銀閣寺・永観堂紅葉散策コース

永観堂

銀閣寺・永観堂(南禅寺)紅葉散策コースは「日本の道100選」に選ばれた哲学の道や紅葉の名所として、古くから「秋はもみじの永観堂」と言われる永観堂などを散策するルートです。なおルート周辺には真如堂・金戒光明寺・平安神宮などもあり、寄り道しながら紅葉を楽しむのもいいかもしれません。(銀閣寺からは永観堂・南禅寺までは少し距離があるが、哲学の道を散策するのはおすすめです。)

【銀閣寺・永観堂紅葉散策コース】

【京都紅葉 2017年】
●2018年9月5日、ウェザーニュースは比叡山延暦寺が11月7日頃、洛北大原・三千院が11月11日頃、洛西・嵐山が11月20日頃から紅葉の見ごろを迎えるとの予想を発表しました。近畿は9月も猛暑が続くが、10月・11月が平年並みになることから紅葉の見ごろも平年並みと予想しました。ちなみに鮮やかな色付きが期待できるそうです。

【京都紅葉 基礎知識】
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5~6度になると一気に進むと言われています。なお紅葉は緑色の色素・クロロフィル(葉緑素)が分解され、赤色の色素・アントシアンが生成されることで起こります。黄葉は緑色の色素・クロロフィルが分解され、黄色の色素・カロチノイドだけが残ることで起こります。アントシアニンは植物において広く存在する色素、カロテノイドは黄・橙・赤色などを示す天然色素です。

スポンサーリンク


【紅葉の見頃(例年)】
銀閣寺・・・11月中旬~11月下旬頃
法然院・・・11月中旬~11月下旬頃
安楽寺・・・11月中旬~11月下旬頃
永観堂・・・11月中旬~11月下旬頃
南禅寺・・・11月中旬~11月下旬頃
真如堂・・・11月中旬頃
金戒光明寺・・・11月中旬~11月下旬頃
平安神宮・・・11月中旬頃

【銀閣寺 歴史・簡単概要】
銀閣寺は1473年(文明5年)室町幕府8代将軍・足利義政が長子・義尚に将軍職を譲り、浄土寺跡に東山山荘・東山殿の造営したのが起源です。なお銀閣は東山文化(室町時代)を代表する歴史的建築物で、金閣(鹿苑寺)・飛雲閣(西本願寺)と合わせ、京の三閣と言われています。
銀閣寺・京都紅葉名所

【哲学の道 歴史・簡単概要】
哲学の道は琵琶湖疏水沿いに銀閣寺付近から若王子神社に続く約1.8キロの道で、京都市内で唯一「日本の道100選」に選ばれています。明治時代には文人が多く住み、「文人の道」と言われ、その後哲学者・西田幾多郎などが散策するようになり、「哲学の小径」などと言われるようになりました。
哲学の道(アクセス・見どころ・・・)

【法然院 歴史・簡単概要】
法然院は浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)が弟子の安楽・住蓮とともに念仏三昧の別行を修し、六時礼讃を唱えた鹿ヶ谷草庵が起源です。なお後鳥羽上皇が寵愛した女房・鈴虫と松虫が出家した事件・建永の法難により、法然上人は讃岐へ流罪、安楽・住蓮は死罪となりました。
法然院・京都紅葉名所

【安楽寺 歴史・簡単概要】
安楽寺・松虫鈴虫寺は浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)が建永の法難により、死罪になった弟子である安楽上人・住蓮上人の菩堤を弔う為に草庵を復興するように命じ、「住蓮山安楽寺」と名付けたのが起源です。なお7月には中風除けを祈願するカボチャ供養が行われます。
安楽寺・京都紅葉名所

【永観堂 歴史・簡単概要】
永観堂・禅林寺は853年(仁寿3年)真紹(しんじょう)が都における実践道場の建立を志して、藤原関雄の邸宅跡を買い取って五智如来を安置したのが起源です。863年(貞観5年)清和天皇から「禅林寺」の名称を賜わりました。なお永観堂は古くから「秋はもみじの永観堂」と言われる紅葉の名所です。
永観堂・京都紅葉名所
紅葉ライトアップ・永観堂

【南禅寺 歴史・簡単概要】
南禅寺は1264年(文永元年)後嵯峨天皇が営んだ離宮・禅林寺殿があった場所です。その後1291年(正応4年)亀山法皇が無関普門(むかんふもん)を開山として禅林寺殿を寺に改めました。なお山門は歌舞伎「楼門五三桐」の中で石川五右衛門が「絶景かな絶景かな……」と言ったとされています。
南禅寺・京都紅葉名所

【天授庵 歴史・簡単概要】
天授庵は1339年(暦応2年)に虎関師錬(こかんしれん)が北朝初代・光厳天皇の勅許により、南禅寺を開山した大明国師(だいみょうこくし)・無関普門(むかんふもん)の塔所として創建したのが起源です。その後戦国時代には衰退したが、1602年(慶長7年)に大名で、歌人であった細川幽斎(ほそかわゆうさい)が再興しました。
天授庵・京都紅葉名所
紅葉ライトアップ・天授庵

【真如堂 歴史・簡単概要】
真如堂は984年(永観2年)比叡山の僧・戒算上人(かいさんしょうにん)が夢告により、比叡山・常行堂の本尊・阿弥陀如来を東三条院の女院離宮に安置したのが起源です。なお浄土宗の重要な仏教行事であるお十夜(10日間の昼夜を一つの区切りとして行われる念仏会)は真如堂が発祥です。
真如堂・京都紅葉名所

【金戒光明寺 歴史・簡単概要】
金戒光明寺は浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)が初めて置いた草庵が起源です。法然上人が大きな石に腰を掛けた時、石から紫の雲が立ち上り、西の空には金色の光が放たれたと言われ、名称の由来になっています。なお幕末には京都守護職・松平容保の会津藩の本陣になりました。
金戒光明寺・京都紅葉名所

【平安神宮 歴史・簡単概要】
平安神宮は1895年(明治28年)平安京遷都1100年を記念し、京都で開催された内国勧業博覧会の目玉として、平安京遷都当時の大内裏の一部復元したものです。なお平安神宮の祭礼で、平安神宮の創建と平安京遷都1100年祭を奉祝する時代祭は葵祭・祇園祭と合わせ、京都三大祭りに数えられています。
平安神宮・京都紅葉名所

【銀閣寺・永観堂紅葉散策コース 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
京都紅葉名所・見ごろ2018
京都紅葉名所・見ごろ

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 時代祭

    2018年10月のイベント

    京都市内などで2018年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 時代祭

    時代祭2018/10/22

    時代祭2018は京都の秋の風物詩です。時代祭2018・時代行列進発は10月22日に行われます。時代祭…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 船岡大祭
    船岡大祭は京都の秋の風物詩です。船岡大祭は毎年10月19日に行われています。船岡大祭では織田信長が好…
  2. 斎宮行列
    斎宮行列2018は京都の秋の風物詩です。斎宮行列は毎年10月の第3日曜日に行われています。斎宮行列は…
  3. 笠懸神事
    笠懸神事2018は京都の秋の風物詩です。笠懸神事は毎年10月の第3日曜に行われています。笠懸では約5…
  4. 春日祭
    春日祭2018は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  5. 清水寺ピンクイルミネーション
    ピンクイルミネーションは京都の秋の風物詩です。ピンクイルミネーションは毎年10月上旬頃から下旬頃まで…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る