峰定寺

峰定寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。峰定寺のある大悲山には「鐘掛岩」・「蟻の戸渡り」などの行場があり、古くから有名な行場である奈良大和の大峯山に対し、「北大峯」と言われています。なお仁王門から本堂までの参道は歴史的自然環境保全地域です。

【峰定寺 アクセス・地図】
場所・・・京都府京都市左京区花背原地町772
最寄り駅・バス停・・・大悲山口(徒歩約30分)

京都バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*叡山電鉄・出町柳駅からは広河原行き
京都バス・アクセスダイヤ

【峰定寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~16:00 受付15:30終了
12/1~3/30までは閉門、悪天候時・団体・子供は入山禁止

【峰定寺 拝観料金・料金(要確認)】
大人・大学生・高校生・中学生500円 

スポンサーリンク


【峰定寺 歴史・簡単概要】
峰定寺(ぶじょうじ)は1154年(久寿元年)三滝上人・観空西念が鳥羽上皇の勅願により、鳥羽上皇の念持仏である十一面千手観音像を本尊として、創建したのが起源です。峰定寺の本堂・仁王門の建立は信西(藤原通憲)と平清盛が当たったと言われています。しかしその後荒廃し、1676年(延宝4年)後西上皇の皇子・聖護院宮道祐親王が後西上皇の勅により、貴船成就院・元快に命じて、伽藍を再建されました。
峰定寺は本山修験宗の寺院です。
*参考・・・峰定寺峰定寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【峰定寺 見どころ・文化財】
峰定寺の見どころは本堂です。本堂は世界遺産である清水寺の本堂(清水の舞台)と同様に断崖に迫り出した舞台造(懸造)で、日本最古の舞台造建築と言われています。なお峰定寺は紅葉の名所で見どころです。
京都紅葉名所・見頃

重要文化財・・・本堂、供水所、仁王門、木造千手観音坐像、木造不動明王二童子立像・毘沙門天立像 、木造釈迦如来立像、木造金剛力士立像、草花文磬

【峰定寺 連絡先(要確認)】
電話番号・・・075-746-0036

【峰定寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【峰定寺 おすすめ散策ルート】
峰定寺からのおすすめ散策ルートは最寄りのバス停・大悲山口に戻るルートです。峰定寺の周辺には天照皇天神社はあるが、かなり距離がある為、無理はしない方がいいかもしれません。なお峰定寺は京都中心からはかなり距離がある為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策するのもいいかもしれません。京都観光・旅行では時間を上手に利用することが重要だ。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 護王神社夏越大祓

    2017年6月のイベント

    京都市内などで2017年6月に行われる寺院・神社などの主な行事・イベントです。行事・イベントを見たり…
  2. 祇園祭

    祇園祭2017日程

    祇園祭日程を紹介しています。祇園祭は毎年7月1日から31日までの1か月間に渡り、神事・行事・イベント…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る