長楽寺紅葉見ごろ

長楽寺紅葉

長楽寺紅葉(見ごろ・ライトアップ・アクセス・・・)情報を紹介しています。長楽寺は参道などの山内に時雨楓(しぐれかえで)などが植えられ、紅葉と参道・絵師である相阿弥(そうあみ)が作庭したと言われる池泉式庭園などの光景が素晴らしいと言われています。なお長楽寺では紅葉が見ごろを迎える11月23日に扇祈願会・紅葉祭りを行っています。(要確認)(詳細下記参照)

【長楽寺紅葉見ごろ 2018年(要確認)】
長楽寺紅葉は例年11月中旬頃から下旬頃に見ごろを迎えます。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2018年11月6日、ウェザーニュースは比叡山延暦寺が既に見ごろ(例年11月上旬頃)、洛北大原・三千院が11月15日頃(例年11月中旬頃)、洛西・嵐山が11月23日頃(例年11月中旬頃~下旬頃)から紅葉の見ごろを迎えると発表しました。
京都紅葉見ごろ2018

【長楽寺紅葉・長楽寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区円山町626番地
最寄り駅・バス停・・・祇園(徒歩約10分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から長楽寺は100系統(D1乗り場)、110系統(D1乗り場)、206系統(D2乗り場)
*四条河原町・四条烏丸・四条堀川・四条大宮からは46系統、201系統、203系統、207系統
*河原町丸太町・烏丸丸太町・堀川丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は祇園四条駅(徒歩約20分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は河原町駅(徒歩約23分)

スポンサーリンク


【長楽寺紅葉見ごろ・見どころ】
長楽寺は紅葉の名所です。紅葉は例年11月中旬頃から下旬頃に見ごろを迎えます。長楽寺は参道などの山内に時雨楓(しぐれかえで)などが植えられ、紅葉と参道・絵師である相阿弥(そうあみ)が作庭したと言われる池泉式庭園などの光景が素晴らしいと言われています。庭園は池の周りを半周ほど歩いて紅葉を楽しむことができます。なお長楽寺では紅葉が見ごろを迎える11月23日に扇祈願会・紅葉祭りを行っています。(要確認)
長楽寺は江戸時代後期の文人・頼山陽(らいさんよう)が記した「京の四季」の中で、「時雨をいとうから傘の濡れてもみじの長楽寺」と詠われた紅葉の名所です。なお長楽寺は古くから文人・墨客に「洛中随一絶景の霊地」と詠われ、「今昔物語」・「平家物語」などに記されています。
池泉式庭園は室町時代に絵師・相阿弥が室町幕府8代将軍・足利義政の命により、銀閣寺の庭園を作庭する際、試作的に作庭したとも言われています。ちなみに相阿弥は青蓮院・龍安寺・願泉寺などの庭園も作庭したとも言われています。なお池泉式庭園は借景としている東山から湧き出る滝の水が引き込まれています。
扇祈願会では扇・久寿扇を復元し、病魔退散・無病息災を祈願します。また扇祈願会では祈願済みの扇が授与されます。なお紅葉祭りは長楽寺を訪れて詩歌を残した頼山陽・西行・長沢芦雪などを偲んで行われます。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。紅葉狩りでは紅葉した枝を折って、手のひらにのせて愛でることもあったそうです。その後室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期には庶民の行楽として人気になったと言われています。ちなみに奈良時代末期に成立したと言われている日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。

【長楽寺 歴史・簡単概要】
長楽寺(ちょうらくじ)は805年(延暦24年)に天台宗の宗祖である伝教大師(でんぎょうだいし)・最澄が第50代・桓武天皇の勅命により、自ら刻んだ観世音菩薩を本尊に安置し、比叡山延暦寺(えんりゃくじ)の別院として創建したのが起源と言われています。その後鎌倉時代に浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)の弟子・隆寛(りゅうかん)が入寺し、浄土宗に改めました。隆寛の系譜は長楽寺流・長楽寺派と言われるようになりました。1385年(至徳2年)に時宗の僧・国阿上人(こくあしょうにん)が入寺し、浄土宗から時宗に改められました。その後応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失したり、知恩院・大谷祖廟の拡張によって境内が縮小されたりしました。なお1871年(明治4年)の上知令(じょうちれい・あげちれい)により、境内の大半が没収され、1886年(明治19年)には円山公園(まるやまこうえん)が整備されました。
長楽寺は時宗の寺院です。
*参考・・・長楽寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ長楽寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【長楽寺紅葉見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
長楽寺(アクセス・見どころ・・・)情報
京都紅葉名所・見ごろ
京都紅葉ライトアップ2018

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 鈴虫寺大根焚き

    2018年12月のイベント

    京都市内などで2018年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2018

    京都紅葉ライトアップ2018(夜間拝観)情報を紹介しています。紅葉ライトアップは清水寺・高台寺・東寺…
  3. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2018

    京都紅葉見ごろ2018(紅葉時期)情報を紹介しています。紅葉の見ごろは例年11月上旬頃から12月上旬…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚き(大根だき)は京都の冬の風物詩です。大根焚きは毎年12月から行われています。ただ実施する寺院…
  2. 嵐山花灯路
    渡月橋ライトアップ2018は京都の初冬の風物詩です。渡月橋ライトアップは毎年12月に行われる嵐山花灯…
  3. 竹林の道
    竹林の道ライトアップ2018は京都の初冬の風物詩です。竹林の道ライトアップは毎年12月に行われる嵐山…
  4. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2018は京都の初冬(晩秋)の風物詩です。嵐山花灯路は毎年12月に行われています。嵐山花灯…
  5. 了徳寺大根焚・報恩講
    大根焚・報恩講2018は京都の初冬の風物詩です。大根焚・報恩講は毎年12月9日・10日に行われていま…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  3. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る