長刀鉾稚児

長刀鉾

長刀鉾稚児は現在唯一の生稚児(いきちご)で、神の使いとされています。長刀鉾稚児は四条麩屋町に張られた注連縄(しめなわ)を太刀で切り、神域との結界を開放し、山鉾が進んでいきます。また長刀鉾稚児は山鉾巡行中に稚児舞(太平の舞)を披露し、山鉾巡行のコースを清め祓います。

【祇園祭 概要・日程・ルート】
祇園祭2017(日程・宵山・山鉾巡行・・・)
祇園祭日程2017
祇園祭2017日程詳細

スポンサードリンク


【祇園祭 長刀鉾稚児】
長刀鉾稚児は祇園祭に先立って、毎年6月上旬頃に10歳前後の男子が家来役の禿(かむろ)の男子2名とともに選ばれます。長刀鉾稚児はかつて長刀鉾町から選ばれていたが、最近は京都市内から選ばれているそうです。長刀鉾稚児は6月の大安の日に八坂神社から神職を迎え、長刀鉾町と養子縁組の結納を交わす結納の儀を行います。

【長刀鉾稚児 生稚児】
長刀鉾稚児は現在唯一の生稚児(いきちご)です。祇園祭ではかつて船鉾・大船鉾以外の鉾には生身の子供である生稚児が搭乗していました。しかし1788年(天明8年)の天明の大火で被災した函谷鉾が1839年(天保10年)に再興した際、生稚児に代わって稚児人形を使うようになってからは他の鉾も徐々に人形に代わり、1929年(昭和4年)に放下鉾が人形に代わって以来、生稚児を乗せるのは長刀鉾だけになりました。なお祇園祭では綾傘鉾の6人の稚児が鉾の先導役を勤めるが、それらの子供は鉾稚児と言われるそうです。

【長刀鉾稚児 神の使い】
長刀鉾稚児は祇園祭前祭山鉾巡行に先立って、毎年7月13日に長刀鉾稚児社参(お位もらい)を行い、正五位少将・十万石大名の位を授かります。長刀鉾稚児社参後、長刀鉾稚児は神の使いとされ、公の場では地面に足をつけることが許されず、男性強力(ごうりき)の肩に担がれて移動します。ちなみにお位もらいは高い長刀鉾の上から貴人などを見下ろしても不遜にならないようにする為と言われています。なお長刀鉾稚児は祇園祭の初日である毎年7月1日にお千度も行い、神事(祇園祭)の無事を祈願します。お千度の際、長刀鉾稚児・役員などは本殿を時計回りに3周するが、役員は長刀鉾稚児と素手で手をつなぐことは許されず、白い布越しに手をつないで本殿を3周します。

【長刀鉾稚児 稚児の生活】
長刀鉾稚児は結納の儀が行われると長刀鉾稚児の自宅には八坂神社の祭神・素戔嗚尊(すさのおのみこと)=牛頭天王(ごずてんのう)を祀る祭壇が設けられ、穢れないように清祓の儀が行われます。長刀鉾稚児の自宅では当主が毎朝祭壇にお供えを欠かさないよう務めます。なお7月13日に長刀鉾稚児社参が行われ、正五位少将・十万石大名の位を授かれると長刀鉾稚児は精進潔斎(しょうじんけっさい)の生活に入ります。長刀鉾稚児は女人禁制のしきたりに従い、食事は母親などの女性が用意することは許されず、父親が他の人とは別の火を使って用意します。また長刀鉾稚児は食事中、女性と同席することもできません。なお祇園祭に関わることは男性の役員が世話をします。ちなみに長刀鉾では現在も女性は搭乗することができません。

【長刀鉾稚児 注連縄切り】
長刀鉾稚児は四条麩屋町に張られた注連縄(しめなわ)を太刀で切り、神域との結界を開放し、祇園祭前祭の山鉾が進んでいきます。注連縄切りは稚児舞(太平の舞)を披露した後に行います。なお注連縄が張られる斎竹は7月15日の早朝に高橋町の奉仕によって建てられ、注連縄は山鉾巡行の直前に張られます。

【長刀鉾稚児 稚児舞】
長刀鉾稚児は祇園祭前祭山鉾巡行中に稚児舞(太平の舞)を披露し、山鉾巡行のコースを清め祓います。稚児舞は注連縄切りの際や長刀鉾の巡行中に町名が変わる度に披露されます。なお稚児舞は7月5日に先ず長刀鉾町の関係者に披露し、その後町会所の2階の窓を長刀鉾に見立てて、一般に披露します。長刀鉾稚児の足は父親などが支え、稚児係が後ろからサポートし、長刀鉾稚児と稚児係が二人羽織のように行います。ちなみに放下鉾の稚児人形・三光丸(さんこうまる)は稚児舞を披露できるように作られています。

【長刀鉾稚児 稚児餅】
長刀鉾稚児は7月13日の長刀鉾稚児社参(お位もらい)が終わると八坂神社の境内にある中村楼に立ち寄り、稚児餅を献上されます。稚児餅を食べると夏痩せせず、疫病除けのご利益があると言われています。なお稚児餅は7月14日から31日まで一般人も購入することができます。

【長刀鉾稚児 長刀鉾】
長刀鉾(なぎなたほこ)は鉾頭に疫病邪悪(えきびょうじゃあく)を祓う大長刀(おおなぎなた)を付けていることに由来しています。鉾頭にはかつて三条小鍛冶宗近(さんじょうこかじむねちか)が造った長刀、1522年(大永2年)に三条長吉が造った長刀、1675(延宝3年)に和泉守来金道が造った長刀が使われていたが、現在は木に銀箔を張ったレプリカが使われています。なお長刀は刃先が御所・八坂神社には向かないように南向きに取り付けられています。

【長刀鉾稚児 備考】
長刀鉾(アクセス・見どころ・・・)情報
祇園祭見どころ(前祭)

京都観光 イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2016は京都の師走の風物詩です。嵐山花灯路2016では渡月橋ライトアップや竹林の道ライト…
  2. 祇園祭前祭宵山
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  3. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われます。ただ関連行事(前儀・…

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る