葵祭観覧席・穴場

葵祭

葵祭観覧席・穴場スポットを紹介しています。葵祭観覧スポットは大きく京都御苑・京都御苑から下鴨神社に向かう一般道・下鴨神社・下鴨神社から上賀茂神社に向かう一般道・上賀茂神社に分けられます。なお葵祭では京都御苑と下鴨神社の参道に有料観覧席が設けられます。

【葵祭2018 日程時間(要確認)】
葵祭2018・路頭の儀(行列)は2018年(平成30年)5月15日(火曜日)10:30から行われます。ただ悪天候の場合、翌16日(水曜日)に順延されます。なお葵祭の前儀・後儀(関連行事)は5月1日(火曜日)から21日(月曜日)頃まで行われます。
葵祭2018(ルート・斎王代・・・)
葵祭2018日程(行事・ルート・・・)

【葵祭観覧席・穴場 ルートマップ】

●葵祭のタイムテーブルは次の通りです。
京都御所出発(10:30)→堺町御門→丸太町通(11:00頃)→河原町通→下鴨神社到着(11:40頃)

下鴨神社出発(14:20)→下鴨本通→洛北高校前(14:40頃)→北大路通→北大路橋(14:55頃)→賀茂川堤→上賀茂神社到着(15:30頃)

スポンサーリンク


【葵祭観覧席・穴場 有料観覧席】
葵祭の有料観覧席は京都御苑・建礼門前の南側と下鴨神社の参道に設けられます。ちなみに悪天候で順延された場合、そのまま利用することができ、払い戻しはされません。なお葵祭では例年4月上旬頃から有料観覧席の販売が開始されます。有料観覧席の料金は全席指定・パンフレット付です。
葵祭2018・有料観覧席販売申込

【葵祭観覧席・穴場 京都御苑】
葵祭観覧席・穴場では京都御苑が一番おすすめです。
●京都御苑は下鴨神社・上賀茂神社に比べるとスペースが大きく、たくさんの人が葵祭の行列を観覧することができます。
●京都御苑は京都駅から地下鉄(今出川駅・丸太町駅)で行くことができ、下鴨神社・上賀茂神社に比べると交通の便がよいのも魅力です。葵祭以外の京都観光も比較的しやすい。
●京都御苑は下鴨神社・上賀茂神社に比べると飲食店・コンビニなども多く、葵祭の後の食事や飲料の調達などが便利なのも魅力です。
●京都御苑で葵祭の行列を見終えても素早く東側にある石薬師御門・清和院御門・寺町御門を抜け、河原町通に行くと葵祭の行列の一部をもう一度見ることができます。
●葵祭の有料観覧席は京都御苑と下鴨神社に設けられるが、京都御苑の方が席数が多いのも魅力です。
●京都御苑は日差しを避けられる場所が少ないのが難点です。
京都御苑で葵祭を観覧するなら曜日や天候にもよるが、2時間以上前から場所取りをした方がいいかもしれません。
京都御苑 葵祭観覧席・穴場

【葵祭観覧席・穴場 京都御苑から下鴨神社の間】
葵祭観覧席・穴場では京都御苑から下鴨神社に向かう一般道もおすすめです。一般道には丸太町通・河原町通などがあり、河原町通がおすすめです。河原町通は丸太町通に比べると比較的人が少ないのが魅力です。特に河原町通の東側は人が少ない。
●丸太町通・河原町通は京都御苑同様に交通の便が比較的よいのが魅力です。京都御苑で葵祭を観覧するのが難しいと考えたら丸太町通・河原町通で観覧するのもいいかもしれません。
●一般道は片側一車線を葵祭の行列が巡行する為、比較的近くで行列を観覧することができます。
京都御苑から下鴨神社に向かう一般道で葵祭を観覧するなら曜日や天候にもよるが、1時間以上前から場所取りをした方がいいかもしれません。一般道は比較的穴場です。

