請田神社

請田神社(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)請田神社の祭神である大山咋神・市杵島姫命は亀岡市上矢田町に創建されている鍬山神社(くわやまじんじゃ)の祭神である大己貴命(おおなむちのみこと・大国主命(おおくにぬしのみこと))とともに古来湖であったとされる亀岡盆地の開拓の為に保津峡を開削したという伝承が残されています。

【請田神社 アクセス・地図】
場所・・・京都府亀岡市保津町立岩4
最寄り駅・バス停・・・保津(徒歩約30分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR嵯峨野線・亀岡駅から亀岡市ふるさとバス

【請田神社 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【請田神社 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【請田神社 歴史・簡単概要】
請田神社(うけたじんじゃ)は永禄年間(1558年~1570年)に兵火によって社殿・文献が焼失した為、起源が明確ではありません。請田神社は社伝によると709年(和銅2年)に創建されたとも言われています。また請田神社は「延喜式神名帳(927年(延長5年))」に記されているとも言われ、それ以前から祀られていたとも言われています。請田神社の名称は対岸に祀られている桑田神社(くわだじんじゃ)から湖であった亀岡盆地の開削が開始されたとされ、その鍬入れを受けたことから「請田(うけた)」になっているとも言われています。その後永禄年間の兵火によって焼失し、宮ノ上(保津八幡宮)に移されたが、寛永年間(1624年~1645年)に現在の場所に戻されました。ちなみに宮ノ上には現在分霊が祀られて保津八幡宮となり、請田神社の頓宮(御旅所)になっています。なお請田神社は大山咋神(おおやまくいのかみ)・市杵島姫命(いちきしまひめのみこと・狭依姫命)を祀っています。
*参考・・・請田神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【請田神社 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
請田神社の見どころは毎年10月行われている例大祭とその前日に行われている宵宮祭・保津の火祭り(保津の火まつり)です。保津の火祭りでは五穀豊穣などを祈願し、高張提灯を先頭に花傘・太鼓・榊・剣鉾・神宝などの神幸行列が巡行し、保津八幡宮では榊持ちの子どもなどが火の周りを3回周って、捧持物を神前に供えます。

【請田神社 連絡先(要確認)】
電話番号・・・不明

【請田神社 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【請田神社 おすすめ散策ルート】
請田神社からのおすすめ散策ルートは西側にあるに頓宮(御旅所)・保津八幡宮に向かうルートです。30分ほど散策すれば、亀岡の自然を感じながら保津八幡宮に行くことができます。なお請田神社は市街地から少し離れ、周囲に観光スポットがあまり多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2018年11月のイベント

    京都市内などで2018年11月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2018

    京都紅葉ライトアップ2018(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは紅葉が見ごろを迎える…
  3. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2018

    京都紅葉見ごろ2018(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る