金戒光明寺浄焚式2016/2/25

浄焚式

浄焚式2016は京都の初春の風物詩です。浄焚式は毎年2月に行われます。浄焚式はお釈迦様の遺徳追慕と報恩の為に行われる涅槃会(ねはんえ)に合わせて行われます。浄焚式では古くなった塔婆・御札・仏壇・仏具・遺影・位牌などが焚き上げ、極楽浄土に送ります。

【浄焚式2016 日程時間(要確認)】
浄焚式2016は2016年(平成28年)2月25日(木曜日)11:00から行われます。

【浄焚式2016・金戒光明寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区黒谷町121
最寄り駅・バス停・・・岡崎道(徒歩約10分)、東天王町(徒歩約15分)
<
市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から金戒光明寺は100系統(D1乗り場)
*四条河原町からは32系統、203系統
*四条烏丸からは32系統、203系統
*河原町丸太町からは204系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【浄焚式 歴史・簡単概要】
金戒光明寺浄焚式(じょうぼんしき)は約2500年前に80歳で入滅(にゅうめつ)したお釈迦様の遺徳追慕と報恩の為に行われる涅槃会(ねはんえ)に合わせて行われます。2016年は浄土宗の開祖・法然上人の月命日に当たる2月25日に行われます。浄焚式では僧侶が読経する中、古くなった塔婆・御札・仏壇・仏具・遺影・位牌などが焚き上げ、極楽浄土に送ります。なお浄焚式で残った灰は土に還されるそうです。
涅槃会はお釈迦様が入滅した日が陰暦の2月15日ということから新暦の2月15日や3月15日を中心に行われています。涅槃会ではお釈迦様が娑羅双樹の下で、頭を北にして西を向き、右脇を下にした姿で横たわり、十大弟子から獣畜・虫類までが嘆き悲しむ様子を描いた涅槃図が掲げられます。またお釈迦様が最後に説いたと言われている仏遺教経(ぶつゆいきょうぎょう)が読経されることもあります。

【金戒光明寺 歴史・簡単概要】
金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)は1175年(承安5年)に浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)が比叡山黒谷を下り、草庵を最初に結んだのが起源と言われています。金戒光明寺は浄土宗最初の寺院で、当初白川の禅房とも言われていたそうです。法然上人は43歳の時に浄土宗を広める為に比叡山黒谷を下り、山頂の石の上で念仏を唱えた時、紫雲が全山にみなぎり、光明が辺りを照らしたことから草庵を結んだと言われ、紫雲山光明寺の名称の由来になっています。その後法然上人は信空(しんくう)に白川の禅房を与えたと言われています。鎌倉時代に金戒光明寺5世・恵顗が伽藍を整え、紫雲山光明寺と号し、南北朝時代に金戒光明寺8世・運空が北朝第4代天皇・後光厳天皇に戒を授けたことから金戒の二字を賜り、金戒光明寺と言うようになりました。その後1428年(正長元年)に第100代・後小松天皇から勅願「浄土真宗最初門」を賜りました。
金戒光明寺は浄土宗の寺院です。
*参考・・・金戒光明寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ金戒光明寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【浄焚式2016 備考】*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
金戒光明寺浄焚式2016では手紙・人形なども焚き上げられるそうです。
金戒光明寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2018年11月のイベント

    京都市内などで2018年11月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2018

    京都紅葉ライトアップ2018(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは紅葉が見ごろを迎える…
  3. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2018

    京都紅葉見ごろ2018(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る