藤森神社御木始・御弓始2016/1/16

藤森神社御木始・御弓始

藤森神社御木始・御弓始2016は京都の冬の風物詩です。藤森神社御木始・御弓始は毎年1月16日に行われます。御木始では本殿前で氏子の大工が神事を行い、一年の工事の安全を祈願します。御弓始では鬼という字が3つ書かれた的に神職などが矢を放って悪鬼を祓い、一年間の平穏を祈願します。

【藤森神社御木始・御弓始2016 日程(要確認)】
藤森神社御木始・御弓始2016は2016年(平成28年)1月16日(土曜日)5:45頃から行われます。なお御弓始は15:30から行われます。

スポンサードリンク


【藤森神社御木始・御弓始2016 藤森神社 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市伏見区深草鳥居崎町609
最寄り駅・・・藤森駅(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からはJR奈良線

【藤森神社御木始・御弓始 歴史・簡単概要】
藤森神社御木始(おきはじめ)・御弓始(おゆみはじめ) では早朝に御木始、午後に御弓始が行われます。御木始では本殿前で氏子の大工が神事を行い、一年の工事の安全を祈願します。御弓始では先ず本殿で神事を行い、神事が終了すると拝殿に移動します。その後拝殿前に鬼という字が3つ書かれた的に拝殿から神職・氏子が矢を放って悪鬼を祓い、一年間の平穏を祈願します。なお御弓始は平安時代に正月17日に行われる射礼の儀(じゃらいのぎ)が起源とも言われています。射礼の儀では天皇臨席の元で射技を披露したそうです。

【藤森神社 歴史・簡単概要】
藤森神社(ふじのもりじんじゃ)は起源が明確ではありません。社伝によると203年(神功皇后摂政3年)神功皇后が三韓征伐から凱旋した際、軍旗や武具を埋めて塚を造ったのが起源と言われています。その後伏見稲荷大社が創建され、現在の場所に移りました。なお東殿は759年(天平宝字3年)崇道尽敬皇帝(舎人親王)を祀る神社として、藤尾の地に創建されたが、1438年(永享10年)に合祀されました。また西殿は800年(延暦19年)早良親王を祀る神社として、塚本の地に創建されたが、1470年(文明2年)に合祀されました。
*参考・・・藤森神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ藤森神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【藤森神社御木始・御弓始2016 備考】*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。
藤森神社御木始・御弓始2016では御弓始は20分ほどで終了しました。氏子さんは5、6人が矢を射ました。
藤森神社(アクセス・見どころ・・・)情報

京都観光 イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2016は京都の師走の風物詩です。嵐山花灯路2016では渡月橋ライトアップや竹林の道ライト…
  2. 祇園祭前祭宵山
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  3. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われます。ただ関連行事(前儀・…

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る