カテゴリー:3月のイベント

  • 誠心院和泉式部忌

    誠心院和泉式部忌2018/3/21

    和泉式部忌は京都の春の風物詩です。和泉式部忌は毎年3月21日に行われています。和泉式部忌では平安時代の女流歌人で、誠心院の初代住職とされている和泉式部を偲んで法要が行われます。なお和泉式部忌では和泉式部にゆかりがある謡曲・東北(とうほく)と誓願寺(せいがんじ)も奉納されます。
  • 東寺夜桜ライトアップ

    東寺桜ライトアップ2018/3/17~4/15

    桜ライトアップ(春)2018は京都の春の風物詩です。桜ライトアップは毎年桜が見ごろを迎える時期に行われています。東寺には染井吉野・枝垂桜など約200本が植えられ、高さ約54.8メートルの五重塔の北側に植えられている樹齢130年を超えるとも言われている不二桜(八重紅枝垂桜)などがライトアップされます。
  • 瑞光寺

    瑞光寺元政上人忌・法華懺法会2018/3/18

    元政上人忌・法華懺法会2018は京都の春の風物詩です。元政上人忌・法華懺法会は毎年3月に行われています。元政上人忌・法華懺法会では元政上人を偲んで法要が行われます。また詩文などに才があった元政上人の遺墨・書画・遺品などを展示する遺品展も行われます。
  • 青龍会

    清水寺青龍会2018/3/14・15

    青龍会は京都の春の風物詩です。青龍会は毎年3月14日・3月15日に行われています。青龍会では転法衆・会奉行・夜叉神・四天王・十六善神の神々・龍衆が奥の院・地主神社・音羽の滝・経堂・三重塔・西門・石段下・門前町・仁王門・轟門・本堂の順にお練を行い、人々の安寧を祈願します。
  • 梅宮大社梅産祭

    梅宮大社梅産祭2018/3/4

    梅産祭は京都の春の風物詩です。梅産祭は毎年3月の第1日曜に行われています。梅産祭は祭神・酒解子神(さかとけこのかみ)が大若子神と結婚するとすぐに小若子神を産んで、甘酒の起源と言われている天甜酒(あめのうまざけ)を造ったとされる故事に因んで行われます。
  • 衣手神社歩射祭

    衣手神社歩射祭2016/3/6

    歩射祭2016は京都の春の風物詩です。歩射祭は毎年3月の第1日曜日に行われています。歩射祭では春にこの秋の五穀豊穣を祈願します。また歩射祭では矢を的に射って、作物の豊凶を占います。なお歩射祭では神事終了後に神職が4本の矢を放ちます。
  • 東山花灯路

    東山花灯路2018/3/9~18

    東山花灯路2018は京都の春の風物詩です。東山花灯路は毎年3月に行われています。東山花灯路では北の青蓮院・南の清水寺・東の京都霊山護国神社・西は八坂神社に囲まれたエリアにLEDを使った行灯が灯され、青蓮院・知恩院・高台寺・円徳院・清水寺でライトアップ・特別拝観が行われます。
  • 上賀茂神社流し雛

    上賀茂神社流し雛2017/3/3

    流し雛2017は京都の春の風物詩です。流し雛は毎年3月3日頃に行われています。流し雛では紙のひな人形を庭園・渉渓園を流れるならの小川に流し、子どもの無病息災を祈願します。なお流し雛はこの春小学生になる上賀茂幼稚園・上賀茂保育園の子どもなどが行います。
  • 下鴨神社流しびな

    下鴨神社流し雛2018/3/3

    流し雛2018は京都の春の風物詩です。流し雛は毎年3月3日に行われています。流し雛では十二単のお雛さま・衣冠装束のお内裏さま・神職などが和紙人形を藁で編んだ桟俵(さんだわら)に乗せ、境内末社・御手洗社(みたらししゃ)の前を流れる御手洗川(御手洗池)に流し、子どもの無病息災を祈願します。
  • 三十三間堂春桃会

    三十三間堂春桃会2018/3/3

    春桃会2018は京都の春の風物詩です。春桃会は毎年3月3日に行われています。春桃会は三十三間堂の「三」に因み、「三」が重なる3月3日の桃の節句に行われ、無事息災を祈願します。春桃会では華道・池坊による献花式・華展や寄席が行われます。また特設の高壇から千体仏を見ることもできます。

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 吉田神社節分祭

    2018年2月のイベント

    京都市内などで2018年2月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る