【葵祭観覧席・穴場 下鴨神社】
葵祭観覧席・穴場では下鴨神社が一番難しいのはかもしれません。
●下鴨神社には糺の森があり、日差しを避けられる場所が比較的多いのが魅力です。ただ有料観覧席以外で観覧できるスペースは限られています。また観覧できる場所があっても木などの障害物が多いのも難点です。
●下鴨神社では走馬の儀・狂言の奉納などの行事が行われ、葵祭の行列以外でも楽しめるのも魅力です。
下鴨神社で葵祭を観覧するなら曜日や天候にもよるが、2時間以上前から場所取りをした方がいいかもしれません。
下鴨神社 葵祭観覧席・穴場

【葵祭観覧席・穴場 下鴨神社から上賀茂神社の間】
葵祭観覧席・穴場では下鴨神社から上賀茂神社に向かう一般道もおすすめです。一般道には北大路通・賀茂川堤などがあり、賀茂川堤がおすすめです。賀茂川堤は北大路通に比べると比較的人が少ないのが魅力です。また景色がよいのも魅力です。
●下鴨神社から上賀茂神社に向かう一般道は昼過ぎから葵祭の行列の巡行が行われ、午前中ゆっくり過ごせるのが魅力です。葵祭の前に京都観光するのもいいかもしれません。
●北大路通・賀茂川堤は中心地から少し離れ、比較的人が少ないのが魅力です。
●一般道は片側一車線を葵祭の行列が巡行する為、比較的近くで行列を観覧することができます。
下鴨神社から上賀茂神社に向かう一般道で葵祭を観覧するなら曜日や天候にもよるが、1時間以上前から場所取りをした方がいいかもしれません。一般道は比較的穴場です。

【葵祭観覧席・穴場 上賀茂神社】
葵祭観覧席・穴場では京都御苑の次に上賀茂神社がおすすめです。
●上賀茂神社は京都御苑ほどではないが、下鴨神社に比べると観覧スペースが大きく、また下鴨神社のように有料観覧席がないのも魅力です。
●上賀茂神社に葵祭の行列が到着するのが午後3時以降の為、午前中ゆっくり過ごせるのが魅力です。葵祭の前に京都観光するのもいいかもしれません。
●京都御苑は日差しを避けられる場所が少ないのが難点です。
上賀茂神社で葵祭を観覧するなら曜日や天候にもよるが、2時間以上前から場所取りをした方がいいかもしれません。
上賀茂神社 葵祭観覧席・穴場

【葵祭観覧席・穴場 おすすめ観覧方法】
葵祭観覧席・穴場では京都御苑と上賀茂神社などをはしごするのもおすすめです。京都御苑で葵祭の行列を観覧し、その後京都御苑周辺で食事を済ませ、できるだけ早く上賀茂神社に向かい、場所取りするのが重要です。

【葵祭観覧席・穴場 観覧グッズ】
葵祭の観覧には熱中症対策(帽子・日傘・飲料など)・紫外線対策(日焼け止め・帽子・日傘など)を行うのがおすすめです。また長時間場所取りをする為、簡易のイス・レジャーマット・食べ物などを用意した方がいいかもしれません。更に場所取り前にはトイレを済ませた方がいいかもしれません。

【葵祭観覧席・穴場 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
葵祭見どころ

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 十日ゑびす大祭

    2018年1月のイベント

    京都市内などで2018年1月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 城南宮枝垂梅
    京都梅見ごろ2018(梅時期2018)情報を紹介しています。梅の見ごろは例年2月頃から3月頃までにな…
  2. 節分会
    節分・豆まき2018情報を紹介しています。節分・豆まきは毎年立春の前日を中心に行われます。節分・豆ま…
  3. 祇園祭
    祇園祭2018日程を紹介しています。祇園祭2018では7月17日に山鉾巡行(前祭)、7月24日に山鉾…
  4. 葵祭
    葵祭2018日程を紹介しています。葵祭2018・路頭の儀(行列)は5月15日に行われます。葵祭・路頭…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る