東福寺・泉涌寺紅葉散策コース

東福寺

東福寺・泉涌寺紅葉散策コースは紅葉の名所として、通天橋や通天モミジ(唐楓)が有名な東福寺や泉涌寺を散策するルートです。なおルート周辺には東福寺や泉涌寺の塔頭である芬陀院・一華院・同聚院・新善光寺・悲田院・観音寺などもあり、寄り道しながら紅葉を楽しむのもいいかもしれません。(東福寺から泉涌寺までは少し距離があり、上り坂が多い為、東福寺と東福寺三名橋(通天橋・偃月橋・臥雲橋)、そして東福寺の塔頭だけを散策するのもいいかもしれません。)

【東福寺・泉涌寺紅葉散策コース】

スポンサードリンク


【紅葉の見頃(例年)・拝観料】
東福寺・・・11月中旬~11月下旬頃(通天橋 大人・大学生・高校生400円、小人・中学生300円)
泉涌寺・・・11月中旬~11月下旬頃(大人500円、中学生以下300円)

【東福寺 概要】
東福寺は1236年(嘉禎2年)摂政・九条道家が高さ5丈(約15メートル)の釈迦像を安置する寺院を創建することを発願し、仏殿を建立したのが起源です。東福寺の名称は奈良の東大寺と興福寺から1字ずつ取りました。なお通天橋から見る紅葉(もみじ)は名所になっています。
東福寺・紅葉名所

【泉涌寺 概要】
泉涌寺は天長年間に弘法大師・空海が草庵を結んだのが起源とも、856年(斉衡3年)左大臣・藤原緒嗣が神修上人を開山として山荘を改めたのが起源とも言われています。なお山内には後堀河天皇の陵墓が築かれ、後水尾天皇などが葬られ、「御寺(みてら)」と言われるようになりました。
泉涌寺・紅葉名所

【芬陀院 概要】
芬陀院は東福寺の塔頭です。芬陀院は元亨年間に一条経通が父・一条内経の為に定山祖禅(じょうざんそぜん)を開山として創建しました。芬陀院の名称は一条内経の法号「芬陀利華院」に由来しています。なお芬陀院には雪舟が作庭したと言われている庭園があり、雪舟寺と言われています。
芬陀院(アクセス・見どころ・・・)

【一華院 概要】
一華院は東福寺の塔頭です。一華院は応永年間に東漸建易(とうげんけんえき)が開創したと言われています。その後一時廃絶するが、1808年(文化5年)霊雲院・天瑞(てんずい) が再興したとも、1821年(文政4年)霊雲院・矢瑞守選が再興したも言われています。
一華院(アクセス・見どころ・・・)

【同聚院 概要】
同聚院は東福寺の塔頭です。同聚院は関白・藤原忠平(ふじわらのただひら)が建立した法性寺(ほっしょうじ)・五大堂があった場所です。同聚院は1444年(文安元年)文渓元作(ぶんけいげんさく)が師である東福寺第129世・琴江令薫(きんこうれいこん)の菩提を弔う為に創建しました。
同聚院(アクセス・見どころ・・・)

【新善光寺 概要】
新善光寺は泉涌寺の塔頭です。新善光寺は1243年(寛元元年)値願念西が勧進し、後嵯峨天皇の御願寺として一条大宮に創建されました。その後応仁の乱の兵火によって焼失し、1473年(文明5年)に泉涌寺山内に移り、孤雲正瑞が再興しました。
新善光寺(アクセス・見どころ・・・)

【悲田院 概要】
悲田院は泉涌寺の塔頭です。悲田院は聖徳太子が孤児や身寄りのない老人を収容する施設を造ったのが起源です。悲田院は1308年(延慶元年)無人如導(むにんにょどう)が一条安居院に再興しました。その後1646年(正保3年)永井直清が現在の場所に移し、泉涌寺の塔頭になりました。
悲田院(アクセス・見どころ・・・)

【観音寺 概要】
観音寺は泉涌寺の塔頭です。観音寺・今熊野観音寺は807年(大同2年)弘法大師・空海が熊野権現の霊示を受け、自ら観音像を刻んで草堂に安置したのが起源と言われています。その後永暦年間に新熊野神社(いまくまのじんじゃ)が造営されるとその本地仏を祀る寺とされました。
観音寺(アクセス・見どころ・・・)

【東福寺・泉涌寺紅葉散策コース 備考】
京都紅葉名所・見頃
京都紅葉名所

京都観光 イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2016は京都の師走の風物詩です。嵐山花灯路2016では渡月橋ライトアップや竹林の道ライト…
  2. 祇園祭前祭宵山
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  3. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われます。ただ関連行事(前儀・…

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る