鞍馬寺桜見ごろ

鞍馬寺桜

鞍馬寺桜(見ごろ・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。鞍馬寺は山桜・染井吉野・里桜・八重桜・鬱金桜など約500本の桜の木が植えられ、仁王門(山門)周辺の桜や多宝塔前の枝垂桜などが素晴らしいと言われています。鞍馬寺に咲く桜は桜の品種に関係なく、古くから雲珠桜(うずざくら)とも言われています。(詳細下記参照)

【鞍馬寺桜見ごろ 2018年(要確認)】
鞍馬寺桜は標高が高いこともあり、例年4月中旬頃に見ごろを迎えます。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2018年の桜の見ごろ情報は2月中旬頃から情報発信する予定です。
京都桜見ごろ2018

【鞍馬寺桜・鞍馬寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市左京区鞍馬本町1074
最寄り駅・バス停・・・鞍馬駅(徒歩約1分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*叡山電鉄町柳駅からは鞍馬線

スポンサーリンク


【鞍馬寺桜 歴史・簡単概要】
鞍馬寺は平安時代から和歌に詠まれる桜の名所です。桜は標高が高いこともあり、例年4月中旬頃に見ごろを迎えます。鞍馬寺は山桜・染井吉野・里桜・八重桜・鬱金桜など約500本の桜の木が植えられ、仁王門(山門)周辺の桜や多宝塔前の枝垂桜などが素晴らしいと言われています。鞍馬寺に咲く桜は桜の品種に関係なく、古くから雲珠桜(うずざくら)とも言われています。
雲珠桜の名称は常緑樹の木々に覆われた鞍馬山に点々と咲く桜の光景が平安時代以前から使われている唐鞍(からくら)という馬具の飾り金具・雲珠に似ていることに由来しています。また鞍馬の地名も由来に関係しているそうです。なお雲珠桜は平安時代中期の歌人で、中古三十六歌仙の一人である藤原定頼(ふじわらのさだより)が和歌「これやこの 音にききつる 雲珠桜 鞍馬の山に 咲けるなるべし(定頼集)」と詠んでいます。
仁王門は1891年(明治24年)に焼失し、1911年(明治44年)に再建されました。仁王門の両側にある仁王尊像は仏師・運慶の嫡男・湛慶作とも言われています。なお仁王門は鞍馬寺の入口になります。
多宝塔は1959年(昭和34年)に再建されました。多宝塔はケーブルカー(鞍馬山鋼索鉄道)の多宝塔駅近くにあります。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【鞍馬寺 歴史・簡単概要】
鞍馬寺(くらまでら)は社伝によると奈良時代末期の770年(宝亀元年)に律宗の開祖・鑑真和上(がんじんわじょう)の高弟・鑑禎上人(がんていしょうにん)が毘沙門天を祀る草庵を結んだのが起源とも言われています。鑑禎上人が寅の夜の夢告と白馬の導きにより、鞍馬山に登った際に鬼女に襲われ、毘沙門天に助けられたとも言われています。その後796年(延暦15年)に造東寺長官・藤原伊勢人(ふじわらのいせんど)が観世音菩薩を奉安する一宇の建立を念願し、伽藍を整備して毘沙門天を奉安し、千手観音を造仏して祀り、平安時代には京都の北方を守護する寺として信仰されました。寛平年間(889年~897年)に東寺(教王護国寺)の僧・峯延(ぶえん)が入寺して真言宗に改められるが、12世紀に天台宗に改められて青蓮院(しょうれんいん)の末寺になりました。その後1126年(大治元年)・1812年(文化9年)・1945年(昭和20年)など度々焼失したと言われています。なお1947年(昭和22年)住職・信楽香雲(しがらきこううん)が鞍馬弘教を開宗し、1949年(昭和24年)に天台宗から独立しました。
鞍馬寺は鞍馬弘教の総本山です。
*参考・・・鞍馬寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ鞍馬寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【鞍馬寺桜 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
鞍馬寺(アクセス・見どころ・・・)情報
京都桜ライトアップ2018
京都桜名所・見ごろ

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 十日ゑびす大祭

    2018年1月のイベント

    京都市内などで2018年1月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 城南宮枝垂梅
    京都梅見ごろ2018(梅時期2018)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までにな…
  2. 節分会
    節分・豆まき2018情報を紹介しています。節分・豆まきは毎年立春の前日を中心に行われます。節分・豆ま…
  3. 祇園祭
    祇園祭2018日程を紹介しています。祇園祭2018では7月17日に山鉾巡行(前祭)、7月24日に山鉾…
  4. 葵祭
    葵祭2018日程を紹介しています。葵祭2018・路頭の儀(行列)は5月15日に行われます。葵祭・路頭…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る