龍安寺・妙心寺紅葉散策コース

龍安寺

龍安寺・妙心寺紅葉散策コースはいずれも世界遺産である龍安寺・仁和寺、そして龍安寺の本坊である妙心寺などを散策するルートです。なおルート周辺には等持院、そして妙心寺のいずれも塔頭である西源院・退蔵院・大龍院などもあり、寄り道しながら紅葉を楽しむのもいいかもしれません。(龍安寺から妙心寺までは距離がある為、龍安寺から仁和寺まで散策するのがいいかもしれません。)

【龍安寺・妙心寺紅葉散策コース】

スポンサードリンク


【紅葉の見頃(例年)・拝観料】
龍安寺・・・11月中旬~11月下旬頃(大人・高校生500円、小・中学生300円)
仁和寺・・・11月中旬~11月下旬頃(御殿 大人高校生500円、中学生小学生300円)
妙心寺・・・11月中旬~11月下旬頃(大人500円、中学生300円、小学生100円)

【龍安寺 概要】
龍安寺は1450年(宝徳2年)室町幕府管領・細川勝元が山荘を譲り受け、義天玄詔(ぎてんげんしょう)を開山、日峰宗舜(にっぽうそうしゅん)を勧請開山にし、妙心寺の塔頭として創建しました。なお枯山水の方丈石庭は油土塀の高さを変え、目の錯覚によって石庭が実際よりも広く見えるトリックが施されています。
龍安寺・紅葉名所

【仁和寺 概要】
仁和寺は886年(仁和2年)光孝天皇が西山御願寺を建立することを発願したのが起源です。ただ光孝天皇は翌年に亡くなり、子・宇多天皇が遺志を引き継いで開基しました。なお仁和寺の桜は江戸時代の儒学者である貝原益軒の京城勝覧に「洛中洛外にて第一とす」と絶賛されました。
仁和寺・紅葉名所

【妙心寺 概要】
妙心寺は1335年(建武2年)花園上皇が落飾して法皇になり、花園御所を禅寺に改めることを発願したのが起源です。ただ1337年(建武4年)花園法皇の禅の師・宗峰妙超(しゅうほうみょうちょう)が亡くなった為、1342年(興国3年)宗峰妙超が推挙した関山慧玄(かんざんえげん)が京に戻ってから開山になりました。
妙心寺・紅葉名所

【西源院 概要】
西源院は妙心寺の塔頭です。西源院は室町幕府管領・細川勝元が徳大寺家から寺地を得て、清源庵を建てた後に場所を移したのが起源とも、1489年(延徳元年)管領・細川政元が特芳禅傑(とくほうぜんけつ)を請じて創建したのが起源とも言われています。なお西源院は通常非公開だが、日本庭園を眺めながら精進料理を食べることができます。
西源院(アクセス・見どころ・・・)

【退蔵院 概要】
退蔵院は妙心寺の塔頭です。退蔵院は1404年(応永11年)越前国の豪族・波多野重通(はたのしげみち)が妙心寺第3世・無因宗因(むいんそういん)を開山として、千本通松原に創建したのが起源です。その後日峰宗舜(にっぽうそうしゅん)が妙心寺内に移しました。
退蔵院(アクセス・見どころ・・・)

【大龍院 概要】
大龍院は妙心寺の塔頭です。大龍院は1606年(慶長11年)中村忠一(なかむらただかず) が父・一氏(かずうじ)の七回忌に妙心寺80世・鉄山宗鈍(てっさんそうどん)を開祖として創建しました。その後明治時代に現在の場所に移ったが、1878年(明治11年)に建物を取り壊し、大領院と合寺して大龍院に改めました。
大龍院(アクセス・見どころ・・・)

【龍安寺・妙心寺紅葉散策コース 備考】
京都紅葉名所・見頃
京都紅葉名所

京都観光 イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2016は京都の師走の風物詩です。嵐山花灯路2016では渡月橋ライトアップや竹林の道ライト…
  2. 祇園祭前祭宵山
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  3. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われます。ただ関連行事(前儀・…

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る