葵祭2019/5/15

葵祭

葵祭は上賀茂神社・下鴨神社の祭礼です。葵祭は千年以上の歴史があり、日本三勅祭に数えられました。かつて平安時代の平安京でお祭りと言えば、葵祭を指すほど隆盛を極めていました。なお葵祭のハイライト・路頭の儀では十二単を身に着けた斎王代など人約500名・馬約40頭・牛4頭・牛車2台・輿(こし)1丁が巡行します。

【葵祭2019日程(要確認)】
葵祭2019・路頭の儀は2019年5月15日(水曜日)に行われます。ただ悪天候の場合、翌16日(木曜日)に順延されます。
葵祭2019(ルート・斎王代・・・)
葵祭2019日程(行事・ルート・・・)

【葵祭・路頭の儀 ルートマップ】

●京都御所出発(10:30)→堺町御門→丸太町通(11:00頃)→河原町通→下鴨神社到着(11:40頃)

●下鴨神社出発(14:20)→下鴨本通→洛北高校前(14:40頃)→北大路通→北大路橋(14:55頃)→賀茂川堤→上賀茂神社到着(15:30頃)

スポンサーリンク


【葵祭 歴史・簡単概要】
葵祭(賀茂祭)は古墳時代後期の第29代・欽明天皇(540年~571年)の時代に京都をはじめ全国が風水害に見舞われ、飢餓・疫病が流行し、賀茂大神(上賀茂神社・下鴨神社)の崇敬者である卜部伊吉若日子(うらべのいきわかひこ)に占わせられたところ賀茂大神の祟りであると奏した為、卜部伊吉若日子が勅命により、旧暦の4月吉日を選んで、馬に鈴を懸け、人は猪頭(いのがしら)を被り、駆競(くち・かけくらべ)して盛大に祭りを行ったのが起源とも言われています。また葵祭は上賀茂神社によると神代の昔に賀茂別雷命(かもわけいかづちのかみ)が現社殿の北北西にある秀峰・神山(こうやま)に降臨した際の神託により、奥山の賢木(さかき)を取って阿礼(あれ)に立て、綵色(いろあや)を飾ったり、走馬(そうま)を行ったり、葵楓(あおいかつら)の蔓(かずら)を装ったりして祭りを行ったのが起源とも言われています。なお葵祭は奈良県奈良市・春日大社(かすがたいしゃ)の春日祭と京都府八幡市・石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)の石清水祭とともに日本三勅祭、八坂神社の祇園祭(ぎおんまつり)と平安神宮の時代祭(じだいまつり)とともに京都三大祭りに数えられています。
葵祭歴史年表

【葵祭 祭儀】
葵祭ではかつて宮中の儀・路頭の儀(ろとうのぎ)・社頭の儀(しゃとうのぎ)が行われていたが、現在は天皇が祭文(さいもん)・幣物(へいもつ)などを授ける宮中の儀は行われず、路頭の儀・社頭の儀が行われています。
●路頭の儀では社頭の儀を行う為、勅使・斎王代などが行列を組んで、先ず京都御所から下鴨神社に向かいます。下鴨神社での社頭の儀終了後、上賀茂神社に向かい、上賀茂神社到着後に下鴨神社同様に社頭の儀を行います。なお路頭の儀では十二単を身に着けた斎王代(さいおうだい)など人約500名・馬約40頭・牛4頭・牛車2台・輿(こし)1丁が京都御所から下鴨神社を経由し、上賀茂神社まで巡行します。
●社頭の儀では天皇の勅使が下鴨神社・上賀茂神社の祭神に天皇のお言葉が書かれた紅紙の祭文(さいもん)・宣命(せんみょう)を奏上し、幣物(へいもつ)を奉納します。
祭儀・葵祭

【葵祭 上賀茂神社】
上賀茂神社(かみがもじんじゃ)・賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)は起源が明確ではありません。上賀茂神社は社伝によると神代の昔に賀茂別雷命(かもわけいかづちのかみ)が現社殿の北北西にある秀峰・神山(こうやま)に降臨したのが起源とも言われています。その後678年(天武天皇7年)に賀茂神宮が造営されたとも言われています。794年(延暦13年)の第50代・桓武天皇による平安京遷都以降は皇城鎮護の神・山城国一之宮として、桓武天皇を初めとする歴代天皇が行幸・奉幣祈願されたと言われています。807年(大同2年)に最高位である神階・正一位を賜って、葵祭(賀茂祭)が勅祭になり、810年(大同5年)には賀茂斎院が置かれ、第52代・嵯峨天皇の皇女・有智子内親王(うちこないしんのう)が初代斎王として仕え、以降歴代斎王が葵祭に奉仕しました。上賀茂神社は明治時代から戦後まで伊勢神宮に次ぐ、官幣大社の筆頭とされました。なお上賀茂神社は1994年(平成6年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都京都の文化財)のひとつに登録されました。
上賀茂神社は下鴨神社(賀茂御祖神社)とともに古代氏族・賀茂氏の氏神を祀る神社です。
上賀茂神社・葵祭上賀茂神社見どころ・葵祭

【葵祭 下鴨神社】
下鴨神社(しもがもじんじゃ)・賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)は起源が明確ではありません。下鴨神社は社伝によると初代・神武天皇の時代(紀元前660年~紀元前582年)に比叡山西麓の御蔭山(みかげやま)に祭神・賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)が降臨したのが起源とも言われています。また下鴨神社は紀元前90年(崇神天皇7年)に瑞垣(みずかき)の修造の記録があり、それ以前から祀られていたとも言われています。その後第29代・欽明天皇の時代(539年~571年)に欽明天皇が勅使を派遣して葵祭(賀茂祭)が始まり、678年(天武天皇7年)に社殿が造営され、天平年間(729年~749年)には上賀茂神社から分置されたとも言われています。794年(延暦13年)の第50代・桓武天皇による平安京遷都の際、王城鎮護の神になり、桓武天皇が初めて行幸しました。その後807年(大同2年)に神階・正一位に叙され、葵祭が天皇の勅使が派遣されて行われる勅祭になり、810年(大同5年)には葵祭に奉仕する賀茂斎院(かもさいいん)が置かれ、第52代・嵯峨天皇の皇女・有智子内親王(うちこないしんのう)が初代斎王として仕えました。なお下鴨神社は1994年(平成6年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都京都の文化財)のひとつに登録されました。
下鴨神社は上賀茂神社(賀茂別雷神社)とともに古代氏族の賀茂氏の氏神を祀る神社です。
下鴨神社・葵祭下鴨神社見どころ・葵祭

【葵祭 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 時代祭

    2018年10月のイベント

    京都市内などで2018年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…
  2. 時代祭

    時代祭2018/10/22

    時代祭2018は京都の秋の風物詩です。時代祭2018・時代行列進発は10月22日に行われます。時代祭…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る