詩仙堂・曼殊院紅葉散策コース

詩仙堂

詩仙堂・曼殊院紅葉散策コースは比叡山の西側にあり、紅葉の名所として知られている詩仙堂・曼殊院を散策するルートです。なおルート周辺には八大神社・鷺森神社・林丘寺・修学院離宮・赤山禅院などもあり、寄り道しながら紅葉を楽しむのもいいかもしれません。(ただ修学院離宮の拝観には事前の申込みが必要です。)

【詩仙堂・曼殊院紅葉散策コース】

スポンサードリンク


【紅葉の見頃(例年)・拝観料】
詩仙堂・・・11月中旬~11月下旬頃(大人500円、高校生400円、小・中学生200円)
曼殊院・・・11月中旬~11月下旬頃(一般600円、高校500円、中小学生400円)

【詩仙堂 概要】
詩仙堂・丈山寺は1641年(寛永18年)徳川家の家臣・石川丈山(いしかわじょうざん)が隠居の為に造営した山荘が起源です。なお詩仙堂の名称は中国の詩家36人の肖像を絵師・狩野探幽(かのうたんゆう)が描き、丈山自らが詩を書いた肖像を四方の壁に掲げた「詩仙の間」に由来しています。
詩仙堂・紅葉名所

【曼殊院 概要】
曼殊院・曼殊院門跡は天台宗の宗祖である伝教大師(でんぎょうだいし)・最澄が延暦寺がある比叡山に鎮護国家の道場として、草創した坊(小寺院)が起源です。なお曼殊院は青蓮院・三千院・妙法院・毘沙門堂と並び、京都天台五門跡のひとつに数えられています。
曼殊院・紅葉名所

【八大神社 概要】
八大神社は1294年(永仁2年)八坂神社(祇園社)に祀られている素盞嗚命などを勧請して造営され、北の祇園(祇園社)とも言われました。なお八大神社は宮本武蔵が兵法家・吉岡一門と一乗寺下り松で決闘を行う際、神頼みを思い立ったが、神仏に頼ろうとする自分の弱さに気づき、止めたと言われています。
八大神社(アクセス・見どころ・・・)

【鷺森神社 概要】
鷺森神社は貞観年間に赤山禅院付近に創建されたと言われています。その後応仁の乱の兵火によって焼失し、修学院離宮がある場所に移されたが、後水尾上皇による修学院離宮造営により、現在の場所に移されました。なお縁結びの石・八重垣に触れて願うと悪縁を絶ち、良縁を結んでくれると言われています。
鷺森神社(アクセス・見どころ・・・)

【林丘寺 概要】
林丘寺は後水尾法皇が営んだ修学院離宮の隣地で、法皇の第1皇女・梅宮文智女王(うめみやぶんちじょおう)が開山した円照寺があった場所でした。その後法皇から第8皇女・朱宮光子内親王(あけのみやてるこないしんのう)に別殿・楽只軒(らくしけん)が贈られ、法皇の没後の遺勅によって寺に改められました。
林丘寺(アクセス・見どころ・・・)

【修学院離宮 概要】
修学院離宮は後水尾上皇の皇女・文智女王(ぶんちじょおう)が草庵を営み、円照寺を創建した場所です。その後後水尾上皇が文智女王を訪ね、隣雲亭からの眺めから修学院離宮の造営を決意したとも言われ、1655年(明暦元年)後水尾上皇の指示により、江戸幕府が修学院離宮の造営を開始しました。
修学院離宮・紅葉名所

【赤山禅院 概要】
赤山禅院は888年(仁和4年)第4世天台座主・安慧(あんね)が第3世天台座主の慈覚大師(じかくだいし)の遺命により、赤山大明神(泰山府君)を勧請して建立したのが起源です。その後後水尾天皇が修学院離宮に行幸された際、社殿の修築と「赤山大明神」の勅額を賜りました。
赤山禅院(アクセス・見どころ・・・)

【詩仙堂・曼殊院紅葉散策コース 備考】
京都紅葉名所・見頃
京都紅葉名所

京都観光 イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2016は京都の師走の風物詩です。嵐山花灯路2016では渡月橋ライトアップや竹林の道ライト…
  2. 祇園祭前祭宵山
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  3. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われます。ただ関連行事(前儀・…

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る