広沢池鯉揚げ2015/12/5~

広沢池

鯉揚げ2015(鯉あげ)は京都の初冬の風物詩です。鯉揚げは毎年12月に行われます。広沢池では毎年春になると鯉などの稚魚を放流し、12月前後になると池の水を徐々に抜き、40センチほどに大きく育った鯉・フナなどを池から引き揚げて販売します。

【鯉揚げ2015 日程時間(要確認)】
鯉揚げ2015は2015年(平成27年)12月5日(土曜日)から行われます。なお鯉などの販売は12月末まで行われる予定だが、売れ切れ次第で終了になるそうです。

【鯉揚げ2015・広沢池 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市右京区
最寄り駅・バス停・・・山越(徒歩約7分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは26系統(D3乗り場)
*四条河原町からは10系統、59系統
*四条烏丸からは26系統
*河原町丸太町からは10系統、59系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

スポンサーリンク


【鯉揚げ 歴史・簡単概要】
鯉揚げ(こいあげ)・鯉あげは広沢池の水を抜き、養殖されていた鯉などを引き揚げて販売する行事です。広沢池では毎年春になると養殖業者が鯉などの稚魚を放流し、12月前後になると池の水を徐々に抜き、40センチほどに大きく育った鯉などを池から引き揚げます。鯉などの販売は12月末まで行われる予定だが、売れ切れ次第で終了になるそうです。ちなみに鯉揚げ2015年は12月5日から販売が始まり、鯉が1キロ1,000円・フナ(鮒)が1キロ1,000円・大フナ(大鮒)が1キロ1,200円・モロコが1キロ3,300などで販売されていました。

【広沢池 歴史・簡単概要】
広沢池(ひろさわのいけ)・遍照寺池(へんじょうじいけ)は起源が明確ではありません。広沢池は989年(永祚元年)宇多天皇の孫・寛朝僧正(かんちょうそうじょう)が遍照寺(へんじょうじ)を創建した際に開削したとも、渡来系氏族・秦氏が溜池として造ったとも言われています。広沢池は平安時代から観月の名所とされ、貴族や西行・松尾芭蕉がなどが訪れて歌を詠みました。しかし次第に遍照寺とともに廃れ、明治時代に修復されました。広沢池は1969年(昭和44年)に歴史的風土特別保存地区に指定され、2010年(平成22年)にはため池百選にも選定されました。なお広沢池は東西南北が約300メートルで、周囲約1.3キロの溜池です。
遍照寺・広沢不動尊は989年(永祚元年)寛朝僧正が花山天皇の勅願により、広沢池近くの山荘を寺に改めたのが起源です。なお遍照寺は真言宗御室派の寺院です。
*参考・・・広沢池(アクセス・歴史・・・)広沢池(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【鯉揚げ2015 備考】*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
鯉揚げ2015は2015年(平成27年)12月9日(水曜日)に撮影などを行いました。
広沢池(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 時代祭
    時代祭2017日程は10月15日の参役宣状祭から10月23日の後日祭まで行われます。その内、10月2…
  3. 晴明神社
    京都パワースポット情報を紹介しています。京都にはたくさんの観光スポットがあるが、その中にはご利益やパ…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る