長刀鉾稚児発表

古式一里塚松飾式

長刀鉾稚児発表は京都の風物詩です。長刀鉾稚児発表は毎年6月上旬頃に行われています。長刀鉾稚児は10歳前後の男子が家来役の禿(かむろ)の男子2名とともに選ばれます。長刀鉾稚児はかつて長刀鉾町から選ばれていたが、最近は京都市内から選ばれているそうです。(詳細下記参照)

【長刀鉾稚児発表 日程時間(要確認)】
長刀鉾稚児発表は毎年6月上旬頃に行われます。
祇園祭2019(山鉾巡行・宵山・・・)
祇園祭2019日程(山鉾巡行・宵山・・・)

【長刀鉾稚児発表・長刀鉾 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市下京区四条通烏丸東入長刀鉾町
最寄り駅・バス停・・・四条駅(徒歩約3分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
地下鉄・アクセスダイヤ

スポンサーリンク


【長刀鉾稚児発表 歴史・簡単概要】
長刀鉾稚児発表(なぎなたほこちごはっぴょう)は祇園祭に先立って、毎年6月上旬頃に行われています。長刀鉾稚児は10歳前後の男子が家来役の禿(かむろ)の男子2名とともに選ばれます。長刀鉾稚児はかつて長刀鉾町から選ばれていたが、最近は京都市内から選ばれているそうです。長刀鉾稚児は6月の大安の日に八坂神社から神職を迎え、長刀鉾町と養子縁組の結納を交わす結納の儀を行います。
長刀鉾稚児は現在唯一の生稚児(いきちご)です。長刀鉾稚児は祇園祭山鉾巡行(前祭)に先立って、7月13日に長刀鉾稚児社参(お位もらい)を行い、正五位少将・十万石大名の位を授かり、神の使いとされます。長刀鉾稚児は山鉾巡行中に稚児舞(太平の舞)を披露してコースを清め祓ったり、注連縄切りで神域との結界を開放したりします。
長刀鉾稚児は結納の儀が行われると自宅には八坂神社の祭神・素戔嗚尊(すさのおのみこと)=牛頭天王(ごずてんのう)を祀る祭壇が設けられ、穢れないように清祓の儀が行われます。自宅では当主が毎朝祭壇にお供えを欠かさないよう務めます。なお女人禁制のしきたりに従い、食事は母親などの女性が用意することは許されず、父親が他の人とは別の火を使って用意します。また稚児は食事中、女性と同席することもできません。
長刀鉾稚児・祇園祭

【祇園祭 歴史・簡単概要】
祇園祭(ぎおんまつり)は平安時代前期の869年(貞観11年)に京都をはじめ全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が禁苑(宮中の庭)である神泉苑に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来の化身とされる牛頭天王(素戔嗚尊)を祀り、更に牛頭天王(素戔嗚尊)を主祭神とする八坂神社(祇園社)に3基の神輿を送り、病魔退散を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。その後970年(天禄元年)から毎年旧暦6月14日に行われるようになりました。
祇園祭歴史

【長刀鉾 歴史・簡単概要】
長刀鉾(なぎなたほこ)は鉾頭に疫病邪悪(えきびょうじゃあく)を祓う大長刀(おおなぎなた)を付けていることに由来しています。鉾頭にはかつて三条小鍛冶宗近(さんじょうこかじむねちか)が造った長刀、1522年(大永2年)に三条長吉が造った長刀、1675(延宝3年)に和泉守来金道が造った長刀が使われていたが、現在は木に銀箔を張ったレプリカが使われています。なお長刀は刃先が御所・八坂神社には向かないように南向きに取り付けられています。
三条小鍛冶宗近が造った長刀は宗近が娘の病気平癒を祈願し、八坂神社(祇園社)に奉納しました。その後鎌倉時代には武士が愛用していたが、不思議な出来事が続いたことから返納されました。1522年(大永2年)神のお告げにより、長刀鉾町で飾ったところ流行していた疫病は治まったと言われています。
*参考・・・長刀鉾(祇園祭山鉾前祭)

【長刀鉾稚児発表 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭稚児
祇園祭2019日程一覧(山鉾巡行・宵山・・・)

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2018年11月のイベント

    京都市内などで2018年11月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2018

    京都紅葉ライトアップ2018(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは紅葉が見ごろを迎える…
  3. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2018

    京都紅葉見ごろ2018(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る