長岡天満宮六斎念仏2017/8/25

六斎念仏2017は京都の夏の風物詩です。六斎念仏は毎年8月25日に行われています。六斎念仏・芸能六斎は長岡天神夏まつりで久世六斎保存会によって奉納されます。なお長岡天神夏まつりでは六斎念仏以外にも長岡京音頭・江州音頭の盆踊り・和太鼓・神楽が奉納されます。(詳細下記参照)

【六斎念仏2017 日程時間(要確認)】
六斎念仏2017は2017年(平成29年)8月25日(金曜日)19:00頃から行われます。

【六斎念仏2017・長岡天満宮 アクセス・地図(要確認)】
場所・・・京都府長岡京市天神2-15-13
最寄り駅・バス停・・・長岡京駅(徒歩約20分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からはJR東海道線

*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は長岡天神駅(徒歩約10分)

スポンサーリンク


【六斎念仏 歴史・簡単概要】
長岡天満宮六斎念仏(ろくさいねんぶつ)・芸能六斎は長岡天神夏まつりで久世六斎保存会(くぜろくさいほぞんかい)によって奉納されます。なお長岡天神夏まつりでは六斎念仏以外にも長岡京音頭・江州音頭の盆踊り・和太鼓・神楽が奉納されます。また長岡天神夏まつりでは八条ヶ池水上橋で灯火行事や厄除茅の輪(ちのわ)くぐりも行われます。
六斎念仏は鉦や太鼓ではやし、念仏を唱えながら踊る民俗芸能・民間信仰です。六斎念仏は平安時代中期に踊り念仏で知られ、市聖(いちひじり)と言われた空也上人(くうやしょうにん)が始めたとも、鎌倉時代に西方寺(さいほうじ)を中興した道空上人(どうくうしょうにん)が始めたとも言われています。ちなみに六斎念仏の中でも笛などの楽器を使用し、娯楽要素の強い六斎念仏は芸能六斎とも言われています。現在六斎念仏には芸能色がほとんどなく、宗教色が強い干菜寺系(ほしなでらけい)念仏六斎と芸能色が強い空也堂系(くうやどうけい)芸能六斎があります。ただ空也堂系には宗教色が強い念仏六斎もあります。なお六斎念仏は1ヶ月に6日(8日・14日・15日・23日・29日・30日)ある忌み日・六斎日に行われたことから名付けられました。
久世六斎保存会は蔵王堂光福寺(いおうざんざおうどうこうふくじ)が発祥の地とされています。なお光福寺は955年(天暦9年)浄蔵貴所(じょうぞうきしょ)が平安京の西南の裏鬼門に村上天皇の勅願寺として開基したと言われています。

【長岡天満宮 歴史・簡単概要】
長岡天満宮(ながおかてんまんぐう)は菅原道真(すがわらのみちざね)の所領で、道真は在原業平らと詩歌・管弦を楽しんだと言われています。長岡天満宮は道真が大宰府に左遷された際、高槻まで道真に付き従った中小路宗則が道真自作の木像と念持仏を託され、道真の死後に木像を祀る祠を建てたのが起源と言われています。その後応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))で焼失したり、1596年(慶長元年)慶長の大地震にで倒壊したりしたが、その度に再建されました。1638年(寛永15年)八条宮智仁親王が八条ヶ池を築造しました。なお長岡天満宮は真菅原道真を祀り、春日社・八幡社・稲荷神社・山神社・龍神社・和泉殿社・白太夫社の7社の末社も祀っています。
*参考・・・長岡天満宮(アクセス・歴史・・・)ホームページ長岡天満宮(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【六斎念仏2017 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
長岡天満宮(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 大文字

    2017年8月のイベント

    京都市内などで2017年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭は毎年10月22日に行われます。ただ時代祭の関連行事は毎年10月15日から行われ、時代祭終了後…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る