カテゴリー:10月のイベント

  • 梨木神社例祭

    梨木神社例祭2017/10/10

    例祭2017は京都の秋の風物詩です。例祭は毎年10月10日に行われています。例祭は年中祭事の内で最も重要な祭礼です。例祭では本殿で祝詞奏上(のりとそうじょう)などの神事を行い、その後本殿内で舞楽(ぶがく)・久米舞(くめまい)が奉納されます。
  • 粟田祭

    粟田神社粟田祭2017/10/7~15

    粟田祭2017(粟田神社大祭)は京都の秋の風物詩です。粟田祭は毎年体育の日の前々日の土曜日から数日間行われます。なお粟田祭では粟田神社の神職による祝詞奏上・知恩院の僧侶による読経という神仏習合で行われたり、神輿渡御の際には青蓮院の門主から御加持を受けたりします。
  • えと祈願祭

    下鴨神社えと祈願祭2017/10/15

    えと祈願祭2017(繁昌大国秋祭)は京都の秋の風物詩です。えと祈願祭は毎年10月に行われています。えと祈願祭では実りの秋に五穀豊穣と商売繁盛を祈願します。えと祈願祭では神事終了後に舞楽・邦楽などの伝統芸能が奉納されます。なおえと祈願祭では奉賛券が販売されます。
  • 吉祥院天満宮例祭

    吉祥院天満宮例祭2017/10/15

    例祭2017は京都の秋の風物詩です。例祭は毎年10月の第2日曜日または第3日曜日に行われています。例祭では巫女よる剣の舞・鈴の舞などの巫女舞や湯立神楽が奉納されたり、火焚神事が行われたりします。また吉祥天女像を祀る吉祥天女社では大般若経転読会(だいはんにゃきょうてんどくえ)も行われます。
  • 春日祭

    西院春日神社春日祭2017/10/7・8

    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。春日祭は約1200年の歴史を持つ秋祭で、無病息災・五穀豊穣を祈願します。なお春日祭では2基の神輿・5基の剣鉾・勤皇隊(鼓笛隊)・稚児・若武者・童女・八乙女なども氏子地区を巡行します。
  • 今宮神社例大祭

    今宮神社例大祭2017/10/8・9

    例大祭2017は京都の秋の風物詩です。例大祭は毎年10月8日・9日に行われています。例大祭では神事舞・東遊(あずまあそび)が奉納されます。なお例大祭の前夜に行われる前夕神事では境内の明かりが消され、御神楽(みかぐら)・人長舞(にんちょうまい)が奉納されます。
  • 壬生寺節分厄除大法会

    壬生寺壬生狂言2017/10/7~9

    壬生狂言2017(壬生大念仏狂言)は京都の春の風物詩です。壬生狂言は毎年節分・春・秋に行われています。壬生狂言はゑんま堂狂言(千本釈迦堂)・嵯峨大念仏狂言(嵯峨釈迦堂)と合わせて、京の三大狂言に数えられています。なお壬生狂言は太鼓・鉦の音から「壬生さんのカンデンデン」とも言われています。
  • 神幸祭水火天満宮

    水火天満宮神幸祭2017/10/1

    神幸祭2017は京都の秋の風物詩です。神幸祭は毎年10月の第1日曜日に行われています。神幸祭では和太鼓・神輿などが宝鏡寺・今日庵(裏千家)・不審庵(表千家)・興聖寺(こうしょうじ)・玄武神社などがある氏子地区を巡行します。なお興聖寺では法要が行われることがあります。
  • 秋季金比羅大祭

    安井金比羅宮秋季金比羅大祭2017/10/1~10

    秋季金比羅大祭2017は京都の秋の風物詩です。秋季金比羅大祭は毎年10月1日から体育の日まで行われています。秋季金比羅大祭では本殿に祀っている神霊を鳳輦(ほうれん)に移し、鳳輦を本殿前の拝殿に置くことから1年に唯一神霊に近付け、神徳を頂ける機会とされています。
  • ずいき祭

    北野天満宮ずいき祭2017/10/1~5

    ずいき祭2017(瑞饋祭)は京都の秋の風物詩です。ずいき祭は毎年10月1日から10月5日まで行われます。ずいき祭は10月1日に北野天満宮から西ノ京の御旅所、10月4日に御旅所から北野天満宮まで鳳輦などが巡行します。なおずいき御輿は10月1日から4日午前中まで御旅所に奉安・駐輦(ちゅうれん)されます。

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る