長建寺

長建寺

長建寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)長建寺の本尊は京都では珍しい弁財天で、長建寺は島の弁天さん(しまのべんてんさん)と言われています。なお伏見の弁天祭りは洛南の三大奇祭のひとつだったが、1951年(昭和26年)を最後に途絶えてしまいました。

【長建寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市伏見区東柳町511
最寄り駅・バス停・・・中書島(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは19系統(C2乗り場)、81系統(C4乗り場)
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は中書島駅(徒歩約3分)

【長建寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~16:00

【長建寺 拝観料金・料金(要確認)】
志納

スポンサーリンク


【長建寺 歴史・簡単概要】
長建寺(ちょうけんじ)は1699年(元禄12年)伏見奉行・建部政宇(たけべまさのき)が壕川を開拓する際、深草大亀谷の即成就院(そくじやうじゆいん)の塔頭・多門院を分離したのが起源です。その為長建寺の名称は建部姓の「建」一字と長寿の願いの「長」が由来になっています。なお即成就院(即成院)は992年(正暦3年)恵心僧都(えしんそうず)・源信(げんしん)が伏見に建立した光明院が起源とも、寛治年間に藤原頼通の子・橘俊綱が伏見山の山荘に阿弥陀如来・二十五菩薩像を安置したのが起源とも言われています。
長建寺は真言宗醍醐派の寺院です。
*参考・・・長建寺長建寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【長建寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
長建寺の見どころは糸桜と言われている早咲きのしだれ桜です。また毎年元旦から15日間のみ開帳される八臂弁財天(はぴべんざいてん)も見どころです。

【長建寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-611-1039

【長建寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【長建寺 おすすめ散策ルート】
長建寺からのおすすめ散策ルートは京阪本線・近鉄京都線・JR奈良線の線路を越え、伏見桃山城に向かうルートです。20分ほど散策すれば、伏見桃山城まで行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお長建寺周辺にはあまり観光スポットが多くありません。その為次の観光スポットに向かい、その観光スポット周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

スポンサーリンク

イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る