高瀬川

舟まつり

高瀬川(アクセス・見どころ・歴史・拝観料金・ご朱印など・・・)情報を紹介しています。高瀬川を角倉了以が開く際、「(豊臣)秀次悪逆塚」の石塔を発見して心を痛め、僧・桂叔と相談して碑面から「悪逆」の二字を削り、関白・豊臣秀次の菩提を弔う為に高瀬川と鴨川に挟まれた場所に瑞泉寺(ずいせんじ)を創建しました。

【高瀬川 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市
最寄り駅・バス停・・・京都市役所前(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは4系統(A2乗り場)、104系統(A2乗り場)、205系統(A2乗り場)
*四条河原町からは4系統、5系統、17系統、32系統、205系統
*四条烏丸からは3系統、5系統、32系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は京都市役所前駅(徒歩約5分)

【高瀬川 拝観時間・時間】
自由

【高瀬川 拝観料金・料金】
無料

スポンサーリンク


【高瀬川 歴史・簡単概要】
高瀬川(たかせがわ)は1611年(慶長16年)嵯峨の土倉業・角倉了以(すみのくらりょうい)と子・素庵(そあん)が京都の中心から伏見までを結ぶ為に開いた運河です。1920年(大正9年)頃までの約300年間、物資の輸送などに使われてきたそうです。ちなみに高瀬川の名称は水運に用いられた船底の平らな木造船・高瀬舟に由来しています。高瀬川は二条付近で鴨川から分流したみそそぎ川から取水し、鴨川・みそそぎ川と平行に南流する全長約10キロの河川(運河)です。ただ現在は鴨川によって分断され、上流が高瀬川、下流が東高瀬川・新高瀬川と言われています。なお高瀬川には荷物の上げ下ろしや船の方向転換をする一之舟入・二之舟入・三之舟入などの舟入があったが、一之舟入除いて全て埋められたそうです。ちなみに一之舟入は史跡に指定されています。
*参考・・・高瀬川(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【高瀬川 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
高瀬川の見どころは史跡に指定されている一之舟入です。また桜の名所とされる三条から四条周辺の桜並木も見どころです。
京都桜見ごろ2019

【高瀬川 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・なし

【高瀬川 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【高瀬川 おすすめ散策ルート】
高瀬川からのおすすめ散策ルートは高瀬川沿いに二条付近から五条付近まで向かうルートです。40分ほど散策すれば、繁華街の街並みを見ながら五条付近に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なおどこからどこまでというように場所や距離を決めず、気楽に高瀬川沿い散策するのもいいかもしれません。特に桜の時期はおすすめです。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 時代祭

    2018年10月のイベント

    京都市内などで2018年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 時代祭

    時代祭2018/10/22

    時代祭2018は京都の秋の風物詩です。時代祭2018・時代行列進発は10月22日に行われます。時代祭…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る