文子天満宮

文子天満宮

文子天満宮(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(最終確認2014年末)文子天満宮を創建した多治比文子は947年(天暦元年)近江国比良宮の神主・神良種(みわのよしたね)、北野朝日寺の僧・最珍(さいちん)らとともに菅原道真を祀る北野天満宮も創建したと言われています。

【文子天満宮 アクセス・地図(要確認)】
場所・・・京都府京都市下京区間之町通花屋町下ル天神町400
最寄り駅・バス停・・・烏丸七条(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは5系統(A1乗り場)、26系統(D3乗り場)、205系統(B3乗り場)、206系統(D2乗り場)、208系統 (C1乗り場)
*四条河原町からは5系統
*四条烏丸からは5系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JRの場合、最寄り駅は京都駅(徒歩約7分)
*地下鉄烏丸線の場合、最寄り駅は五条駅(徒歩約5分)

【文子天満宮 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【文子天満宮 拝観料金・料金(要確認)】
無料

スポンサーリンク


【文子天満宮 歴史・簡単概要】
文子天満宮(あやこてんまんぐう)は社伝によると菅原道真(すがわらのみちざね)の乳母・多治比文子(たじひのあやこ)が「われを右近の馬場に祀れ」との道真の託宣を受け、右京七条二坊の自宅に小祠を建てたのが起源です。その後度々火災に遭ったが、その都度再建されました。なお文子天満宮は北野天満宮(きたのてんまんぐう)の前身とも言われ、天神信仰発祥の神社とされています。
*参考・・・文子天満宮(アクセス・歴史・・・)ホームページ文子天満宮(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【文子天満宮 見どころ・文化財】
文子天満宮の見どころは腰掛石です。腰掛石は太宰府に左遷される途中に菅原道真が腰を掛けたと言われています。

【文子天満宮 連絡先(現在確認中・要確認)】*むやみに電話しないで下さい。情報収集はネットで行って下さい。
電話番号・・・075-361-0996

【文子天満宮 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【文子天満宮 おすすめ散策ルート】
文子天満宮からのおすすめ散策ルートは渉成園・東本願寺を経由し、西本願寺に向かうルートです。20分ほど散策すれば、世界遺産である西本願寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお西本願寺の西側には六花街のひとつだった島原の風情を今も残している輪違屋・島原大門があり、それらも一緒に散策するのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 大文字

    2017年8月のイベント

    京都市内などで2017年8月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭は毎年10月22日に行われます。ただ時代祭の関連行事は毎年10月15日から行われ、時代祭終了後…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る