史・簡単概要】
西方寺六斎念仏(ろくさいねんぶつ)・念仏六斎は送り火法要(おくりびほうよう)で西方寺六斎念仏保存会によって奉納されます。西方寺は五山送り火のひとつである船形(船形万燈籠)を担当し、船形終了後に奉納されます。ちなみに船形の舳先(へさき)は西方浄土の方向を示し、船形には精霊船(しょうりょうぶね)の意味も込められているとも言われています。
六斎念仏は鉦や太鼓ではやし、念仏を唱えながら踊る民俗芸能・民間信仰です。六斎念仏は平安時代中期に踊り念仏で知られ、市聖(いちひじり)と言われた空也上人(くうやしょうにん)が始めたとも、鎌倉時代に西方寺(さいほうじ)を中興した道空上人(どうくうしょうにん)が始めたとも言われています。ちなみに六斎念仏の中でも笛などの楽器を使用し、娯楽要素の強い六斎念仏は芸能六斎とも言われています。現在六斎念仏には芸能色がほとんどなく、宗教色が強い干菜寺系(ほしなでらけい)念仏六斎と芸能色が強い空也堂系(くうやどうけい)芸能六斎があります。ただ空也堂系には宗教色が強い念仏六斎もあります。なお六斎念仏は1ヶ月に6日(8日・14日・15日・23日・29日・30日)ある忌み日・六斎日に行われたことから名付けられました。
送り火はお盆(盂蘭盆・うらぼん)の最後の日の夕方、お盆にあの世(冥府)から帰ってきたお精霊さん(死者の霊)を現世から再びあの世に送り出す行事です。送り火は各家の門前などで行われるものから五山送り火(ござんのおくりび)のように大規模・地域的に行われるものもあります。
船形は平安時代初期に第3代天台座主である慈覚大師・円仁が始めたと言われています。慈覚大師・円仁は847年(承和14年)唐からの帰路に暴風雨に見舞われたが、「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」と名号を紙に書いて海に投げ、「四海泰平(しかいたいへい)」と祈念されると暴風雨が静まり、無事に帰国することができたことからその船を形どって始めたと言われています。船形には慈覚大師・円仁が始めた説以外にも910年(延喜10年)に疫病が蔓延し、死者の初盆の供養に行われたという説、各地の風習となっていた燈籠流し(とうろうながし)の船が起源とする説もあります。

【西方寺 歴史・簡単概要】
西方寺(さいほうじ)は承和年間(834年~848年)に第3代天台座主である慈覚大師(じかくだいし)・円仁(えんにん)が創建し、天台宗山門派に属していたと言われています。その後正和年間(1312年~1316年)に浄土宗の僧・道空上人(どうくうしょうにん)が中興し、天台宗から浄土宗に改め、干菜寺(ほしなでら・光福寺)の末寺になり、六斎念仏(ろくさいねんぶつ)の寺と言われるようになりました。なお西方寺は毎年8月16日に行われる五山送り火のひとつをである船形(船形万灯籠・ふながたまんとうろう)を担当し、船形終了後に境内で六斎念仏(念仏六斎)が行われます。
西方寺は浄土宗の寺院です。
*参考・・・西方寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【六斎念仏2017 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
西方寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 大文字

    2017年8月のイベント

    京都市内などで2017年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭は毎年10月22日に行われます。ただ時代祭の関連行事は毎年10月15日から行われ、時代祭終了後…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る