毘沙門堂・山科疎水桜散策コース

毘沙門堂

毘沙門堂・山科疎水桜散策コースは昼間に桜をたっぷり楽しむことができます。山科疎水沿いには染井吉野・山桜など約800本もの桜が植えられている為、時間を忘れてじっくり散策できるかもしれません。ただ少し距離があります。なおルート周辺には双林院・瑞光院・安祥寺などもあり、寄り道しながら桜を楽しむのもいいかもしれません。

【毘沙門堂・山科疎水 桜散策ルート】

スポンサードリンク


【毘沙門堂 桜概要】
桜の本数・・・染井吉野・枝垂桜など約50本
桜の見頃(例年)・・・4/上旬頃
料金・・・大人500円

【山科疎水 桜概要】
桜の本数・・・染井吉野・山桜など約800本
桜の見頃(例年)・・・4/上旬頃
料金・・・無料

【毘沙門堂 概要】
毘沙門堂は703年(大宝3年)行基(ぎょうき・ぎょうぎ)が文武天皇の勅願により、護法山出雲寺を開いたのが起源です。その後後西天皇の皇子・公弁法親王が入寺して門跡寺院になりました。なお毘沙門堂は青蓮院・三千院・妙法院・曼殊院と並び、京都天台五門跡のひとつに数えられています。
毘沙門堂・桜名所

【双林院 概要】
双林院は1665年(寛文5年)公海大僧正(こうかいだいそうじょう)が毘沙門堂の山内寺院として、再建しました。なお大聖歓喜天は十一面観音と大日如来の化身と言われ、頭が象で、首から下は人間の姿です。二体が向かい合って抱擁していることから「男女合体神」・「陰陽和合」と言われています。
双林院(アクセス・見どころ・・・)

【瑞光院 概要】
瑞光院は朝野稲荷が祀られていた場所でした。1613年(慶長18年)因幡若桜城主・山崎家盛が大徳寺・琢甫宗林を開山として創建しました。なお赤穂藩家老・大石内蔵助が切腹した赤穂城主・浅野内匠頭の短刀と衣冠を埋めた供養塔があります。討ち入り後には浪士の遺髪塔が建てられました。
瑞光院(アクセス・見どころ・・・)

【山科疎水 概要】
山科疎水は琵琶湖疏水の一部で、蹴上インクライン・岡崎疎水の上流になります。山科疎水は安祥寺・天智天皇陵などの側を流れ、桜並木が続いています。
山科疎水・桜名所

【安祥寺 概要】
安祥寺は848年(嘉祥元年)恵運(えうん)が仁明天皇の女御で、文徳天皇の母・藤原順子(ふじわらののぶこ)の発願によって創建し、定額寺になりました。なお安祥寺はかつて裏の山にある「上寺」と麓にある「下寺」があり、東西10町・南北15町に及ぶ広大な寺地を有していました。
安祥寺(アクセス・見どころ・・・)

【本圀寺 概要】
本圀寺は寺伝によると1253年(建長5年)日蓮聖人(にちれんしょうにん)が鎌倉松葉ヶ谷に小庵を結び、法華堂と号したのが起源です。なお本圀寺は1345年(貞和元年)光明天皇の勅により、御所の坤(裏鬼門)に当たる東西に2町・南北に6町の寺地を賜って鎌倉から六条堀川に移りました。
本圀寺(アクセス・見どころ・・・)

【毘沙門堂・山科疎水 桜散策ルート 備考】
京都桜名所・見頃
京都桜名所

京都観光 イベント・行事

  1. 知恩院試し撞き

    2016年12月のイベント

    京都市内などで2016年12月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサードリンク

スポンサードリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山花灯路
    嵐山花灯路2016は京都の師走の風物詩です。嵐山花灯路2016では渡月橋ライトアップや竹林の道ライト…
  2. 祇園祭前祭宵山
    祇園祭2017は京都の夏の風物詩です。祇園祭は毎年7月1日の吉符入から31日の疫神社の夏越祭までの1…
  3. 葵祭
    葵祭2017(葵祭り)は京都の春の風物詩です。葵祭は毎年5月15日に行われます。ただ関連行事(前儀・…

スポンサードリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清涼寺(…
ページ上部へ戻る