平等院

平等院

平等院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)平等院は源氏物語・光源氏のモデルと言われている左大臣・源融(みなもとのとおる) が営んだ別荘だったそうだ。なお平等院鳳凰堂は普段使われている十円硬貨の表面に1951年(昭和26年)から描かれています。

【平等院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府宇治市宇治蓮華116

【平等院 アクセス(電車)】
最寄り駅・バス停・・・JR宇治駅(徒歩約10分)、京阪宇治駅(徒歩約10分)
アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から平等院はJR奈良線
*祇園四条駅からは京阪電鉄本線・宇治線

【平等院 拝観時間・時間(要確認)】
9:10~16:10(鳳凰堂内部受付)
8:30~17:30(平等院庭園) 受付17:15終了
9:00~17:00(平等院ミュージアム鳳翔館) 受付16:45終了
年中無休

【平等院 拝観料金・料金(要確認)】
個人
入園・鳳翔館(平等院ミュージアム)・・・大人600円、中高生400円、小学300円
鳳凰堂内部・・・300円

団体(25名以上)
入園・鳳翔館(平等院ミュージアム)・・・大人500円、中高生300円、小学200円

スポンサーリンク


【平等院 歴史・簡単概要】
平等院(びょうどういん)は859年(貞観元年)に第52代・嵯峨天皇の皇子である左大臣・源融(みなもとのとおる)が造営した別荘があった場所です。その後別荘は第59代・宇多天皇、宇多天皇の孫、源重信を経て、関白・藤原道長が源重信の婦人から譲り受けました。平等院は1052年(永承7年)に道長の子である関白・藤原頼通が別荘・宇治殿の寝殿を本堂に改め、藤原氏の氏寺として創建しました。その後1053年(天喜元年)に西方極楽浄土を出現させたような鳳凰堂(阿弥陀堂)が建立され、定朝作の阿弥陀如来坐像が安置され、1067年(治暦3年)には第70代・後冷泉天皇が初めて行幸しました。なお平等院は1994年(平成6年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都京都の文化財)のひとつに登録されました。
平等院は特定の宗派に属さない単立の寺院です。
平等院歴史年表
*参考・・・平等院(アクセス・歴史・・・)ホームページ平等院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【平等院 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
平等院の見どころは十円硬貨のデザインに使われている鳳凰堂(阿弥陀堂)です。また所蔵品を展示している平等院ミュージアムも見ものです。なお平等院は紅葉の名所で見どころです。
平等院見どころ(見所)詳細
京都紅葉名所・紅葉見ごろ

国宝・・・鳳凰堂、木造阿弥陀如来坐像、木造雲中供養菩薩像、鳳凰堂中堂壁扉画、木造天蓋、鳳凰(鳳凰堂中堂旧棟飾)、梵鐘
重要文化財・・・観音堂、木造十一面観音立像、養林庵書院

【平等院 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・0774-21-2861

【平等院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【平等院 おすすめ散策ルート】
平等院からのおすすめ散策ルートは宇治川を渡り、宇治神社を経由し、宇治上神社に向かうルートです。平等院と同じく宇治上神社は世界遺産の為、30分ほど散策すれば、2か所の世界遺産を回ることができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なおルート周辺には源氏物語の世界を感じることができる源氏物語ミュージアムもあり、楽しんでから散策してもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 晴明祭

    2017年9月のイベント

    京都市内などで2017年9月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 時代祭
    時代祭と鞍馬の火祭は毎年10月22日に行われ、はしごすることができます。ただ悪天候の場合には時代祭の…
  2. 春日祭
    春日祭2017は京都の秋の風物詩です。春日祭は毎年10月の第2日曜日と前日の土曜日に行われています。…
  3. 時代祭
    時代祭2017日程は10月15日の参役宣状祭から10月23日の後日祭まで行われます。その内、10月2…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印で、錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行し…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る