智積院

智積院

智積院(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)智積院派の大本山には初詣の人出が多い成田山新勝寺(千葉県)・川崎大師平間寺(神奈川県)・高尾山薬王院(東京都)があります。またその他の智積院派の寺院は全国で3,000以上にも昇り、檀信徒30万人にも昇るそうです。

【智積院 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区東大路通七条下ル東瓦町964
最寄り駅・バス停・・・東山七条(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは100系統(D1乗り場)、110系統(D1乗り場)、206系統(D2乗り場)、208系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は七条駅(徒歩約5分)

【智積院 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~16:00
12月29日~31日は休日です。

【智積院 拝観料金・料金(要確認)】
個人
一般500円、高校生・中学生300円、小学生200円

団体(20名以上)
一般450円、高校生・中学生250円、小学生150円

スポンサーリンク


【智積院 歴史・簡単概要】
智積院(ちしゃくいん)は僧・真憲坊長盛が根来山内に建てた学問所で、興教大師(こうぎょうだいし)・覚鑁(かくばん)が創建した大伝法院(だいでんぼういん)の塔頭として創建されたのが起源です。1585年(天正13年)大伝法院(根来寺)が関白・豊臣秀吉と対立し、根来攻めによって大伝法院は炎上しました。その後1601年(慶長6年)玄宥(げんゆう)が江戸幕府初代将軍・徳川家康から東山・豊国神社の付属寺院の土地・建物を寄進されて再興しました。1615年(元和元年)大阪夏の陣によって豊臣氏が滅亡すると隣接していた豊臣家ゆかりの祥雲寺の寺地を与えられ、規模を拡大しました。
智積院は真言宗智山派の総本山です。
*参考・・・智積院(アクセス・歴史・・・)ホームページ智積院(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【智積院 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
智積院の見どころは千利休好みと言われる大書院に面した庭園です。なお智積院は梅の名所で見どころです。
京都梅名所・見頃

国宝・・・大書院障壁画、紙本金地著色松に草花図、金剛経
重要文化財・・・絹本著色童子経曼荼羅図、絹本著色孔雀明王像、絹本著色阿弥陀浄土図、絹本墨画滝図、紙本金地著色松に梅図、増壱阿含経 巻第廿九

【智積院 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-541-5361

【智積院 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【智積院 おすすめ散策ルート】
智積院からのおすすめ散策ルートは東大路沿いに妙法院を経由し、清水寺に向かうルートです。30分ほど散策すれば、東山の自然を楽しみながら世界遺産である清水寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお智積院の周辺には三十三間堂・国立博物館・豊国神社・方広寺などもあり、それらを散策してから清水寺に向かうのもいいかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る