東寺八幡宮護摩供

東寺

八幡宮護摩供は京都の風物詩です。八幡宮護摩供は毎月21日に行われています。八幡宮護摩供では弘法大師・空海が自ら刻んだと言われている僧形八幡神坐像(そうぎょうはちまんしんざぞう)・2体の女神坐像・武内宿禰坐像を供養し、豊楽・平安を祈願します。

【八幡宮護摩供 日程(要確認)】
八幡宮護摩供は毎月21日10:00・13:00から行われます。

スポンサードリンク


【八幡宮護摩供・東寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市南区九条町1
最寄り駅・バス停・・・東寺東門前(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から東寺は42系統(C4乗り場)
*京都駅八条口(南口)アバンティ前からは71系統
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JRの場合、最寄り駅は京都駅(徒歩約10分)
*近鉄京都線の場合、最寄り駅は東寺駅(徒歩約3分)

【八幡宮護摩供 歴史・簡単概要】
東寺八幡宮護摩供(はちまんぐうごまく)は毎月21日に鎮守八幡宮で行われます。八幡宮護摩供では弘法大師・空海が自ら刻んだと言われている僧形八幡神坐像(そうぎょうはちまんしんざぞう)・2体の女神坐像(じょしんぞう)・武内宿禰坐像(たけのうちのすくねざぞう)を供養し、豊楽・平安を祈願します。なお鎮守八幡宮は東寺の鎮守神とも言われています。
僧形八幡神坐像は平安時代初期に造仏され、日本最古の神像のひとつと言われています。僧形八幡神坐像は秘仏で、女神坐像・武内宿禰坐像とともに国宝に指定されています。
鎮守八幡宮では810年(大同5年)の薬子の変(くすこのへん)の際、空海が第52代・嵯峨天皇の勝利を祈祷したとも、薬子の変後に空海が嵯峨天皇とともに大分・宇佐八幡宮を勧請したとも言われています。ちなみに薬子の変は809年(大同4年)に嵯峨天皇が即位したが、平城上皇(第51代・平城天皇)の愛妾・藤原薬子が平城上皇の再即位を画策し、兄・藤原仲成(ふじわらのなかなり)ととも挙兵したものです。なお鎮守八幡宮は1868年(明治元年)に焼失し、1992年(平成4年)に再建されました。

【東寺 歴史・簡単概要】
東寺(とうじ)・教王護国寺(きょうおうごこくじ)は794年(延暦13年)桓武天皇の発願により、西寺(右大寺)とともに国家鎮護の官寺として、都の入口である羅城門の東に創建されました。796年(延暦15年)には金堂が建立されたと言われています。その後823年(弘仁14年)弘法大師・空海が嵯峨天皇から賜り、真言密教の根本道場になりました。825年(天長2年)に講堂の建立が許され、826年(天長3年)に五重塔(塔婆)の造営を勧請し、828年(天長5年)には日本最初の私立学校・綜芸種智院が創立しました。なお東寺は1994年(平成6年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都京都の文化財)のひとつに登録されました。
東寺は東寺真言宗の総本山です。
*参考・・・東寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ東寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【八幡宮護摩供 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。
東寺(アクセス・見どころ・・・)情報
東寺歴史年表
東寺見どころ

京都観光 イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2016は京都の師走の風物詩です。嵐山花灯路2016では渡月橋ライトアップや竹林の道ライト…
  2. 祇園祭前祭宵山
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  3. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われます。ただ関連行事(前儀・…

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る