山王宮日吉神社赤ちゃん初土俵入2018/10/8

赤ちゃん初土俵入は京都の秋の風物詩です。赤ちゃん初土俵入は毎年体育の日に行われています。赤ちゃん初土俵入では見えない神様を押し出そうと土俵際まで追い詰めるが、赤ちゃんは押し戻されて負けます。神様と相撲を取って神聖な土俵の砂をお尻に付けることで健康を授かると言われています。(詳細下記参照)

【赤ちゃん初土俵入2018 日程時間(要確認)】
赤ちゃん初土俵入2018は2018年(平成30年)10月8日(月曜日)10:00から行われます。なお受付は9:00~13:00です。

【赤ちゃん初土俵入・山王宮日吉神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府宮津市宮町1408番地
最寄り駅・バス停・・・宮津駅(徒歩約18分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都丹後鉄道

*丹海バスの場合、山王橋バス停(徒歩すぐ)

スポンサーリンク


【赤ちゃん初土俵入 歴史・簡単概要】
山王宮日吉神社赤ちゃん初土俵入(あかちゃんどひょういり)は境内に祀られている摂社・杉末神社(すぎのすえじんしゃ)の例祭で行われています。赤ちゃん初土俵入は江戸時代初期から宮津で地元力士による奉納花相撲が行われ、その影響から江戸時代中期に有力な氏子が屋号などを使た化粧廻しを作り、その息子を土俵に上げたのが始まりと言われています。なお文献には1681年(延宝9年)に「花相撲仕り・・・」と記され、寛政年間(1789年~1801年)までに現在の形が作られたとも言われています。
赤ちゃん初土俵入では先ず神前で神事が行われ、化粧廻し・はちまき姿の赤ちゃんが行司の介添えでしこを踏み、見えない神様と相撲を取って、最後に赤ちゃんのお尻に土俵の砂を付けます。赤ちゃん初土俵入では神様を押し出そうと土俵際まで追い詰めるが、赤ちゃんは押し戻されて負けます。神様と相撲を取って神聖な土俵の砂をお尻に付けることで健康を授かると言われています。なお赤ちゃん初土俵入(有料)は男女・地域を問わずに参加できるそうです。(要確認)
杉末神社は社記によると572年(第30代・敏達天皇元年)に大和三諸山から移されて祀られたのが起源とも言われています。杉末神社は平安時代中期の「延喜式神名帳(927年(延長5年))」に宮津で唯一記され、宮津最古の神社とも言われています。なお杉末神社は大物主命(おおものぬしのみこと)・大己貴命(おおなむちのみこと)・少彦名命(すくなびこなのみこと)を祀っています。

*参考・・・赤ちゃん初土俵入

【山王宮日吉神社 歴史・簡単概要】
山王宮日吉神社(さんのうぐうひよしじんじゃ)は社伝によると摂社・杉末神社(すぎのすえじんじゃ)が572年(敏達天皇元年)に創建されたのが起源とも言われています。杉末神社は「延喜式神名帳(927年(延長5年))」に宮津で唯一記され、宮津最古の神社とも言われています。ちなみに杉末神社は古くから宮津の守り神として崇敬され、宮津(宮のある船の着くところ)の地名の由来になったと言われています。その後平安時代後期に祭神である大山咋神(おおやまくいのかみ)・大己貴神(おおなむちのかみ)が杉末神社内に勧請され、山王宮日吉神社が創建されたと言われています。江戸時代に歴代の宮津藩主(京極家・永井家・阿部家・奥平家・青山家・松平家)が山王宮日吉神社を宮津の総氏神・藩の守護神として崇敬し、本殿・幣殿・神輿・石灯籠を再建したり、造営したりし、杉末神社をその摂社として宮津西地区の守り神にしました。江戸時代中期には宮津城下のほぼ全てが山王宮の氏子になり、その祭礼である山王祭は宮津藩祭とされ、武士も参加したそうです。なお山王宮日吉神社は大山咋神・大己貴神を祀り、摂社・杉末神社は少彦名神(すくなひこなのかみ)・大物主神(おおものぬしのかみ)を祀っています。
*参考・・・山王宮日吉神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ山王宮日吉神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【赤ちゃん初土俵入 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
山王宮日吉神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 鈴虫寺大根焚き

    2018年12月のイベント

    京都市内などで2018年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2018

    京都紅葉ライトアップ2018(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは清水寺・高台寺・東寺…
  3. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2018

    京都紅葉見ごろ2018(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚き(大根だき)は京都の冬の風物詩です。大根焚きは毎年12月から行われています。ただ実施する寺院…
  2. 嵐山花灯路
    渡月橋ライトアップ2018は京都の初冬の風物詩です。渡月橋ライトアップは毎年12月に行われる嵐山花灯…
  3. 竹林の道
    竹林の道ライトアップ2018は京都の初冬の風物詩です。竹林の道ライトアップは毎年12月に行われる嵐山…
  4. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2018は京都の初冬(晩秋)の風物詩です。嵐山花灯路は毎年12月に行われています。嵐山花灯…
  5. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚・報恩講2018は京都の初冬の風物詩です。大根焚・報恩講は毎年12月9日・10日に行われていま…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  3. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る