上賀茂神社重陽神事・烏相撲2017/9/9

上賀茂神社

重陽神事・烏相撲2017は京都の初秋の風物詩です。重陽神事・烏相撲は毎年9月9日に行われています。重陽神事では神前に菊花を供え、延命長寿・災難除を祈願致します。 重陽神事の終了後、烏相撲が行われます。なお烏相撲では前日にリハーサルとして、烏相撲内取式が行われます。(詳細下記参照)

【重陽神事・烏相撲2017 日程時間(要確認)】
重陽神事・烏相撲2017は2017年(平成29年)9月9日(土曜日)10:00から行われます。なお前日8日(金曜日)20:00から烏相撲内取式が行われます。

【重陽神事・烏相撲2017・上賀茂神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市北区上賀茂岡本町
最寄り駅・バス停・・・上賀茂神社前(徒歩15分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは4系統(A2乗り場)
*四条河原町からは4系統、46系統
*四条烏丸からは46系統
*河原町丸太町からは4系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*地下鉄烏丸線の場合、最寄り駅は北山駅(徒歩約15分)

スポンサーリンク


【重陽神事・烏相撲 歴史・簡単概要】
上賀茂神社重陽神事(ちょうようじんじ)はかつて重陽の節句に宮中などで菊酒を飲み、菊の花に付いた朝露で肌を拭うて災厄が祓われるとした行事が起源です。
重陽神事では神前に菊花を供え、延命長寿・災難除を祈願致します。 重陽神事の終了後、烏相撲(からすずもう)が行われます。烏相撲では神職が「カーカーカー」・「コーコーコー」と3度烏の鳴き真似をして必勝を祈願し、子どもが禰宜方(ねぎかた)と祝方(ほうりかた)に分れて相撲が取られます。烏相撲では神職が笏(しゃく)で土俵に8の字を書き、それをなぞるように歩く地取り(じとり)や横飛びで移動する烏跳び(からすとび)なども行われます。なお烏相撲では前日にリハーサルとして、烏相撲内取式(からすずもううちとりしき)が行われます。
重陽神事・烏相撲が終了すると菊酒が無料で振舞われます。菊酒は重陽の節句に飲むとを長命の効能・除災・除厄のご利益があるとも言われています。
上賀茂神社の祭神・賀茂別雷命(かもわけいかづちのかみ)の外祖父で、下鴨神社の西本殿に祀られている賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)は神武天皇の東征の際、八咫烏(やたがらす)となって皇軍を先導したとされ、烏との結びつきが深いとされています。賀茂建角身命が神に相撲を見せたのが烏相撲の始まりとも言われているそうです。なお上賀茂神社・下鴨神社は合わせて、かつて賀茂社と言われました。
烏相撲は京都市無形登録文化財に指定されています。
9月9日の重陽(ちょうよう・菊)の節句は1年の節目とされる日で、1月7日の人日(じんじつ・七草)の節句・3月3日の上巳(じょうし・桃)の節句・5月5日の端午(たんご・菖蒲)の節句・7月7日の七夕(しちせき)の節句とともに五節句に数えられています。重陽の節句ではかつて宮中で菊の鑑賞や菊酒を嗜む菊花宴(きつかのえん)が行われていたそうです。なお中国の陰陽思想では陽数(奇数)が重なる月日はよい日とされ、特に陽数(奇数)の内で最大数である9が重なる9月9日は最もよい日とされ、重陽と言われています。

【上賀茂神社 歴史・簡単概要】
上賀茂神社(かみがもじんじゃ)・賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)は起源が明確ではありません。上賀茂神社は社伝によると神代の昔に賀茂別雷命(かもわけいかづちのかみ)が現社殿の北北西にある秀峰・神山(こうやま)に降臨したのが起源とも言われています。その後678年(天武天皇7年)に賀茂神宮が造営されたとも言われています。794年(延暦13年)の第50代・桓武天皇による平安京遷都以降は皇城鎮護の神・山城国一之宮として、桓武天皇を初めとする歴代天皇が行幸・奉幣祈願されたと言われています。807年(大同2年)に最高位である神階・正一位を賜って、葵祭(賀茂祭)が勅祭になり、810年(大同5年)には賀茂斎院が置かれ、第52代・嵯峨天皇の皇女・有智子内親王(うちこないしんのう)が初代斎王として仕え、以降歴代斎王が葵祭に奉仕しました。上賀茂神社は明治時代から戦後まで伊勢神宮に次ぐ、官幣大社の筆頭とされました。
上賀茂神社は下鴨神社(賀茂御祖神社)とともに古代氏族・賀茂氏の氏神を祀る神社です。
*参考・・・上賀茂神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ上賀茂神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【重陽神事・烏相撲2017 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
上賀茂神社(アクセス・見どころ・・・)情報
上賀茂神社見どころ
葵祭2018(斎王代・ルート・行事・・・)

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 源光庵
    源光庵アクセスでは京都駅前(A3乗り場)から鷹峯源光庵前まで行く市バス6系統(所要時間約42分)がお…
  2. 永観堂
    永観堂アクセスでは京都駅から地下鉄烏丸線に乗って烏丸御池駅に向かい、烏丸御池駅で地下鉄東西線に乗り換…
  3. 東福寺
    東福寺アクセスでは京都駅から奈良駅を結ぶJR奈良線がおすすめです。東福寺の最寄り駅である東福寺駅は京…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る