カテゴリー:7月のイベント

  • 宵宮神賑奉納行事

    祇園祭宵宮神賑奉納行事2019/7/16

    祇園祭宵宮神賑奉納行事は京都の夏の風物詩です。祇園祭宵宮神賑奉納行事は毎年7月16日に行われています。宵宮神賑奉納行事は祇園祭の起源とされる祇園御霊会(ごりょうえ)で歌舞を奉納し、荒ぶる御霊を慰め、悪疫退散を祈願したことに由来しています。なお宵宮神賑奉納行事ではかつて京舞・鷺舞などが奉納されました。
  • 石見神楽

    祇園祭石見神楽2019/7/16

    祇園祭石見神楽は京都の夏の風物詩です。祇園祭石見神楽は毎年7月16日に行われています。石見神楽では八坂神社の祭神で、祇園祭の起源とされる素戔嗚尊(すさのおのみこと)が8つの頭と8本の尾を持つ八岐大蛇を退治し、天の村雲の剣を得る大蛇などが奉納されます。なお石見神楽では年によって演目が変更になることがあります。
  • 山伏山護摩焚き

    祇園祭山伏山護摩焚き2019/7/15

    祇園祭山伏山護摩焚きは京都の夏の風物詩です。祇園祭山伏山護摩焚きは毎年7月15日に行われています。護摩焚きでは路上に青竹で囲んで斎場を設け、祇園祭山鉾巡行(前祭)の安全を祈願します。また護摩焚きでは聖護院門跡の山伏が護摩壇で奉納された護摩木を焚き上げ、家内安全・無病息災・祈願成就などを願います。
  • 宮川町ビアガーデン

    宮川町ビアガーデン2018/7/15~8/31

    宮川町ビアガーデン2018は京都の夏の風物詩です。宮川町ビアガーデンは毎年夏場に行われるようになりました。ビアガーデンでは宮川町歌舞練場横に屋根付きの特設広場を設け、舞妓・芸妓4人が特設ステージで踊りを披露したり、テーブルを回ったりします。また宮川町一帯に約120基の灯籠が灯されます。
  • 放下鉾曳き初め

    祇園祭山鉾曳き初め(前祭)2019/7/13

    祇園祭山鉾曳き初め(前祭)2019は京都の夏の風物詩です。祇園祭山鉾曳き初め(前祭)は毎年7月13日に行われています。山鉾曳き初めでは山鉾巡行(前祭)に先立って、組み立てられたばかりの山鉾を本番さながらに動かします。7月13日の山鉾曳き初めでは放下鉾(ほうかほこ)・船鉾(ふねほこ)・岩戸山(いわとやま)が曳かれます。
  • 長刀鉾曳き初め

    祇園祭山鉾曳き初め(前祭)2019/7/12

    祇園祭山鉾曳き初め(前祭)2019は京都の夏の風物詩です。祇園祭山鉾曳き初め(前祭)は毎年7月12日に行われています。山鉾曳き初め(前祭)では山鉾巡行に先立って、組み立てられたばかりの山鉾を本番さながらに動かします。なお7月12日の山鉾曳き初めでは函谷鉾・鶏鉾・月鉾・菊水鉾・長刀鉾が曳かれます。
  • 祇園祭神輿洗

    祇園祭神輿洗2019/7/10

    祇園祭神輿洗(7月10日)は京都の夏の風物詩です。祇園祭神輿洗は毎年7月10日に行われています。神輿洗では祇園祭神幸祭に先立って、中御座神輿を八坂神社から四条大橋まで運び、神用水清祓式で鴨川から汲み上げた神用水を榊で振り掛けて清めます。なお振り掛けられた水を浴びると厄除けのご利益があるとも言われています。
  • 祇園祭お迎え提灯

    祇園祭お迎え提灯2019/7/10

    祇園祭お迎え提灯2019は京都の夏の風物詩です。祇園祭お迎え提灯は毎年7月10日に行われています。お迎え提灯では先ず行列は八坂神社から本能寺(京都市役所)まで巡行し、本能寺(市役所)で踊りなどを披露します。その後行列は市役所から御旅所を経由して八坂神社に戻り、西楼門前の石段下で神輿洗の神輿を迎えます。
  • 陶器供養会

    千本釈迦堂陶器供養会2018/7/9~12

    陶器供養会2017は京都の夏の風物詩です。陶器供養会は毎年7月9日から12日まで行われています。陶器供養会は本尊・釈迦如来坐像の方便化身・地天尊を勧請し、日常の生活に欠かせない茶碗などの瀬戸物を祀り、感謝を捧げ、家内安全・健康増進を祈願します。なお陶器供養会では陶器業界発展の祈願法要も行われます。
  • 精大明神例祭

    白峯神宮精大明神例祭2018/7/7

    精大明神例祭(七夕祭)は京都の夏の風物詩です。精大明神例祭は毎年7月7日に行われています。精大明神例祭では神事中に舞楽が奉納されます。なお精大明神例祭では精大明神が球技(蹴鞠)の神とされていることから蹴鞠も奉納されます。また精大明神が七夕の神とされていることから小町をどりも奉納されます。
  • 綾傘鉾稚児社参

    祇園祭綾傘鉾稚児社参2019/7/7

    祇園祭綾傘鉾稚児社参は京都の夏の風物詩です。祇園祭綾傘鉾稚児社参は毎年7月7日に行われています。綾傘鉾稚児社参では顔を真っ白に化粧し、金色の烏帽子に狩衣姿の綾傘鉾稚児6人が役員とともに八坂神社に社参し、神事(祇園祭)の無事などを祈願します。なお綾傘鉾稚児社参ではお千度も行われます。
  • はも道中

    祇園祭はも道中2019/7/

    祇園祭はも道中は京都の夏の風物詩です。祇園祭はも道中は毎年7月上旬に行われています。はも道中では八坂神社から四条通を木桶に入れた鱧(はも)・人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)の人形・クイーン淡路・島原の太夫などが練り歩き、その後八坂神社に鱧を奉納します。なお祇園祭は別名・鱧祭(鱧祭り)とも言われています。

京都観光 イベント・行事

  1. 時代祭

    2018年10月のイベント

    京都市内などで2018年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 時代祭

    時代祭2018/10/22

    時代祭2018は京都の秋の風物詩です。時代祭2018・時代行列進発は10月22日に行われます。時代祭…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 船岡大祭
    船岡大祭は京都の秋の風物詩です。船岡大祭は毎年10月19日に行われています。船岡大祭では織田信長が好…
  2. 斎宮行列
    斎宮行列2018は京都の秋の風物詩です。斎宮行列は毎年10月の第3日曜日に行われています。斎宮行列は…
  3. 笠懸神事
    笠懸神事2018は京都の秋の風物詩です。笠懸神事は毎年10月の第3日曜に行われています。笠懸では約5…
  4. 春日祭
    春日祭2018は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  5. 清水寺ピンクイルミネーション
    ピンクイルミネーションは京都の秋の風物詩です。ピンクイルミネーションは毎年10月上旬頃から下旬頃まで…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る